1. ホーム
  2. アイフル
  3. ≫アイフルは他社借入で審査にどう影響する?返済延滞してなければ問題なしとの噂も

アイフルは他社借入で審査にどう影響する?返済延滞してなければ問題なしとの噂も

アイフル 他社借入

まとまったお金が必要な時に便利なのがカードローン。 家族や職場の人に知られることなく借入ができるので、とても助かります。 そんなカードローンで気になるのは、審査のことではないでしょうか。

申込んでも審査に通るのか、通らなかったらどうしよう…と、特に過去に借入を行なっていた場合は心配ですよね。今回は、CMでもおなじみのアイフルについて、過去に他社で借入があった場合、審査に不利になるのかということや、アイフルの審査ってどうなの?というところまで、お伝えします。

アイフルの審査は他社借入があったら通らない?

他社の借入中の場合と、過去に他社で借入があって完済している場合で状況は違います。過去に他社で借入していて完済している場合は、新規で借入を行うよりも審査が有利です。それはきちんと過去に完済しているという実績があるから。

ですので、過去に借入があったからといって審査に不安を持つ必要はありません。

現在他社借入中の場合の審査

現在他社で借入がある人は、申込をする前に総量規制に引っかかっていないかを確認する必要があります。もしも総量規制に引っかかっていれば、申込をして審査を受けても落ちてしまいます。

また、総量規制の範囲内でも複数のカードローンで借入を行なっている場合は審査に通理にくい場合があります。3〜4社から借入を行なっている場合は、アイフルの「おまとめMAX」を検討してみても良いかもしれません。少し低い金利で借入ができるので、計画的に返済することができます。

総量規制って何?

先ほど総量規制に引っかかるかどうかの話をお伝えしましたが、総量規制とは何かについて説明していきます。

総量規制とは貸金業法で定められた法律で、年収の3分の1以上の借入はできないというものです。例えば年収360万円の人であれば、120万円以上の借入はできないということです。これは1社での借入額ではなく、借りているカードローン全体の借入額です。

自動車ローンなどは含まないので、返済がきちんとできていれば審査に影響を及ぼすことはありません。

過去に他社借入があった場合の審査

過去に他社で借入があった場合の審査ですが、完済していれば審査が有利に働きます。お金を貸す側としては、きちんと返済してもらえるかどうか、が気になるところです。そのため、延滞がないか、勤続年数や安定性を確かめる審査を行います。

その中で「完済している」というのは大きなプラスポイントとなります。もし後少しで完済できそうであれば、そちらを優先して返済しておくと審査に通りやすくなります。

審査は何を基準に行われる?

実は審査の基準はカードローンの会社によって違っていて、明確にこうであれば通る、通らないというのはわかっていません。過去に延滞などしていないかという信用情報や、雇用状態、勤務年数が主な判断材料となりますが、居住年数や持ち家かどうか、可処分所得が多いなども審査の判断となる場合があります。

長期勤務している人や安定収入が見込める人は有利!

長期勤務している人は、転職を繰り返している人よりも返済能力が高いとみなされます。パートアルバイトや派遣社員よりも正社員や公務員の方が、安定していると判断されます。

ただ、パートアルバイトや派遣社員でも長期勤務している人であれば、安定していて今後滞りなく返済してもらえると判断されます。

持ち家・居住年数が長い・可処分所得が多い家族構成は有利!

賃貸の人よりも持ち家の人の方が、審査で有利になります。家を買う経済力があると判断されたり、万が一の時は売る家がある=財産があるというのは貸す側としてはポイントが高いです。可処分所得とは、収入から税金や社会保険料を引いたものです。

独身で親と同居している場合や、子供が手を離れてお金がかからなくなった人などは、自由に使えるお金である可処分所得が多いと判断され、有利に働くこともあります。

信用情報は何が記録されているか

実は、個人の信用情報は開示することができます。どうしても気になる人は開示請求してみるのも良いですね。信用情報はどんなことが記録されているかというと・・

・ 氏名や住所
借入や申込の履歴
・ 金融事故情報
・ ローンや携帯電話の分割支払利用履歴

など、基本的にローンやクレジットの情報は記録されます。

信用情報はいつまで記録されるのか

では、一体いつまで記録されるのでしょうか。契約日や契約金額、残高や入金日などは完済してから5年です。延滞状況は、延滞解消から1年です。長期延滞や債務整理などの情報は5年保存されます。

信用情報は5年は記録が残ると考えていた方が良いですね。

もし審査に落ちてしまったら?

もしも審査に落ちてしまったら、すぐに他のカードローンに申込しよう!と考えてしまいますが、それはNG行動。今回カードローンに申込をし否決されたという記録は、他のカードローン会社にもわかります。
信用情報を問い合わせればわかることです。短期間にカードローンやクレジットカードの申込を繰り返していると、審査に通りにくくなります。

審査に落ちたら半年は申込しない方が良い?

一度申込をしたら、最低でも半年間は他のカードローンやクレジットカードの申込をしない方が良いです。なので、たぶんダメだけど申込んでみようかなというのはオススメしません。しっかりと審査に通りやすくしてから申込するのが良いです。

では実際にどんなことをすれば審査に通りやすくなるんでしょうか。

審査に通りやすくするためにできること

審査に通りやすくするためには、まずは今の状況を良くすることが大切です。審査になぜ落ちてしまったのか心当たりがない場合は、信用情報を開示してみるのかもいいかもしれません。携帯電話など、思わぬところで料金の延滞をしているかもしれません。

アイフルに審査結果について問い合わせても教えてもらえない可能性が高いです。もしも延滞履歴が判明したら、1年くらいは申込を行わない方が良いですね。

他社借入がある場合

他社での借入がある場合、完済すればかなり大きなポイントになります。新規の契約者よりも有利になるので、ぜひ完済しておきたいところです。もし完済など程遠いという場合は、絶対に延滞しないようにコツコツと返済していきましょう。

完済していなくても、毎月遅れることなく返済していれば、信用できる人と判断してもらえる場合もあります。

申込時は希望限度額を最小限に

申込をする時に借入希望額を最初から高い金額にすると審査に通りにくくなる可能性があります。貸す側からすると、最初からこんなに貸しても返してもらえるだろうかと考えます。きちんと返済してもらえるのかは貸す側にとって最大の懸念事項です。

ですので、申込をする時には必要最低限の金額で申込しましょう。貸す側にとって少ない金額の方がリスクも少ないので、審査に通りやすくなります。

限度額は途中で上がる場合も

限度額は長く利用をしているうちに上げてもらえる場合もあります。半年や1年たつとアイフルから増額の申込ができます、と連絡が来る場合も。会員ページに増枠の申込ができると表示がされることもあります。
自分で申請して上げてもらうことができますが、そこでも審査があるので毎月しっかり返済しておくことが大切です。

ただ、契約してすぐに増額の申込は行わないようにしましょう。まだ返済実績があまりないので否決される可能性が高いですし、またそれも記録として残ってしまいます。最低でも半年から1年ほど経ってからが良いですね。

状況を良くしよう

自分の雇用形態などを良くしておくことも大切です。例えばパートアルバイトから正社員になることや、公務員になることは安定しているとみなされます。また、転職を繰り返している場合は長期勤務するのもポイントアップです。

あとは短期間に色々なものに申込をしたり、今契約しているクレジットカードや携帯電話の延滞をしないことも重要です。

アイフルの金利や限度額は?基本情報をお伝えします

アイフルの基本情報をお伝えします。アイフルの金利は、実質年率4.5%~18.0%です。
最初の借入は上限金利の18%が適用されます。18%の金利はどれくらいかというと、10万円を30日間借りた場合の利息は1479円です。

10万円×18.0%(金利)÷365日×30日=1479円となります。
また、アイフルの限度額は500万円までです。総量規制に基づき年収の3分の1以上の金額を借りることができませんが、最高限度額は500万円です。

その他にもアイフルは、最短30分で審査可能、即日融資もできます。初めて契約する人は、条件はありますが、30日間金利がかからないサービスがあります。

もし融資してもらえるか審査が不安な場合は、1秒診断も行えます。ネット上で簡易審査が行えるので、気になる人は試してくださいね。

まとめ

アイフルは、過去に他社での借入履歴があっても完済していれば審査で有利に働きます。借入をしたことのない人が申込をするよりも、審査に通りやすいのです。

もしも過去に他社で借入をしていたから審査に通らないかもしれないと不安な人は、ぜひ安心して申込をしてみてくださいね。カードローンの審査では、信用情報が重要視されます。

審査に通りやすくするには、クレジットカードや他社の借入、携帯電話などを延滞して信用情報に傷がつくようなことがないよう、しっかりと返済することが大切です。

・過去に他社で借入があっても完済していれば審査に通りやすい
・「完済」の実績は、新規に借入を行う人よりも審査が有利
・審査を有利にするには、今のカードやローン、携帯電話の延滞をしない
・信用情報は5年記録が残る
・審査に通りやすくするには申込時の借入希望額は低く設定
・審査に落ちたらすぐに他のカードローンに申込しない

シェアはこちらから

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする