1. ホーム
  2. プロミス
  3. ≫【必見】プロミスの借入希望額上限は10万円程度に設定すべき理由

【必見】プロミスの借入希望額上限は10万円程度に設定すべき理由

プロミス 借入金額

カードローンを利用する際に、限度額は重要ですよね?どんな目的で利用するかにもよりますが、いざという時のためにも、限度額は多いに越したことはありません。

プロミスの限度額は、1万円〜500万円までです。カードローンの会社の多くはプロミスと同じくらいの金額が限度額であることが多いです。プロミスの限度額は「1~500万円」となっているので、必要な時には上限の500万円まで借りられると思いますか?

残念ながら契約した人全員が500万円まで借りられるわけではありません。そもそもプロミスは消費者金融なので総量規制の対象となり、年収の3分の1までしかお金を借りることができません。

では、年収の3分の1までだったら、希望すれば全額借りられるのでしょうか・・・?

プロミスの限度額の仕組みについてご紹介します。

借入希望額上限は最大どれくらいまで?

そもそも、限度額と呼ばれるものは大きくわけて2つあります。

・限度額 ・・・消費者金融が融資できるお金の上限
・利用限度額(借入希望額の上限) ・・・申込者が借りられるお金の上限

プロミスの「限度額が1~500万円まで」というのは、プロミスが融資できる金額であって、契約後に申込者が借りられる金額ではないんです。

申込者が借りられる利用限度額は、申込後にプロミスで審査をして連絡がきます。
この金額が実際に借りられる金額の上限になります。

では、利用限度額はどのように決められているのでしょうか?

利用限度額は、申込後に行われる審査によって決められます。
ではどんな審査をしているのでしょうか?審査でのポイントは以下の3つです。

・総量規制
・属性スコアリング
・信用情報

総量規制

プロミスを含む消費者金融では、総量規制というルールによって、年収の3分の1までしかお金を借りることができません。プロミスの限度額が最大500万円でも、年収が1500万円以上でなければ500万円までお金は借りることができないということです。

例えば、夫の扶養の範囲内(103万円)でパートをしている主婦の方の場合は、最大でも31万円までしか借りることができません。

属性スコアリング

プロミスへの申込の際に登録した情報でも利用限度額は変わります。登録された情報は数値化されて、その数値が良いほど審査に通りやすく、利用限度額も高くなります。これを属性スコアリングと言います。高評価となるポイントをご紹介します。

1)個人情報

・年齢 ・・・20代前半~50代前半位の働き盛りの年代の方が高評価
・家族構成 ・・・一人暮らしは低評価。独身で家族同居の方が高評価
・居住形態 ・・・賃貸よりも持ち家の方が高評価
・居住年数 ・・・転居を繰り返していると低評価

2)勤務先情報

・勤務先 ・・・公務員・大手有名企業は高評価。自営業はやや評価が低い
・雇用形態 ・・・正社員は高評価
・勤続年数 ・・・3年以上が理想
・年収 ・・・高ければ高いほど高評価。年収が変動制(営業成績に年収が左右される保険会社の営業職など)は評価が低い

信用情報

信用情報とは、過去に利用したローンやクレジットカードなどの金融商品の契約状況や、その借入・支払状況などのことです。
これらは信用情報機関で管理されており、プロミスなどの金融業者はかならず信用情報機関に加盟しており、審査で申込者の情報の照会をしています。

具体的には、

・他社から借入があるか?
・過去に返済遅延など返済トラブルがないか?
・債務整理をしたことがあるか?
・住宅ローンなど他の金融商品を利用しているか?

などがチェックされます。

特に、注意が必要なのは、他社からの借入と返済トラブルです。

1)他社からの借入

すでに他の消費者金融などからお金を借りている場合、その借りているお金も含めて総量規制の対象となります。

つまり、年収300万円の人がすでに他社で50万円かりている場合、
年収300万円×1/3(総量規制) = 100万円‐他社からの借入50万円 = 50万円 という計算になり、プロミスで借りられる金額の上限は50万円となります。

すでに年収の3分の1を他社で借入している場合には、プロミスでの借入はできません。

2)返済トラブル

過去に返済遅延を繰り返していたりなど、返済トラブルがある場合は、利用限度額が低くなる可能性が高いです。そもそも返済トラブルがある場合は審査に通過できないこともあるので注意してください。

要するに、お金を貸しても返してくれなさそうな人には大金は貸すことができないってことです。

以上のようなポイントを見て、申込者毎に利用限度額が決められます。では、年収が高く、属性スコアリングの評価も良ければ、希望通りの金額を借りることができるのでしょうか?

残念ながら答えはノーです。

十分な年収があったとしても「お金を借りる=今お金に困っている」ということですよね。なのでプロミスとしても、いきなり数百万円貸しても返してもらえない可能性が高いと考えます。

そのため、初めてプロミスを利用する人の利用限度額は50万円以下がほとんどです。

初めて利用する際の希望借入額の上限は、50万円と思っていいと思います。

プロミスカードローン公式サイトへ

総量規制を考えると年収の3分の1まで通る?

すでに上記で答えは出ていますよね。答えはノーです。

上記でも説明しましたが、利用限度額は、総量規制だけではなく、属性スコアリングや信用情報なども加味して決められますし、また、初回の希望借入額の上限は50万円以下のことがほとんどです。

なので、たとえ総量規制の範囲内であっても、年収の3分の1の上限金額まで借りることは難しいと思っていた方がいいでしょう。

基本は借入希望額上限を10万円~20万円程度にしておくべき

では、逆に、50万円までならだれでも借りられるのでしょうか?

貸す側としては、申込者が「きちんと返済する能力があるか」ということが審査の重要なポイントです。なので、これくらいだと返済が滞りなく行ってもらえるだろう、と考えられる金額が限度額として設定されることが多いです。

もちろん年収や雇用形態、他の借入はないかという点など総合的に判断はされますが、最初は少ない金額からの方が貸す側としても安心するものです。

借入希望額は申込の段階で記載しますが、あくまでも希望です。実際の限度額は審査で決められ、大体の場合その通りになることはないないので、いくらに設定しても関係ないのでは?ダメもとでも高い方がいいのでは? と思ってしまがちです。しかしながら、審査に通りたいのであれば、低めに設定することをオススメします

なぜなら、申込者がいくらの借入を必要としているかは、審査をするうえで重要になってくるからです。
「高額な借入を希望する=今すごくお金に困っている」と考えるからです。借入希望金額が高いと、それだけお金に困っているという印象を与えるため、審査に通りづらくなります。

高額な借入を希望して審査に落ちては本末転倒です。まずは審査に通ることが最優先です。最初の契約時には、年収の3分の1いっぱいいっぱいまで借りようとしない方が良いです。

よって、借入希望額は10万円~20万円程度にしておくことをオススメします。

利用限度額はあとから増額することもできます。

後から変更することもできるんです。限度額の変更は、カードローンの会社から限度額を上げませんか?と連絡が来たり、自分で限度額を上げる申請をしたりします。もちろん審査もありますが、変更することは可能です。

カードローンの実際の利用者によると、契約してから半年や一年で限度額を上げることができると連絡が来た人など、限度額が上がるまでの期間も様々であるようです。

審査に落ちてしまってはどうしようもありませんが、契約できればいずれ限度額を増やすことができます。増額できるまでの契約期間は会社によって異なりますが、プロミスでは、遅れることなくしっかり返済していれば、増額できる可能性も高いですよ。

ですので、最初にそこまで高額な金額が必要でなければ借入希望額は10万円〜20万円に設定しておきましょう。

まとめ

これらのように、プロミスでは借入希望額を高くすると審査に通りにくくなる場合があるので、必要最低限の金額から借りるようにしましょう。

最初は借入希望額の上限を10万円〜20万円にしておくのがおすすめです。

・利用限度額は年収の3分の1まで
・但し、利用限度額は、総量規制、属性スコアリング、信用情報で決まる
・他社からの借入がある場合は、その金額も合わせた合計が年収の3分の1まで
・プロミスを初めて利用する場合の利用限度額は大体50万円まで
最初から借入希望額を高くすると審査が通りにくくなる場合がある
・その為、借入希望金額の上限は10万円〜20万円にするのがおすすめ
・利用限度額はあとから増額も可能

プロミスカードローン公式サイトへ

シェアはこちらから

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする