1. ホーム
  2. お金を稼ぐ
  3. ≫エルメスのバーキンの買い方と入荷状況《購入実績や外商が必須?》

エルメスのバーキンの買い方と入荷状況《購入実績や外商が必須?》

エルメスは馬具工房から始まり、バッグや財布などのレザー素材を使った高品質なアイテムが人気ですが、そんなエルメスの数ある商品の中でも人気が高いのはやはりバッグです。

エルメスを良く知らない方でもケリーバッグやバーキンといった名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。エルメスを代表するバッグとして世界中の有名芸能人やセレブも愛用しており、一度はエルメスのバーキンを手にしたいと思っている女性の方も多いと思います。

最高級の素材を使い、職人の手によって一つ一つ丁寧に作られており、母から娘、孫に渡るまで親子3代で使えると言われているほど耐久性にも優れ、また流行に流されない永遠の定番アイテムということもあり、世界中で人気となっています。世界中で人気の反面、バッグの品質を保つために生産数が限られていることもあり、手に入れたいと思っても入手することがとても難しいといわれています。

そんなエルメスのバーキンを入手する方法についてご紹介します。

バーキンとは

バーキンは、ケリーバッグと同様にエルメスの中でも絶大な人気を誇るバッグです。一見フォルムが似ている二つのバッグの特徴を比べながら、バーキンとはどんなバッグなのかご紹介します。

ケリーバック

ケリーバッグは女性用のフォーマルハンドバッグの1種で、台形型のフォルムにかぶせ蓋のバッグで、蓋に錠がついているのが特徴です。もともとはエルメスのオリジナル商品でしたが、その後様々なブランドから同じ形のバッグが販売されています。

エルメスが1935年に発売した当初の商品名は「サック・ア・クロア」という名称でしたが、1955年にモナコ王妃であるグレース・ケリーがパパラッチから妊娠中のお腹を隠したバッグとして有名になり、エルメスがモナコ公国の許可を得て1956年に「ケリーバッグ」と名称を変更しました。

バーキン

これに対して、バーキンは1984年に発売された、イギリスのシンガー、ジェーン・バーキンに由来するレザーバッグです。当時のエルメスの社長が偶然飛行機でジェーン・バーキンと隣り合わせになり、彼女が籐のかごに何でも詰め込んでいるのをみて、整理せずになんでも入れられるバッグをプレゼントさせてほしいと申し出たことにより生まれたバッグで、見た目の美しさと収納力抜群の機能性の高さが融合したバッグです。

ケリーバッグは、トップハンドルが1本のデザインが特徴です。型崩れしにくいかっちりとしたフォルムで、中が見えないように蓋がついており、そこにエルメスの象徴であるカデナが付いています。見た目の美しさにこだわっており、外ポケットなどはなくフォーマル向きなバッグとなっています。

それに対してバーキンは、2本のハンドルデザインになっており、蓋を開けた中には仕切りなどが一切ない、開口部が広いデザインになっています。エレガントな見た目でありながら、抜群の収納力があり、荷物の重さに耐えられるよう頑丈な作りになっており、前面にオープンポケット、背面にはファスナーポケットがあり、小物を分けて収納できる機能的なデザインになっています。マチ幅を調整できるようにサイドにベルトが通っており、蓋が広がらないようにクロアとカデナも付属しています。

サイズ展開

ケリーバッグ

ケリーバッグは以下の8サイズあります。

・15 ・・・縦11㎝ 横15㎝ 奥行8㎝
・20 ・・・縦16㎝ 横20㎝ 奥行9㎝
・25 ・・・縦19㎝ 横25㎝ 奥行10㎝
・28 ・・・縦22㎝ 横28㎝ 奥行10㎝
・32 ・・・縦23㎝ 横32㎝ 奥行12㎝
・35 ・・・縦25㎝ 横35㎝ 奥行13㎝
・40 ・・・縦28㎝ 横40㎝ 奥行16㎝
・50 ・・・縦34㎝ 横50㎝ 奥行25㎝

用途やシルエットに応じて幅広いサイズが用意されています。一番人気は32サイズ。手帳や長財布など荷物がしっかり収納できるサイズとなっています。40サイズといった大きなサイズは男性に人気で、50サイズは2~3泊の旅行にも対応できるサイズとなっています。

バーキン

バーキンは以下の5サイズあります。

・25 ・・・縦20cm、横25cm、奥行13cm
・30 ・・・縦22cm、横30cm、奥行16cm
・35 ・・・縦25cm、横35cm、奥行18cm
・40 ・・・縦30cm、横40cm、奥行21cm
・45 ・・・縦30cm、横45cm、奥行20cm

サイズ展開はケリーバッグより少ないですが、全体的にマチが広く収納力が高いのが特徴です。定番はB5サイズが収納できる35サイズ。ジェーン・バーキンが愛用していたのは定番よりも一回りサイズが大きい40サイズです。

40や45サイズのバーキンは男性にも愛用者が多く、ビジネスユースでも使うことができるサイズとなっています。30サイズは日本サイズと言われているようです。

バーキンの入手方法とは

とても人気が高く希少性が高いバーキンですが、手に入れる方法はあるのでしょうか?色々な買い方を知っていれば、戦略をもって購入していけますよね。夫々の購入ルートのメリットとデメリット等もあわせてご参照ください。

エルメス直営店で購入

バーキンの購入方法としてまず思いつくのは、エルメスの直営店での購入ですよね。しかしながら、店頭にバーキンが並んでいることは99%ないようです。しかも入荷日や入荷時間もエルメスの店員すら知らされていないようで、店舗へ足を運んだその日にバーキンが入荷されたいたらかなりのラッキーといえます。

仮にバーキンが入荷していたとしても、店頭には並んでいないので、店員の方に入荷しているかたずねるのですが、エルメスの直営店ではバーキンの購入はVIPや顧客のみの案内となっており、一般の方(一見客)はまず購入することはできません。なので、エルメス直営店でバーキンを購入するためには、エルメスの顧客である必要があります。エルメスの顧客になると、こちらから申し出をしなくてもお店側からバーキンのお声がけをいただけるようです。

では、具体的にエルメスの顧客となるにはどうしたらいいのでしょうか?どこが顧客のラインなんでしょうか?

顧客のラインははっきりとしているわけではありませんが、担当の方から名刺が出てきて「今度から私をお訪ねください・・・」のような挨拶があったら顧客と認識されたとおもっていいようです。

ではどのようにしたら顧客になれるかというと、これもはっきりとした条件があるわけではありませんが、

・購入する店舗を1つに決め、毎回同じ店舗で購入する
・初回購入時に対応していただいた店員さんを次回からも指名して、その人から買い続けて担当になってもらう

というのが顧客への一歩のようです。

デパートの外商顧客になる

エルメスの顧客の次に、百貨店の外商顧客が、バーキンの購入の際に優先されると言われています。外商とは簡単に言うと御用聞きのようなサービスで、販売員が顧客の欲しいものを提案したり、顧客の要望に応じて商品を手配してくれたりするサービスです。望めばだれでも顧客になれるというわけではなく、やはりその百貨店のお得意様と認識される必要があります。

百貨店のカードである程度の買い物(年間100万円以上)をすると百貨店側からお声がけがあるようです。他にはすでに外商顧客である方に紹介いただくといった方法もあります。

エルメスの顧客同様、顧客と認識してもらうためにはある程度買い物をする必要がありますが、百貨店は商品の種類も豊富で、洋服や宝飾品、美術品をはじめ、車や観劇のチケット、旅行などの手配も可能となっているので、バーキン以外のエルメスの商品はそれほど興味がないという場合には、百貨店の外商顧客の方が顧客になりやすいと言えるかもしれません。

バーキン専門店やネット通販で購入

今すぐにバーキンが欲しいという方の場合は、銀座や渋谷、青山などのバーキンを専門に取り扱っているショップや通販サイトで購入するという方法もあります。色や革の素材、金具のカラーまで豊富な品揃えが魅力ですが、直営店よりも値段が高いというデメリットがあります。

同じ色でも素材によってカラーの出方や、重さも違うので、実物を手にとって確かめたり比較できるのは大きな魅力です。

ネット通販は、バーキン専門店よりもお安く購入できることが多いですが、信用できるサイトやショップを厳選する必要があります。実物を実際に見ることができず写真のみでの購入となるので、あらかじめ色や革の知識を持っておく必要があります

また、高額な商品なので、万が一購入後にイメージと違うことがあった際などに返品保証があるショップで購入することをおすすめします。

海外のエルメス直営店で購入

海外のエルメス直営店で購入するという方法もあります。

日本のエルメス直営店で購入するよりもお安く購入できますし、日本よりも入荷数が多いのでバーキンに出会える確率が高いといえます。

エルメスはフランスのパリに本店があります。パリの本店ではバーキンを見せてもらうのに予約が必要になっているようで、予約をするにも並ぶ必要がありますが、それでも日本よりは手にできる確率が高いので、パリへ買い物旅行に行くというのもひとつの方法です。

海外ではエルメスの顧客でなくても問い合わせて入荷があればバーキンを出してくれますが、あまりラフな服装だと買う気がないと判断されてしまい見せてくれない場合があります。できるだけきちんとした身なりで店舗を訪れるようにしましょう。

中古品を購入

新品のバーキンを手に入れるのは非常に困難です。

どうしてもバーキンを手に入れたい場合には、新品ではなく中古品を購入するという方法もあります。ブランド品の買取・販売を行っている「コメ兵」や「大黒屋」などで購入することができます。中には新品状態のものも販売されています。

手にとって実物を確認してから購入できるという良さがありますが、中古といえども定価以上のお値段となっています。

もし、お金が足りないという場合、プロミスのカードローンで次の給料日まで短期間借りておく、というのも一つの方法です。申込や手続きなどがすべてスマホアプリ上で完結するサービスもあり、手軽で便利です。こちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

フランスパリに本店がある高級ブランド エルメス。馬具工房由来のレザー素材を使った高品質なアイテムが人気で、その中でも特に人気が高いのはやはりバーキンです。最高級の素材を使い、職人の手によって一つ一つ丁寧に作られており、世代を超えて使えると言われるほど耐久性にも優れています。また流行に流されない永遠の定番アイテムとして世界中の有名芸能人やセレブが愛用していることもあり、世界中で人気となっています。

定価で日本でバーキンを入手する方法として一番最初に思いつくのはエルメス直営店での購入ですが、入荷が非常に少なく店頭に並ぶことはほぼないと言われています。

定価よりも値段は上がってしまいますが、バーキン専門店やネット通販で購入するという方法もあります。専門店ですとカラーや素材など品揃え豊富で、見比べて購入できるというメリットがあります。
さらには、海外のエルメス直営店で購入するという方法もあります。国内よりもお安く、また国内よりも入荷が多いので手に入れる確率が高いというメリットがあります。

・バーキンはイギリスのシンガー、ジェーン・バーキンに由来したバッグ
・バーキンは、抜群の収納力、頑丈な作り、機能的なデザインが魅力
・バッグの品質を保つために生産数が限られていて希少性が高い
・日本のエルメス直営店では店頭に並ぶことはほぼない
日本のエルメス直営店ではVIPや顧客が優先
海外のエルメス直営店の方が安価で入荷数も日本より多い
バーキン専門店もある。値段は定価以上
・ネット通販の場合は、信頼できるショップかの見極めが大事
・値段は高いが中古で買うという方法もある

<補足>
エルメスが好きな方は、車、特に外車が好きな方が多いです。バーキンを買うか、車を購入するか迷わている方は、以下の記事も参考にしてみてください。車も安く買い、バーキンの購入資金にまわしましょう。

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする