1. ホーム
  2. アイフル
  3. ≫アイフルの返済日変更から適用までの期間は?今月返済が間に合いそうにない場合

アイフルの返済日変更から適用までの期間は?今月返済が間に合いそうにない場合

アイフル 返済日変更

急にお金が必要になった時に便利なのがカードローン。誰にも知られずに即日融資もしてもらえるので、大変便利です。でもやっぱり気になるのが支払について。どれくらいのサイクルで支払を行えば良いのか、支払日はいつになるのか、これからきちんと返済していけるのか不安もありますよね。

誰もが名前を聞いたことのある「アイフル」のカードローンについて、様々な返済方法や、支払サイクル、もし返済が間に合いそうにない場合の変更方法までご紹介します。これから契約を考えている方、今契約しているけど、返済が間に合いそうにない時ってどうしたらいい?と心配な方まで必見です。

アイフルの様々な返済方法とは?

アイフルには多くの返済方法が用意されているので、利用する側にとってとても便利です。アイフルでは次のような返済方法を用意しています。

・銀行振込
・店舗
・提携先ATM
・コンビニ
・口座振替

順にチェックしてみましょう。

銀行振込による返済の場合

銀行振込は金融機関の窓口やATMから行えます。ネットバンキングを利用すれば、ネット上からも振込ができるので便利です。ネットバンキングを利用して、振込手数料が発生しない様にすれば、よりお得に返済できますね。アイフルの指定口座である三井住友銀行から振り込んだり、三井住友銀行のネットバンキングを利用することでも、手数料はかかりません。

店舗による返済の場合

店舗による返済では最寄りのアイフル店頭まで来店し、窓口またはATMより返済するという方法です。事前に店舗のある場所や営業時間などを確認してから来店して下さい。

提携先ATMによる返済の場合

提携先ATMはセブン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行など提携先の店舗へ出かけてATMにて返済する方法となっています。提携先ATMからの返済は手数料がかかりますが全国どこででも返済ができます。提携先ATMでは1万円未満は108円、1万円以上は216円の手数料がかかります。

コンビニによる返済の場合

ローソンのLoppiやファミリーマートのFamiポートといった端末を利用して支払を行います。時間に制約はありますが、土日祝問わず支払ができます。提携先ATMと同様に、1万円未満は108円、1万円以上は216円の手数料がかかります。

口座振替による返済

口座振替は、事前に手続きを行えば毎回指定の金融機関から自動で引落してくれます。給与口座からの引落で、給料日直後を引落日にしておけば返済を忘れることがなくオススメです。店舗やATMのある場所まで出かける必要がありません。

2種類ある支払方式

アイフルには「借入後残高スライド元利定額リボルビング方式」と「元金定率リボルビング方式」がありますが、ほとんどが借入後残高スライド元利定額リボルビング方式です。

これは、利息を含んだ返済額を毎月一定額に設定されると言うことです。

例えば、10万円を18%の金利で借入した場合、サイクル制であれば毎月の支払額は5,000円になります。
この5,000円のうち、利息は1,726円で元金は3,274円となります。
借入後残高スライド元利定額リボルビング方式だと、支払開始から支払終了まで毎回の支払額が一定となるので、利用者にとって支払の計画が立てやすいのです。

アイフルで平成23年9月4日以降に契約している人は「借入後残高スライド元利定額リボルビング方式」が適用されています。

借入後残高スライド元利定額リボルビングの仕組み

借入後残高スライド元利定額リボルビングでは残高に応じて毎月の返済額がスライドする仕組みになっています。元金部分と利息部分を合計した毎月の返済額は一定です。そのため返済額の計算が楽というメリットがあります。

その代わりに返済期間が長くなり、利息の負担が大きくなる事がありました。なるべく追加返済の回数を多くしたいところです。そうすると返済が速く進みます。

2種類ある支払サイクル

アイフルでは次のような支払サイクルを用意しています。

・約定日制
・サイクル制

約定日制の仕組み

約定日制は月初から月末まで都合の良い返済期日を指定できるという支払サイクルです。給料日に合わせて設定できるために返済しやすい、毎月同じだから忘れ難いというメリットがあります。

サイクル制の仕組み

サイクル制は35日ごとに返済していくという支払サイクルです。次回の返済期日は返済した日の翌日から35日後にやって来ます。約定日制より次回の返済期日まで若干余裕があるというメリットがあります。

その代わりに返済期日が毎月異なるため、忘れてしまう事がありました。アイフルでは返済期日3日前になるとメール配信するサービスを提供しているため、忘れそうな時は利用してみて下さい。

約定日制で支払い日変更されるタイミング

アイフルの約定日制では、約定日の10日前から返済が可能になります。10日より前に支払を行っても、前月分と見なされ当月分としてカウントされません。

例えば約定日が25日の場合、10日前である15日に返済を行なうと今月分の返済とみなされますが、1日前の14日に返済すると今月分の返済とみなされずに、また25日に返済を行なう必要があります。早く支払を済ませたいのは誰もが思うことなので、役定日制にしている人は支払日には注意が必要です。支払っていると思い込んでいたら、実は支払ができていなかったということになっては大変です。

支払ができるのに知らないうちに延滞していたというのは一番もったいないので、約定日制の人は注意しましょう。

約定日自体を変更する場合は、サイクル制のように自分でコントロールすることができないので、アイフルにすぐ連絡です。

サイクル制で支払い日変更されるタイミング

サイクル制では35日間の返済期間内ならいつでも返済できます。約定返済額を納め次第、支払い日変更となります。ただし35日サイクルのまま返済していくと、約定日制より返済期間が長くなる事があります。

借入後残高スライド元利定額リボルビング、サイクル制、借入額10万円、金利年18.0%でシミュレーションすると月々の返済額は5,000円です。月々5,000円なら返済しやすいですが返済期間2年5か月、利息23,709円という結果となるのです。

借入額が多いとさらに返済期間が長くなり、利息の負担が増えていきます。サイクル制は35日後の返済期日まで待たなくても良いため、積極的に返済してみて下さい。

返済日変更の方法

アイフルでは、返済日の変更はweb上、電話、来店で変更することができます。

Webで返済日の変更手続きをする場合

Webでは、会員ページから「次回返済期日の変更(猶予)」という場所があるので、そこから手続きします。返済日当日での変更も可能で、1週間後まで延長することができます。

電話で返済日の変更手続きをする場合

電話での変更方法は、お取引中のお客様専用ダイヤルが用意されているので、そこへ連絡します。女性の方で、電話はちょっとためらうなという場合には女性専用のフリーコールもあるので、そちらにかけるのがオススメです。

店舗にて返済日の変更手続きをする場合

近くに店舗があって、webや電話では不安だなという方は来店が良いですね。返済日に間に合いそうにない場合はできるだけ早めに相談したり手続きするようにしましょう。万が一返済日に遅れてしまったら大変です。延滞金がかかったり、信用情報に記録がついたり、今後行なう予定であった増額の申込などが難しくなる場合もあります。

今月だけでなく、来月以降も支払日を変更したいという場合はwebからは手続きができません。電話で相談するのが便利です。

借りる前に返済シミュレーションで試算

アイフルのホームページでは、返済シミュレーションを行うことができます。支払方式や支払サイクル、ご利用金額や実質年率を入力することで、毎回どれくらい返済していけば良いのかをあらかじめ確認することができます。返済シミュレーションをすることで、実際にどれくらい支払っていけば良いのか具体的にわかるので、不安が解消されて便利です。

特に自分の情報を入力する必要もないので、契約する前にシミュレーションしてみるのもオススメです。借入金額が減ったらどれくらい変わるのか色々試してみることができます。

契約前は金利のことなど分からないと思いますが、返済シミュレーションの画面で何を入力すれば良いのかわかりやすく教えてくれるので大丈夫です。

返済シミュレーションは借りる前だけではなく、利用中にも何度も行えます。利用し始めてからも具体的な返済計画が立てやすいので賢く活用したいですね。

返済に遅れすぎると大変

アイフルの返済に遅れすぎると裁判所から支払督促が自宅に届く事があります。何も対策を行わないと差し押さえまで進む恐れがあるために注意が必要です。

1秒診断を利用してから申し込みする

アイフルではホームページにて1秒診断を提供しています。年齢、雇用形態、年収、他社借入額といった情報で借入診断が受けられるサービスです。

特に問題が無い場合は「ご融資可能と思われます」と表示されます。「借り入れができません」という文字が見られた場合は申し込みしても審査に通らない事があります。

正式な申し込みを行うと信用情報に申し込みの記録が残ります。短期間に複数社の申し込みがあると多重申し込みとなり、審査が不利になる事があるのです。1秒診断なら申し込みの記録が残りませんので多重申し込みの心配はありません。アイフルに申し込みする前に返済シュミレーションと併せ、1秒診断も併せて利用してみて下さい。ただし1秒診断はあくまでも参考程度までに留めておいて下さいね。

まとめ

ここまでアイフルの返済について説明してきました。都合の良い返済方法、支払サイクルを選べるのがアイフルの良いところです。

返済に遅れそうな時でも対応が受けられる事が多いですが、必ず受けられるという保証はありません。悪質なケースと判断されると返済日変更が認められない事があるのです。返済の遅れを何度も行うといった事は行わない方が良いです。

・返済方法「振込」「提携先ATM」「コンビニ」「店舗」「口座振替」から選択
・銀行振込と提携ATMでの支払いは手数料がかかる
・約定日制は毎月決まった支払日、サイクル制は35日ごとに支払
・約定日制のメリットは、返済日が一定のため忘れにくい
約定日制は10日前から返済が可能サイクル制はいつでも支払可能
返済日変更はweb、電話、来店で相談できる
・webから変更できるのは当月分のみ。
・アイフルのサイトから返済シミュレーションができる

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする