1. ホーム
  2. お金のトラブル
  3. ≫家賃滞納時に起こる最悪の事態とは?家賃を払えない時の6つの対処もご提案

家賃滞納時に起こる最悪の事態とは?家賃を払えない時の6つの対処もご提案

家賃滞納時に起こる最悪の事態

アパートやマンションなどで家賃が払えない場合、その後どうなってしまうのでしょうか。家賃を支払わないと、様々なトラブルが生じます。自分の周りの人にまで迷惑がかかってしまうので、なんとかしてお金を用意し家賃を支払うことが大事です。

実際、家賃を滞納したらどうなるのか、そして家賃滞納時の対処方法をご紹介します。家賃を支払えず困っている方は、参考にしてください。

まず、家賃を滞納してしまう原因を確認しよう!

家賃を何故滞納してしまうのか、その理由について。現在家賃を払えない状況になってしまっている方は、なぜ自分が家賃を支払えない状況に陥っているのか確かめましょう。

無駄遣いをして、家賃にまで手を出してしまう

ギャンブルにハマっている、趣味に没頭しているなどの理由から無駄遣いをしてしまい、家賃に手を出してしまっているケースがあるでしょう。

特に自分で直接家賃を振り込んだり、家賃を支払いに行ったりする支払い方式が取られている場合は、手元にお金が残っているのを良いことについつい家賃にまで手を出してしまうことがあるのではないでしょうか。

急な出費により家賃を確保できなくなってしまう

本来は支払う意志があるものの、急な出費が生じてしまったためにどうしても家賃を確保できなくなってしまうケースがあるでしょう。

例えば自営業の人は、仕事で大きな損害が発生したために損失を埋め合わせた結果家賃まで払えない状況になってしまうことがあるのではないでしょうか。

他にもお店等でなにか高価なものを壊して弁償しなければいけなくなる、事故や病気になってしまうなどの理由から、家賃を払えない状況になってしまうことがあるでしょう。

病気や怪我、仕事などで振込が遅れてしまう

自分で家賃を振込む形式の場合、家賃自体は確保しているもののどうしても家賃を振込みに行けない場合があるのではないでしょうか。

例えば突然重い病気にかかって入院してしまう、怪我をして歩くこともできないといった状況になってしまったら、銀行やコンビニまで振込手続きに行くのは難しいでしょう。

口座が残高不足になってしまう

口座振替を選んでいる場合、本来は支払いを問題なく行えるはずだったのに、給料日や家賃の引き落とし日がたまたまずれるなどして、口座が残高不足になって支払えない場合もあるでしょう。

毎月しっかり支払のタイミングを確認し、口座不足に陥らないよう注意が必要です。

家賃を払わないとどうなる?

家賃を支払わないとどうなるのか。

家賃の支払いシステムは、一般的に月末(25~31日)に翌月の家賃を支払う方式が採用されています。例えば5月に支払う家賃は、6月分の家賃となっています。

家賃を期日に支払わなかった場合は催促された段階で支払えればなんとかなりますが、黙って無視していると最終的には大変なことになってしまいます。

初めは電話で大家や管理会社から催促される

本来の支払日に家賃が支払われていないと、まずは大家や管理会社から電話で催促されます。家賃を手渡しで支払っているアパートなどの場合は、直接対面で催促されることもあるでしょう。

この段階で家賃を支払える状態なら、絶対に支払ってしまいましょう。今後も行ってしまうと、様々なトラブルや手間が発生します。

支払わないと督促の郵便が届く。連帯保証人にも連絡

家賃を支払わずに2~3ヶ月放置すると、「このままだと退去してもらう」といった内容が書かれた督促状が内容証明付きの郵便で届きます

督促状は1回から2回程度届き、放置しているとやがて賃貸契約時の連帯保証人にも連絡が届くようになります。

自分だけでなく他の人にまで迷惑がかかってしまうので、いよいよ大変です。

内容証明付きの郵便が届いたタイミングでも支払えばかろうじて許して貰える場合があるので、もし届いてしまったら大至急資金を用意、支払いを行いましょう。

最後は裁判を起こされたり、強制退去させられたりする

内容証明付きの郵便も無視していると、最後は強制退去となってしまいます。期限は滞納を始めてから、概ね半年程度です。強制退去にあたり裁判所から訴状が届き、裁判が行われた末に強制退去の手続きが行われます。

裁判を起こされた場合出頭しないと大家や管理会社の言い分が全て通ってしまうので、異議があっても言い分を聞いてもらえません。事情があってもなくても、もし家賃の滞納で裁判を起こされてしまったら裁判所へ行きましょう。

家賃を支払わずにいるとどれだけ大変か、ここまででわかったのではないでしょうか。

家賃を支払えない時の、6つの対処方法

ここからは家賃が支払えないときの対処方法ですので、参考にしてください。様々な理由によって家賃を滞納してしまっている。そんな現状を打破しないと、いずれは強制退去となってしまいます。こちらの対処方法も使って、お金の準備ができた方は、速やかに支払いを行いましょう。

1.管理会社等に交渉して待ってもらう

まず、管理会社に交渉して待ってもらえないか頼んでみましょう。事情があったり、支払えるめどが立っていたりするなら、納得してしばらく待ってもらえるかもしれません。支払う意志を見せることが大事です。

2.管理会社等に交渉し、分割払いやボーナス払いをする

家賃の支払いを待ってもらう以外に、今までの滞納分を分割で支払ったり、ボーナスでまとめて支払ったりできないか交渉する方法もあります。なかなか受け入れてもらえない場合もありますが、まずは相談してみましょう。

3.親や家族、友達に借りる

家賃を支払えない場合、友達や家族などにお金を貸してもらえないか頼んでみましょう

完全に自分の無駄遣いなどが原因だと受け入れてくれないかもしれませんが、急な病気や怪我などやむを得ない事情が合った場合は納得してお金を貸してくれるかもしれません。

4.お金を借りる

急な出費で手元がなく、一時的に給料の前借りをしたいという方には、カードローンの利用がオススメです。借り入れをすれば最短でその日のうちに家賃を用意できます。

カードローンは銀行で借りるよりもやや金利は高いですが、銀行に比べて審査も早く急いでいる人にはピッタリです。金利が銀行より高いといっても、短期間の借入であればあまり気にするほどではありません。また、プロミスでは初めての人限定で30日間無利息サービスも行われています。それよりも素早く借入ができるのが便利なところです。(申込時にメールアドレスでWeb明細登録が必要です。)

Web完結で申し込めば最短30分で審査を完了。銀行口座への振込などで家賃を借り入れることができます。

★プロミスカードローンのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

★3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります

※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

▼女性オペレーター対応が良い場合はこちら▼

プロミスカードローン[レディース専用]公式サイトへ

5.身の回りのものを売る

ブランド品や身の回りのいらなくなったものを売却して資金を稼ぎましょう。特に使わないブランド品があるという場合は、売却してお金にするのが手っ取り早くオススメです。

1日〜3日ほどで現金にすることができます。買取で不安なのは、きちんと査定してもらえるのかという点です。そんな時は買取プレミアムの無料査定を使ってみるがのがオススメです。気に入らなければ、売らなければ良いだけです。

お持ちの愛用品をすぐに売るなら買取プレミアム

  • オークション等と比較してラクラク
  • 箱がないブランド品も査定対象
  • 査定額に不満があってキャンセルしてもキャンセル料無料
  • 結果に満足した場合のみ売ればOK!
  • 出張買取・持ち込み買取・宅配買取すべてに対応
  • 24時間365日対応しているので今すぐでもできる
  • 査定料はもちろん無料

買取プレミアム公式サイトへ

6.車など高額なものを一旦売却してしまう

最終手段は、車など、売れば高額になるものを一旦手放すことです。

必要なこともあるかもしれませんが、強制退去させられてしまえば負債を支払うために結局手放さなければいけなくなる可能性があります。ガソリン代や駐車場代、車検代や税金のことを考えると、身軽になることも一つの選択肢です。

一旦売却して、今後またお金をためて購入し直しましょう。できるだけ高く売却したいけど、何社も査定をお願いするのは大変!という方には、かんたん車査定ガイドが便利です。査定価格を知っておくだけでも損はしません。

愛車の査定額をかんたんに調べるにはかんたん車査定ガイド

1分ですぐに最大10社に見積もり可能!

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド公式サイトへ

まとめ

家賃を支払えないと強制退去など大変な事態に陥ってしまうので、滞納している場合は速やかに資金を用意して支払いましょう。どうしても支払いが難しいときは、大家や管理会社にも相談してみましょう。

・ 家賃が支払えないと、最終的には強制退去となる
・ 強制退去の際は強制退去費用などの高額な負債を背負わされる
・ 家賃を支払えないときは、身近な人にお金を借りる
不用品を売却して資金を用意する
車等の高額品は一旦、手放す覚悟をする

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする