1. ホーム
  2. アコム
  3. ≫アコムで極度額(契約額)まで借入後、追加融資が受けられる条件は?

アコムで極度額(契約額)まで借入後、追加融資が受けられる条件は?

アコムで追加融資

アコムのカードローンは最短30分というスピード審査を行っており、即日借りたいという方には便利なサービスです。インターネットなら24時間365日借入の手続きが行えます。

そんなアコムのカードローンでは追加融資を受けたい時に便利な、極度額という仕組みを用意しています。しかしながら、極度額と言われても初めての方では分かり難いかもしれませんね。そこで極度額にはどんな特徴があるのか、また、極度額いっぱいに借入している人が追加融資を受けれているのか、ご紹介します。

アコムカードローンの極度額(契約額)とは

アコムのカードローンでは1万円から800万円まで対応しており、この範囲で極度額(契約額)の設定が行われます。カードローンには、利用限度額という用語もあります。極度額、利用限度額、どちらも枠の範囲で借入できる点では同じですが意味が少し異なります。

極度額(契約額)は契約上、幾らまで借入できるのか上限の事を言います。

極度額に対し、利用限度額では実際に借入できる上限の事を言います。

利用限度額の範囲までの借入となるが、将来的には極度額の範囲まで借入できる可能性があるという事です。そのため極度額より利用限度額の方が低めの設定になります。

極度額は審査で決まる

アコムのカードローンでは誰でも最高800万円まで借入できる訳ではありません。アコムの審査によって極度額が決まる仕組みになっています。アコムでは返済能力と信用力を重視しており、高いほど借入できる金額が多くなります。

返済能力が決まる情報

返済能力は以下のような情報で決まります。

・勤務先
・勤続年数
・年収

勤務先が公務員や大企業の社員だと審査の際に有利になります。勤続年数は1年未満より3年以上、5年以上、10年以上ある方が有利です。

年収も多いほど有利となりますが、アコムでは年収の多さよりも安定を重要視しています。そのためアルバイトやパートの方でも借入しやすいカードローンとなっています。

信用力が決まる情報

信用力は個人の信用情報などで決まります。個人の信用情報を管理しているのが指定信用情報機関です。国内にある指定信用情報機関は次の通りです。

・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・日本信用情報機構(JICC)

申し込みがあると審査の時に加盟している指定信用情報機関に照会をかけます。照会を受けた指定信用情報機関は申し込み者の信用情報を提供します。

この信用情報には住所や氏名などの個人情報の他、クレジットやローンの利用残高や返済状況などが記録されています。遅延の無い返済状況であれば信用力が高くなるため、極度額も高くなりやすいです。しかし延滞の記録があると信用力が低くなってしまいます。

金融事故があると審査が厳しい

61日以上や3か月以上といった長期延滞、代位弁済、任意整理や個人再生、自己破産など債務整理といった金融事故の情報があると審査に落ちてしまう事が多いです。アコムの同意事項には個人情報の取扱いに関する記載があります。この中にアコムが加盟する信用情報機関に照会をかけるといった内容の記載があるため、事前に理解しておいて下さい。

年収3分の1まで

その他にも総量規制により、年収3分の1という範囲で極度額が決まります。総量規制では消費者金融会社や信販会社、クレジット会社など貸金業者が対象となっており、アコムでも制限を受けるのです。

年収300万円の場合は契約極度額が最高でも100万円になります。この年収3分の1という制限は他社の借入も含まれます。借入がある方はさらに極度額が低くなる可能性があります。

契約極度額の範囲ならすぐに追加融資が受けられる

フリーローンなどローン商品によっては追加融資を受ける時に再審査が行われる事がありました。再審査が終了するまで時間がかかるため、急ぎの時は不便な事があったのです。

しかしアコムカードローンなら極度額の範囲で繰り返し借入が行えます。追加融資を受けるたびに再審査が行われるという事はありません。

お風呂に貯めたお湯のような仕組みになっており、使えば使うほど借入の余力が減っていきます。しかしお湯を足すように返済すれば借入の余力が元に戻っていくのです。そのため極度額のあるカードローンは追加融資が受けやすいのです。

利用限度額が下がるケース

しかしアコムへの返済に遅延すると利用限度額が下がる恐れがあります。場合によっては追加融資が受けられず、返済のみのカードローンになってしまうのです。

アコムでは毎月指定期日、35日ごとと2種類の返済期日があります。毎月指定期日では文字通り、毎月都合の良い期日を指定する事が可能です。給料日が25日なら28日に指定するといった事ができるのです。

35日ごとでは次回の返済期日が35日後となります。毎月指定期日のように一定ではないため、忘れやすい事がありました。

アコムでは3日前、当日、返済期日を過ぎた後、3回のタイミングでメール配信するサービスを提供しています。このメールサービスを利用しておくと忘れ難くなります。

どうしても今月の返済が厳しいという時はアコムに連絡してみて下さい。場合によっては一時的に減らして貰える事があるのです。ただし減らして貰うと返済期間が長くなり、利息分が増える事があるため、返済できる状況になったらすぐに戻して貰う事が必要です。

契約極度額を超えた借入はできない

100万円の極度額が設定された場合、契約上では100万円まで借入できます。しかし100万円を超える借入はできません。

新規の方は利用実績がゼロのために低めの契約極度額が設定される事が多くなっています。返済能力や信用力により異なりますが、新規の方は10万円から50万円ほどの利用限度額が設定される傾向があります。

アコムへの増額申請

人によっては低めの契約極度額だと足りないと感じる事がありました。そんな時はアコムへの増額申請を行うという対策があります。アコムから認められると極度額が増額される事があるのです。契約極度額の上限一杯まで借りていても、増額が認められれば追加融資が受けられるようになります。

20万円から30万円へと増額された場合は10万円の追加融資が受けられるという事です。
申請すれば無条件に増額が認められるという訳ではありません。増額が認められるには増額審査に通過する事が必要です。

増額申請の方法

増額申請は次のような方法で行えます。

・インターネット
・アコムATM
・自動契約機のむじんくん
・アコム店頭窓口
・アコム総合カードローンデスク

インターネットなら24時間いつでも受け付けしており、自宅に居ながら増額申請ができます。アコム総合カードローンデスクは平日9:00から18:00までの受付となっており、土日祝はお休みとなります。

アコムATMでは24時間受け付けしていますが、自動契約機の場合は営業時間内に来店して下さい。店頭窓口では営業時間の他、営業日にも注意が必要です。

その他、自動契約機や店頭窓口の場合は運転免許証など本人確認書類が必要です。総量規制により、利用限度額が50万円を超える場合、他社借入も含めて100万円を超える場合は収入証明書類の提出が求められる事があります。

源泉徴収票や給与明細書、所得証明書、確定申告書などが収入証明書類です。分からない時は増額申請する際に質問しておいて下さい。

増額審査に通過するコツ

利用実績を積み上げる

利用実績がゼロの状態で増額申請を行っても増額審査に落ちてしまう事があります。
そのため一定以上の利用実績を積み重ねる事が必要です。

6か月以上の利用実績があると増額審査に有利となります。

低めの利用限度額で申し込みした場合は6か月未満でも増額審査に通過する事があります。
その他にもアルバイトやパートから正社員登用になったなど、収入が上がった時には通過しやすくなります。

繰り上げ返済や一括返済を行う

アコムでは毎月の約定返済の他、繰り上げ返済や一括返済も行えます。給料日やボーナス支給日など余裕のある時に繰り上げ返済や一括返済を行っておくと返済能力が高いと見なされる事があるのです。

優良顧客になる

他社の借入額や借入件数も増額審査ではチェックされます。多すぎると不利になるため、なるべく借入はアコムだけという状態で増額申請したいところです。

優良顧客と判断されるとアコムの方から増額しませんかと電話連絡が来る事があります。
アコムから連絡が来た場合でも増額審査が行われますが、顧客から増額申請するより通過しやすいです。

増額申請を行う前の注意点

前年度の年収が下がった時

アコムではインターネットや電話、来店などで手軽に増額申請が行えます。土日祝でも増額審査が受けられるため、他社へ新規で申し込みするよりスピーディーに追加融資が受けられます。

ただし増額申請する前に年収が下がってしまった方は注意が必要です。前述したように総量規制により、年収3分の1を超える借入はできない事になっています。年収300万円、契約極度額100万円の方が年収250万円まで下がった時に増額申請を行うと減額される恐れがあるのです。

遅延を行った時

利用実績を積み重ねている間に遅延を行うと増額審査が不利になります。61日以上や3か月以上の延滞を行うと5年ほどの期間で金融事故として記録されてしまいます。返済がきつい場合は増額を考える前に返済の約束を守る事を考えた方が良いです。

転勤や引っ越しした時

その他にも注意したいのが転勤してから3か月以内という方です。勤続年数が短くなるため、増額審査が不利になる可能性があります。本人や家族名義の一戸建てから賃貸へ引っ越ししたという場合も注意が必要です。

増額審査に通過しやすくするため、嘘の申告を行ってはいけません。嘘の収入を申告しても分かってしまうため、増額審査に落ちる可能性が高まります。信用を無くしてしまうため、正確に申告して下さい。

増額審査中は追加融資が受けられない可能性

増額審査中は増額前の契約極度額の範囲であっても追加融資が受けられない事があります。アコムの増額審査は原則即日結果が出ますが、新規申し込みする時の審査より厳しくなっています。急な出費が合った時は間に合わない可能性があるのです。

まとめ

ここまでアコムカードローンの契約極度額や追加融資などについて説明してきました。
アコムカードローンの申し込みを検討している方は参考にしてみて下さい。まとめると以下のようになります。

・アコムカードローンは最高800万円まで
・審査によって決まる極度額(契約額)の範囲で借りられる
・年収の3分の1を超える契約極度額は設定されない
増額申請が認められると極度額一杯の状態でも追加融資が受けられる
・増額が認められるには増額審査に通過する事が必要
・増額審査を受ける前に年収が下がった方、遅延を行った方は注意が必要

シェアはこちらから

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする