1. ホーム
  2. 金融基礎知識
  3. ≫【注意】クレジットカードのキャッシングも総量規制対象!審査時にバレる?

【注意】クレジットカードのキャッシングも総量規制対象!審査時にバレる?

クレジットカード キャッシング

生活費や旅費など、急にお金が足りない時に便利なのがクレジットカードのキャッシングです。最寄りのコンビニATMより手軽にキャッシングできるのが良いところ。そんなクレジットカードでは幾らまでキャッシングできるのでしょうか。

貸金業法という法律の総量規制により、個人の借入額は制限されています。制限されているというのは、実際、幾らまで借入できるのでしょうか。また、クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になるのでしょうか。詳しくご紹介します。

クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象

クレジットカードには、店頭やネット等で商品を購入するときに使うショッピング枠と、現金を借りてくるキャッシング枠の2種類あります。

それでは、このショッピング枠とキャッシング枠では適用される法律が変わるのをご存知ですか?ショッピング枠は割賦販売法が適用されるため、総量規制の対象外です。しかしながら、キャッシング枠は貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となります。

ちなみにクレジットカードにキャッシング枠を付けただけでは総量規制の対象にはなりません。キャッシングした時点で総量規制の対象となる仕組みになっています。

総量規制により年収の3分の1まで

総量規制の対象になると幾らまで制限されるのでしょうか。年収3分の1までですね。つまり、300万円の年収があれば100万円まで、600万円の年収があれば200万円までとなります。

キャッシング枠の上限

それでは、単純に年収3分の1までキャッシングできるのでしょうか。そうではありません。クレジットカードの公式サイトにてキャッシング枠の部分を確認してみて下さい。

キャッシング枠X万円~Y万円という表記があるのに気づかれたことはありますか。

このクレジットカードのキャッシングはY万円が上限という事です。例えばAカードのキャッシング枠は0万円~50万円となっています。その場合、キャッシングの上限は50万円ということですね。カード毎に上限があるので、それ以上はキャッシングできません

年収が少なく他社借入が多い方は注意

総量規制により、年収が少なく他社からの借入が多い方は、クレジットカードのキャッシング額が少なくなる可能性があります。例えば年収300万円でも他社借入が80万円あると、クレジットカードのキャッシングは残りの20万円までとなります。

年収240万円で他社借入70万円という場合だと10万円しかキャッシングできません。他社借入の状況によっては、キャッシング枠の上限一杯まで利用できない事もあります。

年収を多めに他社借入を少なめに申告して申込むのはバレるの?

一般カードの審査ではアルバイトやパートの収入でも比較的通りやすいです。中には専業主婦や学生でも申込みできる一般カードがあります。しかし上位ランクになるほど、クレジットカードの審査は厳しくなるのが基本です。

収入が少なすぎたり、他社借入が多すぎると、一般カードの審査にも落ちてしまう事があります。そんな時でも、審査に通そうとして、ウソの年収やウソの他社借入金額を申告してはダメです。なぜウソの申告をしてはダメなのか。それはウソがバレるからです。

ウソの年収を申告してもバレる理由

クレジットカードの入会申込み時にキャッシング枠を希望すると収入証明書(源泉徴収票や給与明細書など)の提出が求められます。しかし次の条件の場合、収入証明書は不要になることがあります。

・借入希望額が50万円以下
・借入希望額と他社借入の合計50万円以下

収入証明書が不要ならウソの年収を申告してもバレないと思いますよね。しかし職業や勤務先、勤続年数など、他の勤務先情報でおよその年収が分かるのです。極端な例でいうと勤続年数1年未満のアルバイトなのに、年収300万円以上あると不自然ですよね。

勤務先への在籍確認は行われる?

クレジットカードの審査では勤務先への在籍確認(電話連絡)がスルーされる事が多いです。しかし不自然な申告があると在籍確認が行われる可能性がありますので、勤務先のウソの申告も行わないほうが良いでしょう。

ウソの他社借入を申告してもバレる理由

クレジットカードの審査では個人信用情報も確認しています。個人信用情報では、次のような情報が記録されています

・本人の情報(氏名や住所、生年月日など)
・契約内容の情報(貸付日や貸付金額など)
・返済状況の情報(入金日や残高、完済日など)
・取引の情報(債務整理、強制解約など)

返済状況の情報の中に残高という文字がありますよね?ウソの他社借入を申告しても、個人信用情報からすぐにバレてしまいます

複数のキャッシングで年収3分の1を超えるとどうなる?

複数のカード契約中に借入残高が年収3分の1を超えるとキャッシング枠がどうなるのでしょうか。年収3分の1を超えると以下のような影響が出る恐れがあります。

キャッシング枠の減額や新規キャッシングが停止される

一つはキャッシング枠が減額される可能性です。例えば50万円のキャッシング枠が20万円や10万円までに減額される可能性があります。2枚以上のクレジットカードでキャッシングすれば総額で幾らなのか分からないのでは?と思いますよね。

しかしクレジットカードの更新時にも個人信用情報への確認が行われるため、総額で幾らキャッシングしているのか分かってしまいます。利用状況によっては新規キャッシングが停止される可能性もあります。

収入が無い専業主婦はキャッシングできるの?

総量規制があるため、収入の無い専業主婦だとお金が借りられない…と思いますよね。しかし、専業主婦はクレジットカードでキャッシングすることができます。

総量規制にも例外がある

「配偶者と合計した年収3分の1以下の貸付」は総量規制の例外になります。キャッシングができます。例えば夫の年収が300万円、妻は専業主婦のため年収0の場合、夫と妻の合計年収は300万円になりますよね?300万円の3分の1である100万円以下であれば専業主婦でも借りられるという事です。

総量規制対象外のクレジットカードはあるの?

実はキャッシング枠であっても、総量規制対象外となるクレジットカードがあります。どんなクレジットカードが総量規制対象外となるのでしょうか。

銀行が発行するクレジットカード

銀行は貸金業者ではありません。銀行は、銀行法という法律に沿った業務を行っています。銀行が発行するクレジットカードのキャッシング枠であれば総量規制の対象外となります。

総量規制にかかりそうな時はどうする?

総量規制にかかりそうだけど何とかしたい…という方のためにはどの様にしたらよいのでしょうか。他社借入がある方は返済するのが一番の解決策です。クレジットカードからキャッシングする事を考えるのではなく、まずは返済を優先させましょう。

キャッシングやカードローンではATMより追加返済できるものが多いです。コンビニATMと提携しているキャッシングやカードローンなら、お買い物ついでに返済できます。

まとめ

クレジットカードのキャッシングは、総量規制によって、個人の年収の金額に大きく関係します。新規でクレジットカードを発行するとき等、審査を受ける時は年収や他社借入は勿論の事、全ての項目で正直に申告する事が大切です。一度、信用を失うと、今だけでなく将来にもわたり、取引ができなくなる可能性が高いです。バレることが明らかなことは、必ず止めましょう。

・クレジットカードのキャッシングは総量規制により、年収の3分の1までに制限
・申込み時にウソの年収、ウソの他社借入金額を申告してもバレる
銀行が発行するクレジットカードのキャッシングは、基本、総量規制の対象外
・他社借入が多い方はなるべく返済する

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする