1. ホーム
  2. 金融基礎知識
  3. ≫【検証】カードローンの利息とリボ払い手数料はどっちが損?計算してみた結果…

【検証】カードローンの利息とリボ払い手数料はどっちが損?計算してみた結果…

クレジットカードを利用したことがある方ならわかると思いますが、現金がなくても買い物できるのでとっても便利な反面、使いすぎてしまうこともよくあるかと思います。

クレジットカードを使いすぎてしまって支払額が予想以上に膨れ上がってしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

貯金があれば問題ありませんが貯金がない場合の選択肢としては、カードローンなどでお金を借りて充当するか、リボ払いに変更するかのどちらかが思い浮かぶかと思います。

カードローンでお金を借りる場合もリボ払いにする場合にも利息や手数料がかかるのですが、どちらの方がお得なのでしょうか?

カードローンの利息とリボ払いの手数料についてご紹介します。

余分に払ってしまったお金が戻ってくるかも!

過払い金返還

▼無料診断(30秒)を試してみる▼

リボ払いとは

リボ払いとは、正式にはリボルビング払いと言い、クレジットカードの支払い方法の一つです。

クレジットカードの支払い方法には、一括払いやボーナス払い、分割払いと様々な支払い方法があります。その中でリボ払いというのは、毎月の支払額をあらかじめ決めておいて、その金額を毎月カード会社に払うという支払い方法のことです。

リボ払いの金額は、残高に応じてカード会社が設定している場合もあれば、ユーザーが自分で金額を設定できる場合もあります。また最近では、クレジットカードを利用した際に、あらかじめリボ払いを選択していなくても、あとからリボ払いにできるというサービスもあるので、支払額が予想以上に膨れ上がってしまった場合にリボ払いに変更るという方も多いんです。

分割払いとリボ払いの違い

リボ払いって分割払いとどう違いの?とリボ払いと分割払いの違いがよくわからないという方もいらっしゃるかと思いますので、まずはその違いをご説明します。

違いを簡単に言うと、

分割払い・・・最初に支払回数を決める。月々の支払金額が変わる
リボ払い・・・最初に月々の支払金額を決める。月々の支払金額が変わらない

となります。

具体的に説明すると、例えば3万円の買い物をしたとします。分割払いの場合はまず支払い回数を決めます。仮に支払い回数を3回の分割払いにしたとすると、月々の支払額は1万円と手数料になります。買い物した金額が30万円で3回の分割払いにした場合は、月々の支払額は10万円と手数料になります。

このように分割払いは、最初に支払い回数を決めるので、購入金額によって月々の支払い金額が変化します。

リボ払いとは?

一方でリボ払いはというと、最初に支払額を決めるため、購入金額に関わらず月々の支払額は一定です。つまり1万円の買い物をしたとしても30万円の買い物をしたとしても、月々の支払額を5000円と設定していた場合は、月々の支払いは5000円と手数料になります。どんなに買い物をしたとしても、月々の支払額は一定となります。

カードの支払い額が多くなった。どうする?

クレジットカードを使いすぎてしまって支払額が予想以上に膨れ上がってしまった場合の対処法として、カードローンを利用する方法とリボ払いを利用するという2つの選択肢があった場合、あなたならどちらの方法を選びますか?

きっとリボ払いを選ぶ人の方が多いのではないかと思います。

リボ払いは手数料がかかるとわかってはいても、「カードローンよりは負担が軽そう」「借金したくない」と思う方が多いのではないでしょうか。

しかしながら、「カードローンよりもリボ払いの方が負担は少ない」と思うのは実は間違っているんです。リボ払いの手数料についてご紹介します。

リボ払いとカードローンの金利

リボ払いの金利は、一般的に15%が多いです。

それに対しカードローンの金利は、各社で異なりますが、下記のようになっています。

会社 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
M銀行 2.0%~14.0%
MU銀行 1.8%~14.6%
MS銀行 4.0%~14.5%

カードローンの場合は借入限度額によって金利が変動するのですが、一般的には借入限度額が100万円以下の場合には上限金利が適応されます。ですので上限金利で比較をすると、消費者金融系のカードローンの金利よりはリボ払いの方が金利は低いと言えますが、リボ払いよりも銀行カードローンの方がより金利が低くなっています。

仮に10万円を1か月間(30日間)借りた場合の利息を比較すると、下記のようになります。

会社 金利 1ヶ月分の利息
M銀行 14.0% 1151円
プロミス 17.8% 1480円
リボ払い 15.0% 1233円

10万円借入した場合、金利が1%あがると1ヵ月の利息は82円上がるということになります。これだけみるとそんなに大きな違いはないように思いますが、借入額は増えるほど、返済期間が長くなるほど利息の差が大きくなるので注意が必要です。

金利よりも月々の返済額に注意

金利のご紹介をしましたが、実は利息総額の大小は、金利よりも毎月の返済額の方が影響が大きいので注意が必要なんです。

利息(リボ払いの場合は手数料と呼ばれる方が一般的)の計算方法は下記のようになります。

リボ払い・・・利用残高×金利÷365日×30日(毎月一定額、30日ごとに返済)
カードローン・・・元金×金利÷365日×日数

20万円をリボ払いする場合と、カードローンで借入した場合の利息を比較すると・・・

★リボ払い・・・金利15%の場合

毎月1万円支払う場合 毎月5000円支払う場合
支払回数 利用残高 利息(手数料) 支払回数 利用残高 利息(手数料)
1 200,000 2,466 1 200,000 2,466
2 190,000 2,342 2 190,000 2,404
3 180,000 2,219 3 180,000 2,342
4 170,000 2,096 4 170,000 2,281
5 160,000 1,973 5 160,000 2,219
20 10,000 123
40 5,000 62
合計 25,890 50,549

毎月1万円支払う場合は、20回で完済することになり、利息(手数料)総額は25,890円、毎月5000円支払う場合は、40回で完済することになり、利息(手数料)総額は50,549円になります。

★カードローン・・・金利18%の場合

借入日数 利息
30(1ヵ月)日間 20万円(元金)×18%(金利)÷365日×30(日数)=2,959円
90(3ヶ月)日間 20万円(元金)×18%(金利)÷365日×90(日数)=8,877円
180日(半年)間 20万円(元金)×18%(金利)÷365日×180 (日数)=17,753円

リボ払いの場合は、借入残高に対して手数料がかかるため、月々の返済額が少ないと利用残高はなかなか減らず、残高が多ければ多いほど手数料の金額は高くなります。さらに月々の返済額が少ないとその分支払い回数は多くなるので、利息総額が大きくなってしまうんです。

毎月1万円支払うより毎月5000円支払う方が、毎月の負担額は少なくて一見楽なように思われますが、利息総額は2倍にもなってしまうんです。

一方で、カードローンの返済をボーナスで一括返済するとした場合、1ヶ月後であったら利息は3千円程度、仮に半年先のボーナスで返済したとしても利息は18,000円程度と、リボ払いに比べて利息総額は少なくて済むんです。但し、カードローンでも長期で返済すると金利負担が大きくなるので、注意が必要です。

リボ払いのメリット・デメリット

リボ払いのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット デメリット
・毎月の支払額が一定
・いつでも繰り上げ返済ができる
・手数料が高い
・返済期間が長期化しやすい
・知らない間に利用金額が膨れあがる

リボ払いのメリットは?

リボ払いの一番のメリットはやはり、毎月の支払額は一定という点です。

毎月の支払額が一定だと家計の管理もしやすく、計画的にお金を使うのが苦手な方には嬉しい点です。また、意外と見落とされがちですが、リボ払いはいつでも繰り上げ返済することができます。繰り上げ返済とは、毎月一定の支払額とは別に、自分が余裕がある時に好きな金額だけ前倒して返済することです。繰り上げ返済すればその分返済期間が短く済み、結果手数料を安く抑えることができます。

リボ払いのデメリットは?

リボ払いにはデメリットもあります。それは手数料が高いという点です。

毎月一定額返済していればいいわけではなく、そこには手数料が発生します。いわゆる利息です。しかもクレジットカードの支払いは銀行引き落としにしている方がほとんどだと思うので、手数料も引き落とされているということに意外と気付いていない場合があるんです。月々の支払いが一定のため、利用額が増えても返済額は変動しないので、利用額が増えれば増えるほど返済期間が長くなってしまいます

また、月々の支払いが一定であるために、使い過ぎに気付かず、知らない間に利用総額が膨らんでしまうというデメリットもあります。知らない間に自分の返済能力を超えた借金を背負ってしまい、自己破産や債務整理を行わざるを得なくなったなんて方も少なからずいるんです。リボ払いを利用する=借金をしているという自覚を持って気を付けて利用するようにしましょう。

おすすめの支払い方法

クレジットカードを使いすぎてしまって支払額が予想以上に膨れ上がってしまった場合の対処方法としてリボ払いを選びがちですが、リボ払いは返済が長期化し手数料が膨れあがるというデメリットがあるので、リボ払いよりはカードローンをおすすめします。

カードローンと言っても様々なカードローン会社がありますが、一番のおすすめはプロミスです。おすすめの理由は、プロミスには30日間無利息サービスがあるからなんです。

初めて利用する方に限るのですが、通常であればお金を借りている間1日ごとに利息が発生していくところ、プロミスでは30日間は利息ゼロ円、つまり30日間ただでお金を貸してくれるんです。リボ払いで高い手数料を払うよりも、プロミスでお金を借りれば30日分の利息がかからずおトクなんです。

★プロミスカードローンのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

★3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります

※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

▼女性オペレーター対応が良い場合はこちら▼

プロミスカードローン[レディース専用]公式サイトへ

まとめ

リボ払いとは、クレジットカードの支払い方法の一つです。毎月一定の金額を支払えばいいので、毎月の家計の負担が少なくて済むというメリットがあるのですが、手数料が高いというデメリットがあります。しかも手数料は残高に応じて計算されるため、残高が多ければ多いほど手数料の金額が大きくなります。残高がなかなか減らず支払いが長期化し、支払総額が高くなりがちです。

リボ払いで高い手数料を払うのに比べたら、カードローンの無利息サービス等も上手に活用して借換えするという方法もあります、オススメです。一度、お得な方法を探してみください。

リボ払いは、毎月の支払額を決めておいてその金額を払うという方法
・後からリボ払いに変更できるサービスもある
・メリットは支払額が毎月一定であること
デメリットは手数料が高く、返済が長期化しやすい
・リボ払いは残高に応じて手数料が発生する
・リボ払い月々の返済額をいくらにするかによって手数料の総額が変わる
・プロミスは30日間無利息サービスがあるのでおすすめ

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする