1. ホーム
  2. アコム
  3. ≫アコムの申し込み年齢上限と下限は?学生や高齢者の借入対応に関して

アコムの申し込み年齢上限と下限は?学生や高齢者の借入対応に関して

アコム借入申込みの年齢上限と下限

即日審査・即日融資が受けられるのがアコムのカードローンです。インターネット、店頭窓口、むじんくん、電話、郵送など色々な申し込み方法を用意しています。

アコムのカードローンには貸付条件が付いています。その中で、年齢に関する条件についてご紹介します。年齢条件の対象外の方だと申し込みしても審査に落ちる可能性があります。

アコムに申し込みできる年齢

アコムのカードローンでは貸付対象者20歳以上という記載があります。カードローンは申し込みできる年齢が決まっており、何歳でも利用できるという商品では無いのです。年齢上限と下限を申し込み条件のところに記載しているカードローンが良く見られます。

アコムのカードローンでは下限年齢は記載しているものの、上限年齢の記載が見当たりません。しかし高齢の方は利用できない可能性が高いです。

3秒診断で上限年齢が分かる

アコムではホームページに3秒診断というサービスを用意しています。この3秒診断には次のような項目があります。

・年齢
・年収
・カードローン他社借入状況

項目はこの3つだけ、申し込みする前に簡易的な診断が受けられるサービスとなっています。何も問題無い時は「借入できる可能性が高いです」と表示されます。

しかしながら、19歳という年齢で診断を受けてみると「20歳未満のお客さまは借入ができません」といった内容が表示されます。貸付対象者20歳以上の記載通りです。

年齢だけを69歳に変更して診断を受けてみると「借入できる可能性が高いです」という表示に変わります。70歳に変更すると「70歳以上のお客さまはお申し込みができません」という表示に変わります。

この診断結果からアコムのカードローンでは年齢上限が69歳である事が分かります。つまり、対象者は20歳以上69歳までという事です。

年齢上限がある理由

企業の多くで一定の年齢になったら退職となる定年という制度を設けています。最近では定年65歳という企業が見られますが、まだまだ60歳定年の企業が多くなっています。定年を迎えた後、厚生年金の支給が受けられても勤務していた頃より収入が落ちる事がありました。

この定年があるために多くのカードローンで年齢上限を設けています。消費者金融より厳しい審査を行っている銀行カードローンでは年齢上限65歳という場合もあります。アコムなど消費者金融のカードローンでは年齢上限69歳という場合が多くなっています。

契約中に年齢上限を超えるとどうなるのか

現在契約中のカードローンでも年齢上限を超えると、新規借入ができなくなる事が多いです。カードローンには自動更新という仕組みがあります。この自動更新により、契約期間が過ぎても自動的に再契約が結ばれます。

携帯電話の2年契約と良く似ていますが、カードローンの自動更新では途中で解約しても解約手数料の発生はありません。この自動更新時に年齢上限を超えていた場合の対応はカードローン会社によって異なります。アコムのカードローンと契約中だが来年70歳を迎えるため、どうなるのか気になるという方はアコムに電話で相談してみて下さい。

年齢下限がある理由

クレジットカードの多くで年齢18歳以上という申し込み条件が付いています。未成年の方でも年齢18歳以上、高校生では無い、親権者の方の承諾という3つの条件を満たせばクレジットカードの作成ができる事があります。

しかしながら、カードローンの多くでアコム同様、20歳以上となっており未成年の方では申し込みが難しくなっています。未成年の方は成年の方と比べると収入が低い傾向があります。

未成年の方にある契約取消権

さらに未成年の方には契約取消権というものが設けられています。未成年の方はまだ十分な判断力が養われていない事が多いです。どんな契約なのか分からないうちに結んでしまう事があるため、未成年の方を保護する観点から設けました。未成年の方が契約を結んだ場合、一定の条件を満たせば契約取消権によって取消ができます。

契約取消となるとどうなるのか

取消となると支払の義務が無くなります。既に代金を支払済みであっても返還請求により取り戻せるようになります。

既に商品やサービスを受け取りしていても、残っている分を返還すれば済むようになります。カードローンの契約も該当するため、親権者の方の承諾無しで未成年の方に貸付を行うと貸し倒れに繋がりかねません

契約取消は書面で行う

取消通知書という書類で、契約取消権の意思表示を行うのが一般的です。契約を結んだ未成年の方本人、その親権者の方と両方で通知する事が可能です。特定記録郵便や簡易書留という形で契約を結んだ会社に送付します。

契約取消権の条件

契約取消権が適用される条件には次のようなものがあります。

・年齢20歳未満
・婚姻の経験が無い
・法定代理人の同意が無い

カードローンの年齢下限が20歳以上になる理由

親権者の方でも法定代理人になれるため、クレジットカードに18歳以上の未成年の方が申し込みする場合、親権者の方の承諾という条件が付いています。しかしカードローンの場合、親権者の方の承諾があっても18歳以上の未成年の方では利用できません。一つは親権者の方の承諾を得るまでに時間や手間が掛かるという理由からです。

時間や手間が掛かるとカードローンの審査時間も長くなってしまいます。少ない申し込み者なら問題無いものの、大手では申し込み者が多いために影響が全体に及ぶ恐れがあります。審査や融資までのスピードが早いというカードローンの利便性が損なわれる可能性があるのです。

さらに審査時間が長くなるとその分だけ余分なコストがかかります。金利を上げてコストの吸収を行おうとしても、消費者金融のカードローンでは既に年18.0%という場合が多くなっています。

利息制限法により消費者金融の金利は最大でも20%となっており、金利を上げる余地が少ないです。20%を超える金利を設定すると違法になるため、罰則を受けてしまいます。

その他にも親権者の方の承諾を得る位なら、そのまま親権者の方からお金を借りた方が手っ取り早いという未成年側の事情もあります。そのためカードローンでは20歳以上という年齢下限を設けています。

安定した収入とは

アコムのカードローンの貸付対象者には安定した収入と返済能力を持っている方という記載もあります。収入の多さではなく安定性を重視しているため、収入が比較的少ない方でもカードローンに申し込みができます。

しかし安定した収入とは何なのか分かり難い事がありました。安定した収入とは、毎月変動の少ない収入を得ている状態の事を言います。

1か月ごとに10万円の収入がある状態、3か月ごとに30万円の収入がある状態と比べると同じような年収となります。しかし前者の方が収入が安定していると判断される事があります。

安定した収入の目安

明確な基準はありませんが、変動幅20%以内が安定した収入の目安となっています。月収10万円の方の場合、8万円から12万円までの収入が毎月入っているという状態です。しかし収入が安定していても少なすぎる場合はアコムの審査に落ちる可能性があります。

安定した収入かどうか、どの様に判断しているのか

以前は対面与信が一般的

自動契約機やインターネットが普及する前の消費者金融では対面与信が一般的となっていました。対面与信は審査担当者と申し込み者が直接対面し、審査を受けるという方法です。身だしなみや話し方などで人柄もチェックしています。

インターネットでも申し込みできる時代

しかし最近では審査担当者と対面しなくても審査が受けられるようになりました。インターネットでは申し込みフォームに記入または選択を行い、送信するだけで審査が受けられます。

申告した情報で安定した収入を判断している

アコムのカードローンではお客さま情報、ご自宅情報、お勤め先情報など様々な項目があります。このうちお勤め先情報は勤務形態や入社年月など様々な項目が含まれています。
これらの情報を安定した収入を得ているかどうかの判断に利用しています。

勤務形態は公務員や正社員の方が、入社年月は長い方が審査に有利となります。勤続年数が3か月以下など短すぎる場合は安定した収入を得ていないと判断されかねません。会社勤務だが最近転職したばかりという方は十分な収入があっても注意が必要です。

アルバイトやパートでも安定した収入になるのか

公務員や正社員なら収入が安定しやすいですが、アルバイトやパートの場合は安定した収入と言えるのか迷う事がありました。アコムのカードローンではアルバイトやパートの方でも収入が安定していれば申し込みができます

変動幅が少なければアルバイトやパートでも安定した収入であると判断して貰えるのです。勤務するのは土日だけといったアルバイトやパートの方だと得られる収入が少なくなってしまいます。フルタイムで働いていれば比較的申し込みしやすいです。

年金でも安定した収入になるのか

年金は原則65歳から支給が始まりますが、安定した収入になるのかどうか気になる事がありました。アコムのカードローンでは年金だけの収入では安定しているとは判断していません

年金は2月、4月、6月、8月、10月、12月と偶数月に支給される事になっています。
支給月に2か月分の受け取りができますが、毎月受け取り出きる訳では無いのです。

しかし年金受給者の方でもアルバイトやパートで安定した収入を得ていれば申し込みができます。ただし69歳までという年齢上限を超えている場合は審査に落ちる可能性が高まります。

年齢上限ギリギリの方は

年齢上限ギリギリで審査に受かるかどうか微妙という方でも申し込みしてみる価値はあります。まずは3秒診断を受けてから申し込みすると良いでしょう。

ただしアコムの審査に落ちてしまった後、短期間で他社に申し込みしない方が良いです。
1か月に3社以上申し込みすると多重申し込みとなり、審査が不利になる事があるのです。
信用情報に申し込み情報が記録されるため、他社への申し込みでも分かってしまいます。

まとめ

ここまでアコムのカードローンにある年齢上限と下限とその理由などについて説明してきました。申し込みするには次のポイントが大切という事です。

20歳~69歳までの方が申込可能
・20歳未満は、まだ安定した収入が得れてないと見做され、申込NG
・一旦、契約を結んでおけば以後は自動更新
・アルバイトやパートでも収入が安定していれば、申し込み可能

シェアはこちらから

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする