1. ホーム
  2. プロミス
  3. ≫プロミスで追加融資を受けるにはどうしたらいい?厳しい条件などあるのか

プロミスで追加融資を受けるにはどうしたらいい?厳しい条件などあるのか

プロミス 追加融資を受ける方法

プロミスを利用している方の中には、あともう少し借入をしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?でも、追加融資ができるのか?追加融資を受けるにはまた審査があるの?など、追加融資を受けるのにあたり、どんな条件や方法があるのか疑問ですよね。

そこで、プロミスの追加融資を受ける条件や方法をご紹介します。

プロミスから追加融資を受ける条件は?

プロミスから追加融資をしてもらう条件はあるのでしょうか?実は、利用限度額以内であれば、追加融資を受けるための条件はないんです。追加融資を受けるには、厳しい条件などがあるのでは?と思われがちですが、プロミスでは、設定されている利用限度額以内であれば、何度でも借入ができるんです。

例をあげると・・・

利用限度額が30万円の場合
10万円を借入たとしたら・・・残り利用金額は20万円

この残り20万円の範囲であれば何度でも追加融資してもらえますよ。

では、この利用限度額はどのように決められるのでしょうか?

プロミスのホームページを見てみると、プロミスの限度額は「1~500万円」と記載されています。ということは、最大で500万円も借入できる!と思った方がもしいらっしゃいましたら、残念ながら間違いです。

500万円という限度額は、

「プロミスでお金を借りるどんな人でも500万円までなら融資できますよ」ということではなく、

「プロミスはどんなにたくさん借りる場合も、500万円までしか融資できませんよ」という意味になります。

では500万円までの金額なら、希望すれば誰でも借りられるのでしょうか?残念ながらこれも間違いです。申込をする際に、借入希望額も一緒に申込をすることができますが、必ずしも希望額がその通り借りられるとは限りません。プロミスでは、申込時の審査によって申込者の信用度をみて、一人一人の利用限度額というのを設定するんです。

プロミスの立場になって考えてみましょう。

毎月の収入が30万円の人と、100万円の人がいた場合、50万円貸しても安心かな?と思えるのはどちらですか?公務員の人と、フリーターの人がいた場合、50万円貸しても安心かな?と思えるのはどちらですか?

このように、プロミスではどの人にいくら位なら貸しても安心か、きちんと返済してくれそうかを審査でみており、一人一人の利用限度額というのを設定します。

総量規制の対象のため、年収の1/3までとなります

プロミスなどの消費者金融は総量規制の対象となっているため、年収の1/3までしか融資をしてはいけないことになっています。なので、年収の1/3が利用限度額の上限になると思っておくと良いでしょう。

例をあげると・・・

年収150万円の人の利用限度額は、1/3の50万円ということです。

よっぽど高収入な方でない限り、プロミスで初めて申込をした時の限度額は、30~50万円位だと思っておくと良いでしょう。アルバイトやパートの方の場合はもう少し少なく、10万円位だと思っておくと良いでしょう。

これはあくまでも目安で、利用限度額は審査によって決められるので、契約する際に、プロミスから提示される限度額を覚えておきましょう。

追加融資を受けられない場合もある

基本的には、上記で説明したとおり、利用限度額の範囲であれば無条件で追加融資が可能なのですが、借入金額の合計が利用限度額内であっても、追加融資を受けられない場合があります。どんな場合追加融資が受けられないのかご紹介します。

返済を何度も遅延している

プロミスを利用していて、何度も返済を遅延している方は、限度額内であっても追加融資してもらえない可能性があります。これは、今後融資をしてもきちんと返済してくれないと判断されてしまうためです。

収入が大幅に減った

プロミスに申込をした時よりも、大幅に収入が減った方も、追加融資を受けることはできません。これは、毎月返済する能力がないとプロミスに判断されてしまうからです。

契約更新などのタイミングで再審査が行われると、たとえ限度額が残っていたとしても追加融資してもらえない可能性があります。

以上のように、追加融資は利用限度額内であれば、基本的には無条件で借入が可能ですが、すでに借入をしている分の返済を遅延していたりなど、利用状態が悪く信用度が落ちていると追加融資してくれない場合もあるので、返済は毎月きちんと行いましょう。

追加融資の審査・申込方法

追加融資の場合、また審査があるのでしょうか?上記でもご説明したとおり、利用限度額の範囲内であれば、無条件で借入が可能です。つまり、利用限度額の範囲内であれば審査は不要なんです。

例えば、利用限度額が10万円ですでに5万円借入している場合、残りの5万円までならいつでも審査なしで追加融資が可能なんです。

また、追加融資には何か特別な申込方法があるのでは?と思いがちですが、利用限度額の範囲内であれば、通常と同じです。プロミスカードを持っている方であれば、ATMや自動契約機から、インターネット会員サービスを利用している方はインターネットから銀行振込の申込をする等、通常と同じ方法でOKなんです。

このように利用限度額いっぱいまで借りていなければ、すぐに追加融資を受けることが可能なんです。

仮に、利用限度額が10万円ですでに10万円借入をしていたとします。それを返済する前に1万円が必要になった場合は、残念ながら追加融資はできません。このように、利用限度額いっぱいまですでに借入をしている場合は、追加融資してもらうには、まずは返済しなければなりません。

ここで一つ注意があります。

返済は借りている10万円だけでなく、金利分も一緒に返済する必要があります。そのためすぐに利用限度額が復活するわけではないので、借入は余裕をもって行うようにしましょう。

限度額以上に追加融資を受けたい場合は?

利用限度額の範囲内であれば、追加融資はすぐに可能なこと、限度額がいっぱいであれば返済するまで追加融資はできないことは上記の説明でわかっていただけたかと思います。
しなしながら、すでに限度額まで借りているけど、どうしても追加でお金を借りたい!という場合もありますよね。限度額がいっぱいでも追加融資してもらう方法はないのでしょうか?このような場合は、限度額を上げてもらうという方法があります。

ただし、限度額の増額には、いくつか条件があるのでそれをご説明します。

限度額増額の条件

利用限度額の増額は、残念ながら誰でもできるわけではありません。利用限度額の増額には審査があり、誰でも通るわけではなく、審査に通りやすい条件があります。この条件をクリアしていない場合は、たとえ増額の申込をしたとしても断られる可能性が高いので、申込をする前に、条件をクリアしているかチェックしてみてください。

・プロミスを半年以上できれば1年以上利用している
・プロミスへの返済を遅延していない
・申込時よりも収入が増加もしくは安定した職業に転職した

簡単に言うと、プロミスから良い顧客だと思ってもらえていれば、利用限度額を増額してもらいやすいと言えます。プロミスから信用されていなければ限度額の増額は難しいので、過去に1度でも返済を遅延している方は可能性が低くなります。

また、プロミスとしては、信用できるかを判断するには一定期間必要です。利用をはじめてから一定期間、きちんと返済しているか、年収が安定しているかなどをみて判断するので、利用開始から半年から1年以上経っている方が審査に通る可能性が高いんです。

利用実績が半年に満たない場合は、プロミスとしては判断材料に欠けるので増額審査に落ちる可能性が高いと言えます。さらに、申込時よりも収入が増加していれば、返済能力が上がっていると判断されるので増額審査に通る可能性が高いです。

たとえ収入が増加していなかったとしても、アルバイトや派遣社員から正社員になった、中小企業から大企業へ転職した、サラリーマンから公務員に転職したなども、収入が安定したと判断されるので審査に通りやすいと言えますよ。逆に、年収が下がってしまった場合や、正社員から自営業になった場合などは、増額審査に落ちる可能性の方が高いと言えます。

限度額増額の場合の審査は?

では次に、プロミスで増額する際の審査基準について具体的にご説明します。

プロミスで遅延していないか

条件のところでも説明しましたが、増額するためにはプロミスから信用できる人と判断されないといけません。プロミスへの返済を遅延していると信用できない人だと判断され、増額審査には通りません。

信用情報に問題がないか

プロミスで増額するためには、プロミスで延滞していないことはもちろんですが、他社での延滞などもチェックされます。

増額審査の際には、信用情報が必ず照会されます。

信用情報には、クレジットカードやローンの利用履歴などが登録されており、延滞などの情報も登録されています。たとえ他社であっても延滞情報が登録されていたり、また債務整理などの情報が登録されていた場合は審査で落ちてしまいます。

年収の1/3以上の借入がないか

プロミスなどの消費者金融は、総量規制の対象となっているので、年収の1/3以上融資をすることはできません。これは増額の際ももちろん対象で、しかも、プロミスからの借入額だけではなく他社からの借入額も含めた総額が、年収の1/3までとなります。すでに年収の1/3以上、もしくは1/3近くまで借入がある場合は、増額審査には通りません。

もし、転職をしていた場合は、増額審査の際に再度在籍確認が行われます。

新たな勤務先に在籍確認の電話がかかってきますが、この際に在籍を確認できない場合は、審査に落ちてしまうので注意しましょう。

限度額増額の際に必要な書類

プロミスで増額審査を受ける際に、以下の条件にあてはまる場合は、収入証明書類が必要になります。

・増額後の利用限度額が50万円を超える
・増額後の利用限度額と他社からの借入額の合計が100万円を超える

新規の申込の際にすでに収入証明書類を提出している場合も、以下のいずれかに当てはまる場合は、新たに収入証明書類の提出が必要ですよ。

・提出済みの収入証明書の発行日から3年経過している場合
・転職などによって勤務先情報に変更がある場合

これらに該当する場合は、事前に下記のいずれかの収入証明書類を準備しておきましょう。

・源泉徴収票
・給与明細書(直近2ヶ月分)および賞与明細書(直近1年分)
・確定申告書
・税額通知書
・所得証明書

利用限度額増額の方法

利用限度額を増額するには、以下の2つの方法があります。

プロミスからの増額の勧誘を受ける

プロミスでは優良顧客に対して、「増額をしませんか?」という内容の勧誘の電話をすることがあります。この電話がかかってきたら、この電話で増額を申請することができます。電話がかかってくる条件は公表されてはいないのですが、以下の条件にあてはまる場合勧誘を受ける可能性が高くなります。

・プロミスを1年以上利用している
・プロミスの返済を遅延していない

ただし、勧誘の電話がかかってきたとしても、増額審査は行われるので、必ず増額できるというわけではないのでその点は注意してくださいね。

自分で増額の申込をする

プロミスから勧誘が来なくても、自分で増額の申込をすることができます。申込の方法は以下の2つの方法があります。

・インターネットの会員サービスから申し込む
・プロミスコールに電話をして申し込む

申込をしてから、3~4日ほどで審査結果が来ます。審査に通れば追加融資が可能となりますよ。

まとめ

プロミスで追加融資を受けたい場合は、まずは利用限度額と現在の借入額を確認しましょう。利用限度額の範囲内であれば、審査なしで何度でも借入が可能です。ただし返済を遅延していたりなど利用状況が悪いと限度額の範囲内でも追加融資を受けられない場合もあるので注意が必要です。利用限度額以上に追加融資が必要な場合は、限度額の増額という方法もあります。利用限度額の増額には条件があり、誰でも増額できるわけではないので注意しましょう。

・プロミスでは利用限度額の範囲内であればいつでも追加融資が可能
・利用限度額の範囲内であれば追加融資に審査はなし
・利用限度額の範囲内の追加融資の方法は通常と同じ
利用限度額以上に追加融資を受けたい場合は、限度額を増額する
限度額の増額には審査がある
・限度額の増額には条件がある

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする