1. ホーム
  2. アイフル
  3. ≫アイフルでお金を借りる《利息0円の適用期間》と具体的な条件は?

アイフルでお金を借りる《利息0円の適用期間》と具体的な条件は?

アイフル

予期せぬことで急にある程度のお金や少しだけお金が必要になる時ってありませんか?急にある程度のまとまったお金が必要になった時どうしますか?お金の貸し借りは、少額だとしてもできれば家族や友達とはしたくないものですよね。そんな時に誰にも知られず借りられて便利なのが、カードローンです。

でもカードローンって金利とか高いんじゃないの?とか、カードローンは色々あるからどこで借りるのが良いのかわからない、と実際に借りようと思ってもわからないことがあります。実際にカードローンでお金を借りようと思っても、色々な会社があってどこで借りるのがいいのか迷ってしまいます。そんな時は知名度が高い会社を選ぶのが1つのポイントになると思います。

そこで、CMでもおなじみの「アイフル」のカードローンについて、30日間利息0円について、アイフルのメリットデメリットまで詳しくご紹介していきます。

アイフルの金利・限度額等基本情報

アイフルはCMなどで誰もが一度は耳にしたことのある会社ではないでしょうか。
実際にはどのくらいの金利なのか、限度額など基本的なことについてまとめました。

まず、基本情報としてアイフルの金利と限度額をご紹介します。

金利

アイフルの金利(実質年率)は4.5~18.0 %です。

具体例で説明すると、10万円を30日間借入た場合の利息は1479円になります。

10万円×金利18.0%÷365日×利用日数30日=1479円 という計算になります。

金利は、審査を経て限度額が決定した後に、適応される利率が決まるので、実際にいくらの金利が適応されるかは審査をしてみないとわかりませんが、初めて借りる場合は最高金利が適応されると思っていた方が良いと思います。アイフルの金利は、消費者金融の中では一般的な金利になります。

例えば銀行カードローンなど、アイフルよりも金利が安いところもあります。ただ、短期間の借り入れの場合、金利の高い低いはあまり関係ありません。また、借入額が少ない場合もあまり気にする必要はありません。それよりも、アイフルには審査が速いなどの利点がたくさんあります。

限度額

他社の限度額は1000円~500万円です。こちらも一般的な金額だと思います。
個人が借りる金額としては問題ない金額でしょう。

そもそもアイフルは消費者金融で、総量規制の対象になるので、年収の3分の1以上の金額を借り入れることはできません。500万円を借りるためには年収1500万円以上必要になるので限度額500万円は十分な額だと思います。年収360万の人であれば、120万以上は借りることができないということになります。

金利、上限金額に関しては、アイフルは他の消費者金融と大差がありません。では、アイフルの魅力はどこにあるのでしょうか。

アイフルの一番の魅力は「利息0円」です。「利息0円」となるには条件があるので、詳しくみていきましょう。

利息0円適用を受けるための条件

アイフルの特徴である、「利息0円」サービスですが、無利息だと審査が厳しいのでは?本当はたくさん利息をとられたりするのでは?など、気にはなってもなにか裏があるのではないかと不安になりますよね。そんな方のために、アイフルの「利息0円」サービスについて詳しくご紹介します。

どんなサービスなのか

アイフルの「利息0円」サービスとは、30日間一切の利息がかからずにお金を借りることができるサービスです。この期間中に返済すれば利息は0円。追加で借入したとしても期間中であれば全額無利息となります。

アイフルでは最初の30日間までなら利息0円で借入をすることができます。たった2つの条件があてはまれば、利息0円が適用になります。

・アイフルの利用がはじめて
・「無担保キャッシングローン」に申し込む

この2つの条件を満たす方だけが対象となるので注意してくださいね。

この2つの条件を満たしていれば、通常1日ごとにかかってしまう利息が30日間利息0円の適用となり、かなりお得です。

しかも、契約の翌日から30日以内であれば、追加で借入をしたとしても利息は0円が適用されます。
ただ、契約日の翌日から30日間が利息0円なので、契約だけしてその10日後に借入をした場合は、残りの20日間分が利息が0円となります。

契約をしたらすぐに借入を行った方が、30日間利息0円の期間を目一杯使えますので、お得ですね。

ちなみに、「無担保キャッシングローン」とは、不動産などの担保なしで借りられる「カードローン」のことです。

アイフルには、「事業サポートプラン」「おまとめMAX」「かりかえMAX」などの様々なローンがあるのですが、これらは無利息サービスの対象外なので注意してくださいね。

30日間のカウントは契約日の翌日から
この期間中なら追加の借入も、また、一度完済してから再度の借入についても無利息の対象になります。

アイフルのデメリット

30日間利息0円はかなりお得なアイフル。実際にアイフルを利用するか迷っている方へ、アイフルのデメリットもお伝えします。

金利が高い

上記でも紹介しましたがアイフルの金利は、消費者金融の中では一般的な金利ですが、低金利の銀行カードローン等と比べるとやはり高いです。

手数料がかかる

アイフルには「銀行振込、店舗、アイフルATM、提携ATM、口座振替」と5つの返済方法があるのですが、残念ながらその多くで手数料がかかります。
1万円以下であれば手数料は108円、1万円を超えると手数料は216円かかります。

手数料がかからないのは、「店舗、アイフルATM、口座振替」です。店舗やアイフルATMが近くにあればいいのですが、アイフルATMも全国に500台とそれほど多くないので、近くに店舗やアイフルATMがない方にとっては、返済時に手数料がかかるのは少し痛いですね。

メガバンク傘下ではない

アイフルは銀行グループの傘下ではありません。銀行グループ傘下の他の消費者金融に比べると、資金面で若干不安を感じるかもしれません。

アイフルは2009年に事業再生ADRを申請し債務整理をした過去があります。しかしながらグループ再編などを経て2015年には完済(借り換え)をしているので、以前ほど厳しい状態ではないと言えると思います。

アイフルのメリット

それでは次はアイフルのプラス面、メリットについてご紹介します。

30日間利息0円

上記でもご紹介しましたが、30日間利息0円でお金が借りられるのが、アイフルのメリットです。
サービスを受ける条件もたったの2つなので、短期間だけお金を借りたい方には、お得で嬉しいサービスです。

即日融資可能

アイフルは、来店不要で即日融資が可能です。
店舗や自動契約機に行かずに、即日融資が可能なのは手軽で嬉しいですよね。

即日融資にはいつくか条件があるので、そちらはあとで詳しくご紹介します。

審査が最短30分とはやい

アイフルの審査は最短30分とはやいのも特徴です。しかも9時〜21時の間であれば、ネットから申込後にフリーコールに連絡すれば、審査を優先して行ってくれます。融資を急がれている方には嬉しいですね。

おまとめプランがある

アイフルには、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」という2種類のおまとめプランがあります。

どちらのおまとめプランも、「他社の借入をアイフルで一本化する」プランで、返済額や利息の負担を軽減し、毎月の返済が1社になるので返済や返済管理が楽になるというメリットがあります。

「他社借入」は1社でも複数社でもOKで、総量規制の対象にならないので、この2つのプランに関しては、年収の3分の1を超える借り入れも可能となります。

カードの配達時間を指定可能

アイフルから送られてくるカードの配達時間を指定することができます。もちろん差出人はわからないように送られてきますが、どうしても誰にも郵便物を見られたくないという人には嬉しいサービスです。

提携ATMが多く返済がしやすい

アイフルの返済ができる提携ATM は、セブン銀行やイオン銀行などたくさんあります。また、Loppi(ローソン)やFamiポート(ファミリーマート)といった端末を利用して返済もできるのでとても便利です。

アイフルなら30日間無利息サービスあり!

※アイフル初利用で無担保キャッシングローン申込みが対象です。その他の商品(事業サポートプラン・おまとめMAX・かりかえMAX)などは対象外。

借入可能か不安があるなら…

★1秒借入診断を試してみる⇒アイフルカードローン公式サイトへ

まずは必要書類を準備しよう

アイフルを利用するために必要な書類をご紹介します。

用意するのは「本人確認書類」「収入証明書」の2点

「本人確認書類」

以下のいずれか1点をご用意ください。

・運転免許証
・パスポート
・特別永住者証明書
・在留カード
・個人番号カード(個人番号のある裏面不要)
・住民基本台帳カード

ただし、本人確認書類に記載の住所が現住所と異なる場合は、「氏名」および「現住所」の両方が記載されている以下のいずれかの書類(原本)も用意してください。

・公共料金の領収書(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK)
・住民票の写し
・印鑑証明書

「収入証明書」

アイフルの利用限度額が50万円以上、または、アイフルの利用限度額と他社からの借入額との合算が100万円を超える場合、以下の書類のいずれか1点のコピーも必要となります。

・源泉徴収票(最新発行分)
・住民税決定通知書(最新発行分)
・給与明細書(直近2ヶ月分)
・確定申告書(最新発行分)
・所得証明書(最新発行分)

アイフルでお金を借りる手順

アイフルでお金を借りる手順をご紹介します。

アイフルでは以下の4ステップで借入ができるのでとっても簡単ですよ。

STEP1   →   STEP2   →   STEP3   →   STEP4
お申込       審査        契約        借入

以下は、来店する必要がなくすべてWebで完結する一番お手軽な手順についてご紹介します。

お申込

お申込み方法は大きくわけて3つあります。お好きな方法でお申し込みができます。

・インターネット・・・パソコン、スマートフォン、携帯
・来店・・・アイフル店舗、自動契約機
・電話・・・はじめてのお客様専用、女性専用、会員様専用

審査

インターネットからの申込の場合は、審査結果はメールか電話で連絡がきます。お急ぎの方は、申込後に専用電話に連絡すれば、審査を早めてくれます。

契約

審査に通ったら、本人確認書類(場合により収入証明書も)を提出します。書類提出サービスやメールで簡単に書類の提出ができます。

借入

契約が完了したら、借入可能となります。借入方法は下記の3つ。お好きな方法で借入してください。

・アイフルATM、提携ATM
・インターネットから振込予約
・フリーコールから振込予約

アイフルで即日融資可能な条件

上記のようにアイフルでお金を借りる手順は簡単ですが、すぐにお金を借りたい場合は、いつくか条件があるので注意してください。即日融資可能な条件についてご紹介します。

・平日14時までに申込~契約~振込依頼を完了する
・自動契約機が近くにある

アイフルで一番早くお金を借りる方法

1. インターネットから申し込みをする
2. 専用フリーコールに電話して審査を早める
3. 平日14時前なら口座へ振込依頼。14時以降や土日なら自動契約機でカードを発行

インターネットからの申し込み自体は24時間可能ですが、即日融資を希望の場合には、早めに申し込みを済ませると安心です。審査時間は最短30分ですが、確実にその日のうちに借りたい場合はなるべく早く申込しましょう。申込後、申込完了画面に表示される専用電話に電話をすると、審査にかかる時間を短縮してくれます。

口座振込での借入を希望の場合は、銀行の営業時間が関係するため、14時までに振込手続きをしてください。14時までに振込依頼をすればその日のうちに口座に入金されます。

14時以降や土日の場合は、自動契約機でカードを発行してください。カードがあれば提携ATMなどで24時間借入が可能です。自動契約機の営業時間は場所によって異なるので、営業時間に注意してくださいね。

ただ、審査では必ず在籍確認が行われます。夜間や土日の申込で電話による在籍確認が難しい時は、インターネットでの申込後にコールセンターに電話をするか、もしくは申込後にかかってくる本人確認の電話の際に、書面による在籍確認ができないか相談してみましょう。

もちろん、申込みから自動契約機で行うこともできますが、先にインターネットで申込みをしておいた方がスムーズに手続きできます。

まとめ

以上のように、アイフルのカードローンは30日間利息0円も行っていて、しかも即日融資も可能です。急にまとまったお金が必要、少しだけでいいからすぐに借りたいという人は検討してみてください。

初回のみ30日間無利息サービスあり
・審査は最短30分。即日融資も可能※申込み時間帯によっては翌営業日扱いもあり。
・振込キャッシングに対応
・カードなしも選べる(Web完結
・お急ぎの場合は、ネットで申込の上フリーコールに連絡すれば優先して審査
・カードのお届け時間の指定が可能
・在籍確認について相談可能

アイフルなら30日間無利息サービスあり!

※アイフル初利用で無担保キャッシングローン申込みが対象です。その他の商品(事業サポートプラン・おまとめMAX・かりかえMAX)などは対象外。

借入可能か不安があるなら…

★1秒借入診断を試してみる⇒アイフルカードローン公式サイトへ

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする