1. ホーム
  2. アコム
  3. ≫アコムを装った電話で個人情報を聞き出す詐欺に注意!手口は?

アコムを装った電話で個人情報を聞き出す詐欺に注意!手口は?

アコム 電話

知らない番号からの電話。電話口の相手はよく名前を知っているカードローンの会社だと言います。色々話して電話を切ったあと、ふと気づくと自分の個人情報を話していたことに気づきます。個人情報を知られてしまうとどうなるのでしょうか。

実はアコムを装って電話で個人情報を聞き出す詐欺があるようです。気づかないうちに騙されてしまうのが詐欺。アコムという誰もが知っている会社の名前で電話がかかってくると、アコムだと信じてしまいます。

そこで、詐欺はどんな手口で個人情報を聞き出すのか、どう注意すればよいかについてお伝えします。

詐欺はどんな手口で行われているか

個人情報を聞き出す詐欺は、アコムの名前を語って電話をかけてきます。アコムは名が知られた有名な会社なので、信用してしまいがちです。他にも、カード会社や銀行や遺失物センター、カードの提携先の会社名など、実在する会社名を名乗ってかけてきます。

ヴィッシング詐欺と呼ばれる電話で行われる詐欺の他にも、Eメール詐欺のフィッシング詐欺などあらゆる形で個人情報を盗もうとしています。フィッシング詐欺は名前を聞いたことがあると思いますが「パスワードの更新時期です」などとメールが送られてきて、そこにアクセスするとカード情報などが盗まれてしまいます。

自分だけは大丈夫と気をつけているつもりでも、知らず知らずのうちに個人情報が盗まれていることもあります。

個人情報を聞き出す詐欺が横行している

個人情報は氏名や住所だけではありません。クレジットカードの番号や銀行の口座情報、パスワードを聞き出す詐欺が行われています。家族の情報を聞き出す場合もあります。
家族の情報は囲い込む効果や、パスワードの推測につながる貴重な情報です。

電話で行われる詐欺はヴィッシング詐欺と呼ばれますが、カードローンの会社の名前を語り電話をかけてきて「すぐに掛け直してほしい」などと言うそうです。本物のカードローンの会社がかけてきて「掛け直してくれ」と言うことはありません。

業者は個人情報を何に使う?

お金に困っていたり、カードローンに興味がある人の個人情報はとても貴重です。そういった人たちに営業するとお金を借りてくれる確率が高いので、効率良く顧客獲得ができるからです。また、そういったリストを探している業者もいます。いわゆるヤミ金といわれる業者にリストを高く売ることも、1つのビジネスとなっています

ヤミ金はカードローンの会社と比べものにならないほどの金利で貸付を行なってきます。また、違法な取り立ても問題となっており、関わりを持たないようにしなければなりません。その他にもクレジットカードの番号やパスワードが知られてしまうと、不正に利用されてしまうこともあります。

詐欺の具体的な内容とは?

実際にどのような内容で電話がかかってくるかというと、このような電話がかかってきます。

・ 「限度額をアップすることができます」
・ 「お客様のアコムのカードが不正に利用されています」
・ 「お客様のカードが拾得されました」
・ 「アコムの債権回収を行なっています」
・ 「不正アクセスがあったのでパスワードのリセットが必要です」
・ 「キャンペーンのモニターに当選しました」

など、言葉巧みに信じ込ませようとします。アコムに関わりがある人はついつい信じてしまいそうな内容ばかりです。

本当にアコムからの場合もある

アコムを名乗る電話の場合、本当にアコムからの電話のこともあります。例えば限度額アップのお知らせや、本当にカードを紛失してアコムに連絡がいっている場合などはアコムからかかってくる場合もあります。

アコムであればパスワードや本人確認以外の個人情報を聞いてくることはありませんが、着信番号を調べたりやアコムに折り返すことで本物かどうか見分けましょう。また、契約したばかりの時期に限度額がアップされることはあまりありません。

詐欺に騙されないための対処法

もしアコムを名乗る電話がかかってきたら終始疑うこと、そしてなるべく早く電話を切ることが重要です。最初は疑っていても、いつの間にか信じ込まされているのが詐欺です。
怪しいと思ったら電話を切るまで疑いましょう。

「今手が離せないので掛け直します」などと言って掛け直すのも良いです。その間に冷静になれますし、アコムに確認の電話を入れることもできます。着信番号には掛け直さないようにしましょう。

もしも断れないと自覚している場合は無理矢理に切るのも良いでしょう。もし本当にアコムであればかけ直せば良いですし、詐欺であればそのままにしておけば良いです。毅然とした態度でいることが大切です。

騙されやすい人の特徴は?

詐欺に騙されやすい人の特徴には色々あります。

・ 自分は騙されないと思っている
・ なかなか断れない性格
・ 詐欺の可能性があることを知らない
・ 相談する人がいない
・ 高齢者

自分だけは騙されない、騙される方が悪いと思っている人は多くいます。そういう人ほど騙されてしまうので、騙される可能性があるかもしれないと考えて何事も疑ってかかるようにしましょう。

なぜ詐欺師は電話番号がわかるのか?

どうして自分の電話番号がわかったんだろうと思いますよね。例えば電話帳に書いてある番号に連絡する方法や、ランダムに電話をかけるソフトを利用する場合もあります。携帯電話にかかって来る場合も、ランダムにかけている可能性があります。

ですので、誰でも電話がかかって来る可能性があるので、自分だけは大丈夫と思わずに、常に警戒して置くことが重要です。

個人情報を教えてしまったら

アコムと信じてしまって個人情報を教えてしまった場合、絶対にかかってきた番号に掛け直してはいけません。相手に個人情報を破棄してほしいと頼んでも破棄をしてくれるわけはありません。「わかりました」と言うかもしれませんが、破棄してくれることはないでしょう。

警察や消費生活センターに連絡したり、アコムの情報を伝えて入ればアコムにも連絡するようにしましょう。その後に別の業者から連絡や郵送物があっても反応しないことが大切です。カードの情報を教えてしまったら、カード会社に連絡をしてカードを止めてもらうのも良いでしょう。不正に利用される可能性もあります。

口座を知られてしまったら、金融機関に相談の連絡をするのも一つです。場合によっては口座凍結の対応をしてくれることもあります。

個人情報を知られたらどうなる?

個人情報が知られると他の業者に情報が渡り、それを元に勧誘の連絡が来る可能性があります。電話やDMなどの郵便物が届くこともあります。複数の業者から毎日のようにDMが届くようになるケースもあるようです。

家族と同居している場合はカードローンのことさえ知られたくないという人も多いと思いますが、○○ファイナンスと書かれたハガキや封書が届くと、それだけでもストレスとなります。もしちょうどお金が必要な時などはついつい連絡してみようかと思ってしまうかもしれません。

クレジットカードの番号やパスワードが知られてしまうと、不正に利用されてしまうこともあります。口座には頼んでいないのに勝手に振込をし、高い利息を要求して来るケースもあります。口座番号を知られてもカードがないと引き出せないし大丈夫、というわけではありませんので注意が必要です。

詐欺に合った時の対処の方法

もし詐欺にあったら、警察の相談専用電話や、消費生活センター、アコムに連絡を入れましょう。カードや口座の情報を知られてしまったら、カード会社や金融機関に連絡を入れておいた方が良いでしょう。

警察相談専用電話は「#9110」
消費者庁の消費者ホットラインは「188」です。

個人情報を話してしまったと思ったら、先ほどの業者へ連絡しても意味がありません。気持ちを切り替えてすぐに次の行動に移りましょう。絶え間なく送られて来るDMに対しては、反応してはいけません。もう送らないでくれ、などと連絡すれば電話番号が知られてしまいますし、無視して相手が送るのをやめるのを待つしかありません。

アコムで借入を希望の場合は

もしアコムで借入をしたい場合は、基本的には、自分から申込やコンタクトをとることになります。アコムの金利は、実質年率3.0%~18.0%です。18%は高いのか低いのかイメージがわきにくいですが、具体的に言うと10万円を30日間借りた場合の利息は1479円になります。10万円×18.0%÷365日×30日=1479円です。

アコムを初めて申込する人は、最大30日間金利が0円になるサービスも行っています。
アコムの限度額は800万円までです。カードローンには総量規制といって、年収の3分の1以上は借入ができないという法律があります。融資可能かどうかアコムのホームページから「3秒診断」という簡易審査もできますので、審査が不安だなと感じる場合は利用してみてくださいね。

まとめ

アコムと言う名前から電話がかかってくれば、アコムの利用者だけでなくても何だろうと思ってしまいます。つい自分だけは大丈夫と思ってしまいますが、知らないうちに騙されているかもしれません。詐欺はどんどん手口を変えて私たちの個人情報を狙ってきます。

詐欺なんてすぐにわかるよと思ってしまいがちですが、巧みな話術で気づかないうちに個人情報が盗まれてしまいます。詐欺の手口を知ることで警戒することができますので、ぜひ詐欺の手口や対処法を知り、詐欺から身を守って下さいね。

・ アコムの名前を語って電話がかかって来る
・ 電話での詐欺はビッシング詐欺と言われる
・ 詐欺は個人情報を狙っている
・ 個人情報は売られたり、不正アクセスの原因となることもある
・ 電話がかかって来たら「掛け直す」と伝えて一度切る
・ 怪しい場合は、アコムや警察の相談窓口、消費生活センターへ連絡する

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする