1. ホーム
  2. アコム
  3. ≫アコムの金利引下げ交渉はいつから可能?知らないと利息で損をしているかも…

アコムの金利引下げ交渉はいつから可能?知らないと利息で損をしているかも…

アコムのカードローンは、気軽にお金が借りられるとっても便利なサービスです。アコムから借入した後は元金に利息を付けて返済する事が必要です。利息分は借入額や金利、借入日数などによって変わります。

実際に利用して、毎月返済する際に気になるのは利息です。金利が低いほど利息分の負担が減りますが、金利が高いほど利息分の負担が増えていきます。

できることならなるべく利息を少なくしたいというのが本音ですよね。

アコムの利息を少なくする方法があるのでしょうか?

アコムの金利はどの位?

利息とは、お金を借りたお礼に払うお金のことで、金利とは、その利息を計算するための料率のことです。金利は一般的には年率、つまり1年間お金を借りた場合に発生する利息の割合で表されています。

アコムでは最小から最大までの金利を設定しています。最小は年3.0%、最大は年18.0%の設定です。この範囲で審査によって金利を決定してます。

アコムではインターネットでお申し込みができます

ホームページの申し込みフォームにアクセスするとお客さま情報やご自宅情報、お勤め先情報などの入力欄があります。アコムではこれらの属性に点数を付けていくスコアリング審査を行っています。

アコムの金利は、3.0~18.0%です。
つまり借りた金額に対して、3.0~18.0%の利息を払う必要があるということです。

例えば、10万円を金利18%で借りた場合の利息がいくらになるかと言うと・・・
1年間借りた場合 10万(元金)×18%(金利)=18000円(利息)
30日間借りた場合 10万(元金)×18%(金利)÷365日×30日(日数)=1479円(利息)
という計算になります。

基本的には借入額の金額によって適応される金利が異なります。実際の金利は、借入額の金額だけではなく、利用者の評価によって決定されます。
基本的には最初は、限度額も少額で最高金利が適用されます

なるべく最小の金利で借入したいところですが、審査に通っても最初は最大の金利18%が適応されることがほとんどになっています。点数の低すぎる人は審査落ちする可能性が高くなり、借入自体ができません。

利息制限法によって上限の金利が定められている

アコムの金利は上記でご紹介しましたが、他の主な消費者金融の金利もみてみましょう。

アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 4.5%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%

各社ともそれほど大きな違いはなく、ほぼ同じくらいの金利になっています。

なぜ各社同じくらいの金利なのでしょうか?もし、金利が他社より低ければそこで借りたいと思いますよね?
貸す方もなるべくたくさんの方にお金を借りてもらった方がいいので、金利を低く設定すれば借りる人も多くなるんだから、他社より低い金利を設定すればいいのに・・・なんて思ったりもしますよね。

ですが、実は、この金利というのは「利息制限法」によって定められているんです。
利息制限法とは、お金の貸し借りの際における利息の利率を一定限度に制限するという法律で、具体的には以下のように定められています。

借入額10万円未満・・・年20%まで
10万円以上100万円未満・・・年18%まで
100万円超・・・年15%まで

このように、借入額によって区分されて上限利率が設定されていて、各消費者金融はこの法律に沿った金利を設定しなければならないんです。
ただし、上限の範囲であれば各社自由に設定はできるのですが、あまり低い金利を設定すると消費者金融としては自社の利益が減ってしまうので、各社それほど差がない金利が設定されています。

限度額の増額を行う

利息や金利がどのようなものかは上記でご説明しましたが、気になるのは利息を少なくする、つまり金利を下げることができるのか?また、どんな方法があるのか?ですよね。

金利は各社ともほぼ同じ水準になっていますし、そもそも利息制限法で定められているなら、金利を下げるなんてできないのでは?と思ってしまいますよね。
でも実は、金利は条件によっては下げることが可能なんです!
その方法は、「限度額の増額」です。

金利は利息制限法で定められていると言いましたが、ポイントは「借入額の金額ごとに上限が定められている」という点です。

アコムの金利は3.0%~18.0%と言いましたが、実際には、下記のように限度額によって細かく分かれています。

100万円未満 7.7~18.0%
100万円以上300万円未満 7.7~15.0%
300万超500万円未満 4.7~7.7%
500万円超800万円 3.0~4.7%

つまり、限度額を増額すれば、おのずと金利も下がるということなんです。

ここでひとつ注意があります。
限度額の増額には増額審査があります。増額したいと言えばしてくれるわけではなく、増額審査に通過してはじめて増額が可能となるので、そこは注意してくださいね。

金利を下げてもらえるように交渉する

限度額を増額すれば金利が下がるのはわかりましたが、それには増額審査があります。他に何か方法はないのでしょうか?

実は限度額の増額以外にも方法があります。
それは、金利を下げてもらうように自分から交渉することです。
もちろん、交渉をしたからとって必ず下げてくれるわけではありませんが、以下の条件のいずれかに該当するのであれば、交渉してみる価値はあります。

金利を下げてもらいやすい人の条件

・利用期間が長い
・借入額が多い
・返済遅延がない(遅延したとしても事前連絡あり。遅延してもすぐに返済あり)
・安定した職業に就いている(公務員や正社員)
・アコムから増額の連絡が来た人
・一定以上の利用実績がありきちんと約束を守って返済している人
・他社からの借入額が少ないまたはゼロの人
・新規申し込み時より信用力や支払能力が高くなった人

これらのうちすべて、もしくはいずれかの条件に当てはまっていればアコムにとっての優良顧客と言えます。優良顧客であれば、金利の引き下げ交渉をしてみる価値がありますよ。

ではなぜ優良顧客だと金利を下げてくれるのでしょうか?
その理由は、他社に借り換えられないようにするためなんです。

そもそもアコムの利益はどこにあるかというと、利息です。
たくさんの人、たくさんの金額お金を貸して、その利息がアコムの利益となります。
つまり優良顧客とは、アコムでたくさん借入をして、毎月きちんと利息分も含めて返済してくれる人のことで、優良顧客が利用してくれれば、アコムには継続的に利益が入ります。
ところが、もしこの優良顧客に別の消費者金融へ借り換えられてしまったらどうでしょう。アコムの利益がなくなってしまいます。
なので、アコムとしては「毎月の利益が減る=金利を下げた」としても長い間使い続けてもらったほうが利益があるのです。

つまり、金利を下げてもらいたいのであれば、アコムからそう思われるような利用者=優良顧客になれば良いということですね。

優良顧客と思われる条件は上記に記載しましたが、特に返済遅延には気を付けましょう
たとえ毎月返済をしていたとしても期日に何度も遅れていては優良顧客とは思ってもらえません。

たとえ1日でも、遅延に気づいたらすぐにアコムに連絡して、「返済の意思はあるけどうっかり忘れてしまった」ことと「謝罪の意思」を伝えましょう。誰にでもうっかり忘れることはありますが、それが積み重なるとアコムからは信用してもらえなくなり優良顧客とは思ってもらえません。

もし仮に、どうしても返済期日までにお金を用意できなく遅延しそうなのであれば、事前にアコムに相談しましょう。返済期日を伸ばしてもらえたり、返済回数を増やすことで最低返済金額を下げてくれたり等の対処をしてくれる場合もあります。

返済の意思と返済の能力があるとアコムに思ってもらうことが大切なんです。

金利引き下げ交渉の絶好のタイミング

アコムのカードローンを一定期間利用していると、利用限度額を増額しませんか?という案内が来ることがあります。実はこの時が金利の引き下げを交渉する絶好のタイミングなんです。

なぜかと言うと、利用限度額を増額しないかとアコムから連絡が来るということは、アコムが優良顧客と認めたと言えるからです。

アコムが優良顧客と認めてくれたとはっきりとわかるので、もしそのような案内がきたら、金利の引き下げ交渉のチャンスです!

増額の案内の際にアコム側から金利引き下げの提案をしてくれる場合もありますが、金利引き下げの提案がもしなかったとしても、他の時よりも交渉が通る可能性が高いのでぜひ交渉してみましょう。

交渉する時の注意点

金利を下げてもらう交渉をする際にもいくつか注意点があります。ただ単に「金利を下げていただけないでしょうか?」と言っても下げてくれることはほとんどありません。どんなことに注意をして交渉したらいいのかご紹介します。

・高圧的な態度や横柄な言葉遣いをしない
・「返済が厳しいから・・・」という相談の仕方はNG
・金利を下げてもらえれば今後もアコムを継続利用したい旨を伝える
・他社の利用を検討している旨を伝える

まずはじめに、金利引き下げの相談はアコムの総合カードローンデスクに電話をしましょう。店頭窓口でスタッフに相談する方法もありますが、窓口に行っていきなり金利の引き下げを相談をしても断わられる場合がほとんどなので電話がオススメです。

また、電話対応してくれるオペレーターも人間です。相手に不快な思いをさせてしまってはまともに話も聞いてもらえません。なので、態度や言葉遣いには十分注意しましょう。あくまでも立場としては下手にでないといけません。

さらに「返済が厳しいので金利を下げていただけませんか?」という相談の仕方はおすすめしません。なぜかと言うと、返済能力に問題があると思われてしまうからです。
あくまでもアコムにとって優良顧客であり、金利を下げた方がアコムにとってメリットがあると思ってもらわないといけないのです。

無利息サービスを利用する

利息を少なくするために金利を低くする方法をご紹介しましたが、アコムを長く利用していることが前提になります。では、アコムを初めて利用する場合に利息を少なくする方法はないのでしょうか?

「初めて利用する人」におすすめなのが「無利息サービス」です。その名のとおり利息が0円でお金が借りられるサービスで、しかも初めて利用する人限定のサービスなんです。

アコムでも「30日間金利0円サービス」というサービスを行っており、条件はたったの2つ!

・アコムの利用が初めての方
・返済期日「35日ごと」で契約

この2つの条件さえ満たせば、契約の翌日から最大30日間、利息0円でお金が借りられるんです。

期間内に返済すれば、利息0円でお金を借りたことになるのですから、初めてアコムを利用する方でしたら、利用しない手はないですよね。

借換え専用ローンを利用する

複数の会社からお金を借りている方で金利を低くしたい場合にオススメな方法があります。それは借り換えローンです。

会社によっては、借り換えローンやおまとめローンと言われているもので、複数のローンを1本にまとめることにより管理をしやすく、毎月の返済負担を減らすためのローンのことです。アコムでは「借り換え専用ローン」と言われています。

例えば、A社で金利18%で30万円、B社で金利18%で40万円、C社で金利18%で50万円を借りていたとします。1社で借りている額は少額なので、適応されている金利は各社とも最高金利になっています。

では、この3社分を1本にまとめてアコムの「借り換え専用ローン」に借り換えるとどうなるでしょうか。借入額の合計が30+40+50=120万円となり、最高金利が適応されたとしても15%で借入することができます。金利が18%から15%になるので、毎月の利息がかなり軽減されますよね。

このように借り換えすることによって金利を低くすることが可能になるんです、なので、複数社から借入している方にはオススメですよ。

また、アコムの借り換えローンは総量規制の対象の例外貸付です。
総量規制の例外貸付とは、総量規制の対象にはなるのですが、年収の3分の1までという規制に含まれない貸付になります。
つまり、年収の3分の1を超える金額でも借入できる可能性があるので、まとまったお金が必要な方は検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

アコムのカードローンはお金を借りるのに手軽でとっても便利なサービスですが、利用するならなるべくお得に借りたいですよね。お得に借りる一番の方法はアコムの優良顧客になることです。優良顧客になってお得にお金を借りましょう。

・アコムの金利は年3.0%~18.0%
・金利は利息制限法で借入額により上限が定められている
・金利は借入額によって異なる
・金利は引き下げ可能
・借入額を増額すれば金利が下がる
金利引き下げ交渉は電話で
・利用限度額増額の案内がきたら金利引き下げのチャンス
・優良顧客になるとお得に借りられる
初めての利用なら30日間無利息サービスを利用しよう
・返済遅延はNG
返済遅延しそうな場合は事前に連絡・相談
・借り換え専用ローンで金利を下げる
銀行系カードローンを利用するのもおすすめです。ネットバンク系は無駄な人件費がかかってないのでそこらへんが良くなっています。

楽天銀行カードローンなら金利1.9%~14.5%

★ご入会で楽天スーパーポイント1000ポイントもらえる⇒【楽天銀行】公式サイトへ

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする