1. ホーム
  2. SMBCモビット
  3. ≫SMBCモビットは法人事業資金の借入可能?融資上限額の最大800万円が魅力だが…

SMBCモビットは法人事業資金の借入可能?融資上限額の最大800万円が魅力だが…

SMBCモビット 法人

法人が事業資金を借入れるに当たって銀行からなど様々な借入方法がありますが、SMBCモビットでは個人での契約によって融資を受けることができます。

SMBCモビットは最大800万円と高額な融資を受けられます。事業資金を大至急必要としている法人の方は、SMBCモビットのカードローンを検討してみてはどうでしょうか。こちらでは、SMBCモビットでの借入の方法やSMBCモビットを選ぶメリットについて詳しく説明します。

事業資金が必要な法人は、SMBCモビットを個人で契約しよう

法人で会社を経営している人が、どうしても事業資金が足りない場合は基本的に銀行などから融資を受けることとなります。でも、何らかの理由でそれらが利用できない場合は、他の方法を探すこととなります。

SMBCモビットは法人の借入には対応していませんが、個人での契約であれば安定した定期収入があれば申し込みを行えます。事業資金を大至急必要としている法人の方は検討してみください。

SMBCモビットに法人や自営者専用のローンはないので、個人で契約することとなる

プロミスには自営者カードローンがあり、事業資金を借りることができます。アコムには個人事業主要のビジネスサポートローンがあります。SMBCモビットにはこういった法人や自営者だけに向けた特別なローンはありませんが、通常のカードローンを申し込むことで事業資金を借入れることができます。

源泉徴収票や税額通知書の写しなどの必要な書類を用意・提出すれば契約して個人で借入ができるので、事業資金が必要な場合はSMBCモビットのカードローンを活用しましょう。

SMBCモビットでは、限度額800万円と高額な融資を受けられる

SMBCモビットでは、最大800万円までの融資を受けられます。

利用限度額は必ずしも800万円に設定されるわけではないので注意が必要ですが、ある程度高額な融資も受けられるのは見逃せないメリットでしょう。詳しくは他社との比較項目で解説しますが、SMBCモビットは他社と比べても十分に高額です。

なお利用限度額は、申込んだ際に設定された金額から上げることも可能です。利用限度額を増やしたい時は審査が必要となるので、コールセンターへ電話してみましょう。コールセンターは朝9時から夜9時まで営業しているので、時間内に申し込みを行う必要があります。

SMBCモビットを事業資金の借入で使う場合、他社と比較して優れている点は?

SMBCモビットは、他社と比較した場合にも様々なメリットがあります。

・利用開始までのスピード
・限度額の大きさ

これら2つです。事業資金を借りたい場合、SMBCモビットを選ぶ理由は十分ですね。

ここからはSMBCモビットのメリットを、他社と比較しつつチェックしてみましょう。

簡易審査結果は10秒で確認・最短30分で審査も終えられるので、急ぎの際も安心

SMBCモビットは、最短30分で審査を終えられます。さらに簡易審査結果は、10秒で確認できます。

ただし最短30分で審査を負えられるところまではアイフルなどとも共通です。SMBCモビットにおいて重要なのは、審査の手続きが非常に簡単・スムーズであることでしょう。

WEB完結で申し込めば電話連絡もカード発行もないのですぐに利用開始可能

アイフルの場合、最短30分で審査を終えるためにはインターネットでの申し込み後に専用のフリーコールへ電話をかける必要があります。

しかしSMBCモビットの場合は、電話連絡はありません。さらに手続きもインターネットからすぐに行えて、自宅にカードが届くまで待つ必要もないのです。

WEB完結型で申し込めば最短当日から借り入れができるので、大至急借入の必要が出てきた場合なども安心ですね。

限度額が大きいため、必要な資金が大きめの場合も対応できる

SMBCモビットは、限度額が大きめのカードローンです。参考までに、他社の限度額と合わせて表にまとめました。

最高借入金額
・SMBCモビット・・800万円
・アイフル・・500万円(キャッシングローン)
・プロミス・・500万円(フリーキャッシング)
・アコム・・800万円

この通りSMBCモビットの利用限度額はアコムと同じ800万円で、アイフルやプロミスよりも高額です。ある程度大きな額を借り入れられるのも、SMBCモビットを選ぶメリットと言えるでしょう。

SMBCモビットの申込資格・審査基準は?

SMBCモビットを申し込んで利用するにあたり、確認しておきたいのは申込み資格や審査基準でしょう。ここからは、SMBCモビットを利用する際に必要な条件や書類、審査を受けるまでに確認しておきたいポイントについて解説します。

SMBCモビットは20~69歳で、安定した定期収入がある人が申し込める

SMBCモビットを申し込めるのは、20歳から69歳までの安定した定期収入がある人です。職業にはとくに制限がなく、定期収入があるのであればアルバイトや派遣社員、自営業などでも申し込みを行い利用できます

言い換えると定期収入がなく安定していない人は、20~69歳という条件に当てはまっていてもSMBCモビットのカードローンは利用できないことに注意しましょう。

また19歳までの方や70歳以上の方は、SMBCモビットの利用対象ではありません。そのため20~60歳以外の人がSMBCモビットで事業資金を借りることはできないので、合わせて注意が必要ですね。

申し込みに必要な書類

SMBCモビットを利用する際には、いくつかの書類を提出する必要があります。

まずは本人確認書類として、有効期限内の運転免許証の写しが必要です。基本的には表面のみですが、住所などが変更されている場合は裏面もコピーを行う必要があるので注意しましょう。

本人確認書類としては、

・運転免許証
・健康保険証(表面・裏面、カード以外なら氏名や生年月日、住所が記載)
・パスポート(顔写真・住所が記載)

これらのいずれかの写しを提出します。なお健康保険証やパスポートも、有効期限内・現在有効なものでなければいけません。

そしてSMBCモビットの申し込みに必要な書類は本人確認書類だけでなく、収入証明として、

・源泉徴収票
・税額通知書
・確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月。賞与がある場合、賞与明細書も必須)
・所得証明書

これらのいずれかを収入証明書類として提出する必要があります。

ちなみに個人事業主は別途「営業状況確認のお願い」という書類が必要になることもあります。本人確認書類や収入証明書類を提出する際はマイナンバーが見えないように加工する必要があるので、提出の際は塗りつぶすなどしてマイナンバーを消しましょう。またパソコンやスマートフォンで申し込む場合は、メールアドレスも合わせて必要となります。事前に用意しておきましょう。

審査の際に気をつけたいポイント

SMBCモビットのカードローンを申し込む際に気をつけたいことがいくつかあります。

カードローンを利用する際は審査に通らなければいけませんが、審査に落ちてしまう時はなんらかの問題が起こっているものです。例えば、申込時に入力・記入した情報が間違っていると、当然ながら審査に落ちてしまいます。住所や電話番号、職種などの必要事項は、正確に入力しましょう。

そして既に他社でも借入をしている人は、その金額や借入先の数、同時に申し込んだカードローンの数などによっては契約を拒否されてしまいます。特に最近他社のローンやクレジットカードなどで延滞をした経験がある場合は、カードローンは利用できないと考えたほうが良いでしょう。

SMBCモビットでカードローンを申し込む場合は、審査に落ちてしまう可能性が生じる条件を極力満たしていない状態になってから手続きを始めることが重要です。

SMBCモビットを申し込む流れ・借り方や返し方を確認!

SMBCモビットの申し込み手続きはかんたんです。

ここからは申し込みの流れから借入の方法、返済方法までを解説していきましょう。

SMBCモビットの申し込み方法は様々

SMBCモビットの申し込み方法は、

・パソコン
・スマートフォン
・携帯電話
・固定電話
・郵送
・ローン申込機(街中・三井住友銀行内)

の中から選択できます。どの方法でもSMBCモビットを申し込めますが、急いでいる場合は、一番カンタン、手軽な方法として、パソコンかスマートフォンから「WEB完結」で申し込みましょう。

パソコン・スマートフォンからはWEB完結での手続きが簡単・最短

SMBCモビットをWEB完結で申し込めば、最短30分で審査を終えてからすぐに手続きを終えてキャッシングを利用開始できます

WEB完結はSMBCモビット公式サイト右上にある「WEB完結申込」から行えます。条件として、

・三井住友銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行の口座がある
・保険証、組合保険証がある

以上2つの条件を満たしている必要があります。もしも1つでも条件を満たしていない場合はカード申し込みでの手続きとなり、審査に時間がかかってしまうので注意しましょう。

氏名や住所、メールアドレス、契約希望額などを正しく入力して申し込んだら、メールで審査結果の連絡が届きます。審査に通れば、あとは入会手続きをパソコンやスマートフォンから行えば手続きは完了。入会完了メールが届き次第、借入を行えますよ。

ちなみにWEB完結の場合はカードが発行されないので、専用サイト「Myモビ」から自分の預金口座への振込キャッシングで借り入れができます。あるいはセブン銀行ATMにおいて、モビットアプリを利用して借り入れを行うことも可能です。

WEB完結以外で申し込む場合は、審査を終えてモビットカードをローン申込機や契約機、郵送で受取ってから入会申込書に必要事項を記入・返送して手続完了です。モビットカードでは、提携している銀行やコンビニのATMから現金をスムーズにキャッシングできます。

返済方法は提携ATMや口座振替、指定口座への振込

SMBCモビットに於ける返済方法は、

・口座振替(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、WEB完結ならゆうちょ銀行)
・銀行振込
・提携ATM

です。対象の銀行口座があれば口座振替で自動的に返済できるので、ATMや銀行へ足を運ぶ手間もかかりませんね。

借入利率は3.00~18.00%

SMBCモビットの借入利率は3.00~18.00%となっています。キャッシングを利用すると利息が発生するので、注意しましょう。なお銀行振込での返済や提携ATMにおける借入・返済時には手数料がかかりますが、これらは本人負担です。

SMBCモビットで法人が事業資金を借りる際の注意点

最後に、SMBCモビットにおいて法人が個人的に事業資金を借り入れる場合の注意点を確認しましょう。これまで解説したとおり法人専用のローンが無いこと、そして限度額に関する注意があります。

法人用のローンはないので、個人での借り入れしかできないことに注意

SMBCモビットには、法人向けに特別に作られたカードローンはありません。法人として事業資金を借りることはできず、個人で契約して借入れることとなるので注意しましょう。

希望する融資限度額が大きすぎると審査に落ちてしまうこともある

SMBCモビットは最大800万円を借入れることができますが、希望する融資額が大きい場合、年収などの条件を元に審査が行われた結果審査に通らない可能性もあります。

利用限度額は後からコールセンターに連絡して増やすこともできるので、ある程度少なめの金額で申込んだほうが良いでしょう。

まとめ

SMBCモビットでは、利用限度額最大800万円のカードローンを利用できます。20~69歳で安定した定期収入がある人は、SMBCモビットのカードローンを活用し、事業資金を調達してみてはどうでしょうか。

・SMBCモビットでは、利用額最大800万円のカードローンがある
・法人でなく、個人としての借入となる
・年齢は20歳から65歳まで利用できる
・金利は年率3.0%〜18.0%
・利用限度額は、電話で後から増額申請することも可能

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする