1. ホーム
  2. アコム
  3. ≫アコムは法人資金の借入できる?自営業や事業資金を借りるには…

アコムは法人資金の借入できる?自営業や事業資金を借りるには…

アコム 法人

カードローンは生計費など自由な目的で借りられるのが魅力ですよね。ただし個人向けのカードローンの場合、事業資金は借りられない事があるために個人事業主の方は注意が必要です。

ビジネスカードローンであれば事業資金でも借りる事が可能です。ビジネスカードローンというと法人だけというイメージがありますが、中には個人事業主でも借りられるものがあるために大丈夫です。

テレビコマーシャルでも知られているアコム。アコムは個人向けのカードローンというイメージが強いですが、ビジネスサポートカードローンも提供しています。事業資金が気になる個人事業主の方も、参考にしてみて下さい。

事業資金を借りられるアコムのビジネスサポートカードローン

アコムは個人向けのカードローンというイメージが強いですが、ビジネスサポートカードローンも提供しています。個人事業主向けのビジネスカードローンだから事業資金を借りる事が可能です。借りたお金の使い道は自由となっており、事業資金以外でも利用できます。

個人事業主の事業資金確保に便利

事業資金の確保には銀行融資、ノンバンク融資と大まかに分けて2つの方法があります。個人事業主の場合、法人よりも信用力が落ちるために銀行融資では難しい事がありました。そんな時でもノンバンクのビジネスカードローンなら比較的融資を受けやすいというメリットがあるのです。アコムのビジネスサポートカードローンはノンバンク融資となります。

個人事業主によっては知名度の低いノンバンク系だと不安に感じる事がありました。しかしアコムは三菱UFJファイナンシャルグループです。銀行系のノンバンクとなっています。ノンバンク系でありながら銀行が持っている信頼性や知名度の高さを持っているのが良いところです。銀行よりも融通が利きやすいため、事業資金の確保を行いたい時に便利なビジネスカードローンとなっています。

融資額や金利はどの位なのか

銀行融資の場合は融資額が高め、金利が低めの傾向があります。ノンバンク融資の場合は銀行融資と比べると融資額は低め、金利は高めの傾向があるため、事前に調べておきたいところです。

アコムのビジネスサポートカードローンの融資額は1万円から300万円までの設定です。

他の個人向けカードローン同様、審査によって利用限度額が決まります。利用限度額内なら繰り返し利用できるため、追加融資を受けたい時にも便利です。しかし利用限度額を超えた高額な融資は受けられませんので注意して下さい。

ちなみに、金利は以下の通りです。

・金利12.0%から18.0%まで
・100万円以上の融資額では12.0%から15.0%まで

利息の計算の仕方を尋ねてみました

利息の計算式は融資残高×金利÷365×利用日数=利息となっています。融資額100万円、金利15.0%、利用日数365日の場合の利息は15万円になります。

ビジネスサポートカードローンでは最長8年7か月の返済期間、最長89回の返済回数が用意されています。長期の返済計画が立てられますが、利用日数が増えると利息の負担が増えるため、なるべく早期に完済したいところです。先ほどのように、利用日数200日なら約82,191円まで利息を抑えられるのです。

当日中に借りられるのか

急ぎで事業資金を借りたい時に気になるのが即日融資の有無です。銀行融資では審査が厳しいため、結果が出るまで時間が掛かる事があります。そんな時でもアコムのビジネスサポートカードローンなら申し込みしたその日のうちに利用する事が可能なんです。但し、条件によっては審査に時間がかかる場合もあるようです。

保証人原則不要

銀行で1,000万円といった高額な融資を受ける際には保証人が求められる事が多いです。貸し倒れを防ぐために保証人を求めていますが、中々保証人になってくれる人が見つからない事がありました。

アコムのビジネスサポートカードローンは保証人原則不要で申し込みができるため、見つけるまでの時間や手間も掛かりません。

業歴1年以上の個人事業主が条件

ビジネスサポートカードローンには業歴1年以上の個人事業主という条件が付いている点には注意して下さい。審査では返済能力を判断する際に業歴を参考にしており、業歴が短い場合は審査落ちまたは審査に時間が掛かる事があります

総量規制の対象になるのか

ノンバンクの個人向けカードローンは総量規制の対象となっています。原則年収の3分の1まで制限されるのが総量規制です。年収300万円の場合は総量規制により、3分の1である100万円までに制限されます。残高は信用情報機関が保有している信用情報に登録されます。審査の際に照会が掛けられるため、ごまかす事はできませんので注意してくださいね。

総量規制の例外となる

総量規制には例外があり、例外の中に個人事業主に対する貸付が含まれています。この例外によってアコムのビジネスサポートカードローンは総量規制の対象外となります。年収の3分の1までの制限を気にせずに利用できます。

ただし要審査となっており、返済能力が足りないとアコムが判断した場合は3分の1以上の融資が受けられない事があります。法律的には年収3分の1以上の融資が可能であるものの、その判断はアコムに委ねられているという事です。

お申し込みの流れ

アコムのビジネスサポートカードローンは個人向けのカードローンと申し込みの流れが異なります。事前に理解してから申し込みを始めたいところです。以下の方法があります。

・パソコン
・ケータイまたはスマホ
・店頭窓口または自動契約機
・電話
・郵送
詳しい内容はコチラ▼

必要書類にはどんなものがあるのか

必要書類には本人確認書類、確定申告書Bがあります。
本人確認書類は運転免許証、個人番号カード、健康保険証などが該当します。

確定申告書Bは直近1期分の写しを提出して下さい。
契約極度額が100万円超の場合は以下の書類提出が求められます。

・青色申告の方は青色申告決算書の写し
・白色申告の方は収支内訳書の写し

どちらも直近1期分のものを準備する事が必要です。

総量規制の例外によって年収3分の1以上を希望する場合、事業計画や収支計画などを記載した借入計画書の提出が求められる事があります。

返済の遅れには注意が必要

計画に無理があるとその後の返済が大変です。アコムのビジネスサポートカードローンでは返済に遅れてしまうと遅延損害金20%が発生する事があります。
通常の金利より高めに設定しており、遅れるほど負担が大きくなってしまうのです。

遅延損害金の計算式

計算式は融資残高×遅延損害金の年率÷365日×遅延日数=遅延損害金となっています。
融資残高100万円、遅延損害金20%、30日遅れた場合は約16,438円の負担が発生する事になります。これは通常の利息に加えて支払いする事が必要なため、返済の約束は毎月きちんと守って下さい。

ビジネスサポートカードローンの返済方式は定率リボルビング方式となっています。
この返済方式では融資残高×一定の割合=毎月の返済額という計算で求める事が可能です。一定の割合についてはアコムに質問してみて下さい。

まとめ

ここまでアコムのビジネスサポートカードローンについて説明してきました。アコムでは総合カードローンデスクを設けています。もし、返済について気になる事があればいつでも相談できるので安心ですね。

・ビジネスカードローンは法人でも個人事業主でも借入可能
・個人事業主なら、プライベートな資金を借りることもできる
・20歳から69歳までが利用できる
・融資額は300万円まで
・借入利率は12.0~18.0%

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする