1. ホーム
  2. イオン銀行カードローン
  3. ≫【該当者は注意】イオン銀行カードローン審査落ちをしてしまう7つの条件

【該当者は注意】イオン銀行カードローン審査落ちをしてしまう7つの条件

イオン銀行はスーパーなどでもおなじみのイオンのグループ会社で、カードローンも取り扱っています。カードローンを利用してみたいけど、審査に通らなかったらどうしよう・・と審査に関する悩みは尽きませんよね。

事前に審査基準を知りたいところですが、非公開のために一般の人では分かり難いです。今回は、そんなイオン銀行のカードローンについて、カードローンに落ちてしまうのはどんな時なのか、審査のことを詳しく知りたいという方へ、イオン銀行のカードローンの審査に落ちてしまう7つの条件をまとめました。

イオン銀行のカードローン審査に落ちるのは理由があった

イオン銀行のカードローンももちろん審査があり、審査に落ちるのはいくつかの理由があります。イオン銀行が特別審査が厳しいというわけではありませんが、今回まとめた7つの条件のどれかに当てはまる場合は、審査に通るのが厳しいといえます。

その7つの条件はこちらです。これから詳しく説明していきます。

① 金融事故を起こしたことがある
② 他社借入件数が多い
③ 年収の3分の1以上の借入がある
④ 現在の支払い状況がよくない
⑤ 最近、短期間に複数の申込をした
⑥ 属性に問題がある
⑦ 申込条件を満たしていない

① 過去に金融事故を起こしている

これまでに債務整理や自己破産、長期延滞や強制解約になったことのある人は、金融事故を起こしたとしてブラックリストに入っています。ブラックリストの人はほぼ間違いなく審査に通るのは難しいでしょう。

長期延滞とは、61日以上、3ヶ月以上延滞している人のことをいいます。

強制解約は、支払をしていなかったり、これ以上契約の継続が難しいと思われる人が強制的に解約されることです。よっぽどでなければ強制解約されませんので、もし強制解約になった人は審査に通りにくくなります。

記録は5〜10年残る

記録というのは、個人信用情報機関に登録されるものです。クレジットカードやカードローンの会社によって加盟している個人信用情報機関は異なります。イオン銀行は、審査の時には3つの個人信用情報機関に登録されている情報を参照し審査を行います。どの個人信用情報機関も、金融事故の情報は5〜10年記録が残ります。もし金融事故を起こしてしまったら、解決してから5〜10年は審査に通らないと考えておいた方が良いです。

② 他社借入件数が多い

他社借入とは、クレジットカードのキャッシング枠、カードローンの借入、信販会社の目的別ローンのことです。この他社借入件数が多すぎると、多重債務とみなされて審査に通りにくくなります。他社借入件数が多すぎるとたくさん借りなければならない状況なのか、きちんと返済してもらえるのかと思われてしまいます。

1社で長く借りていると限度額アップなどがあるので、その1社だけと契約すれば良いのですが、複数の会社で借りている人は、限度額アップされない何か問題がある人ではないか、ど見なされてしまうこともあります。

3件以上の他社借入は要注意

実際にどれくらいの件数があると、審査に通りにくくなるのかというと、目安は3件です。

現時点で他社借入件数が3件以上の場合、審査に通るのは厳しくなります。借入件数が2件までだと、借入額にもよりますがあまり審査に影響はありません。1件の人はほとんど気にしなくて大丈夫でしょう。3件以上ある場合は、可能であればまとめるなどして、1件でも少なくした方が良いです。

③ 年収の3分の1以上の借入

現在、年収の3分の1程度の借入をしている、もしくは今回借入をすると年収の3分の1以上になる場合は、審査に通らないでしょう。貸金業法で、総量規制という法律があり、年収の3分の1以上の借入はできないと定められているからです。

マイカーローンや住宅ローンなどは含まれませんが、カードローンは総量規制の範囲内でなければ借入を行うことができません。現在借入がある人は、年収と見比べて申込をしても大丈夫かそうでないかを確認してから申込を行うようにしましょう。

銀行のカードローンは対象外でも関係はある

実は、銀行のカードローンは総量規制の対象外で、イオン銀行のカードローンも対象外です。しかし、貸しすぎが問題視されていて、銀行のカードローンの貸付でも年収の3分の1以上は貸さないようにする傾向があります。法律では定められていませんが、銀行も消費者金融のカードローンと同じように、年収の3分の1以上は借入が難しいと思って置いた方が良いです。

④ 現在の支払い状況がよくない

現在契約しているクレジットカードやカードローンの支払い状況も見られます。

例えば長期延滞まではいかなくても、頻繁に短期的な延滞を繰り返していたり、毎月必ず支払いが遅れているという場合も、審査での印象は良くありません。「きちんと支払ってくれる人かどうか」を審査するので、毎月支払いが遅れていると、貸して大丈夫だろうかと思われるのは当然です。

若い人に多いのが携帯電話料金の延滞です。携帯電話は端末を分割で支払っている場合は、ローンを組んでいるのと同じだとみなされます。知らない人が多いので、つい携帯電話料金の優先順位が低くなってしまいがちですが、これも審査に通らない要因となるので注意が必要です。

個人信用情報に載る情報

個人信用情報機関に登録されている内容は、氏名や住所、連絡先や勤務先などに加え、カードローンなどの申込日、限度額、支払状況などが記録されています。また、金融事故などの異動情報も記録されているので、申込の時にウソを書いたり、他社借入額を少なめに書いてもバレてしまいます。信用を失うので絶対にやってはいけません。

自分の個人信用情報がどうなっているのかを知りたい場合は、各個人信用情報機関に請求することで判明します。手数料はかかりますがネットから申込ができますので、気になる人は利用してみて下さいね。

⑤ 短期間に複数の申込をしている

一般的に1ヵ月以内に3社以上の申込みをした人は、申込ブラックと呼ばれています。

カードローンやクレジットカードなど、審査に落ちたからといって何件も申込を行うのはダメなのです。というのも、個人信用情報機関には申込をした履歴が6ヵ月残ります。審査の時に個人信用情報機関に問い合わせれば、申込ブラックであることがわかってしまいます。短期間に何件も申込をするお金に困っている人、または何件申込をしても審査に通らない人と思われてしまいます。

複数の申込をしてしまったという人は、最低でも6ヵ月経過してから申込をするようにしましょう。

⑥ 属性に問題がある

お金を貸す側は、「安定して返済してくれる人」にお金を貸したいのです。正社員や公務員、勤続年数が高い人など、安定して収入があり、返済もきちんとできそうな人が審査に通りやすくなります。

もちろんパート・アルバイトの人でも審査に通りますが、転職が多く、毎回1年未満で辞めているなど安定性に欠ける場合は審査に通るのも難しくなります。パートでも勤続年数が高い場合は、転職を繰り返している正社員よりも安定して収入を得ていると見なされる場合もあります。

入社間もない場合も通りにくい

ローンを組む時は、入社して半年は経っていた方が審査にも通りやすくなります。

入社してまだ1ヵ月、2〜3ヵ月という場合は、今後仕事が続くのか、大丈夫かと思われてしまいます。カードローンだけでなく、クレジットカードなども入社して半年以上経ってから申込をした方が良いですね。

⑦ 申込条件を満たしていない

そもそも申込条件を満たしていない場合は、審査にも通りません。

申込条件とは「20歳以上65歳未満」「日本に在住している(外国人は永住権がある)」「安定した収入がある」というものです。学生は申込ができませんが、主婦の人は配偶者が安定した収入があれば申込ができます。申込条件をよくみて申込をしましょう。審査に通らないと個人信用情報機関に記録が残ってしまうので、もったいないです。

審査に通りやすくするためにすべきことは?

ここまで審査に落ちてしまう7つの条件をお伝えしましたが、審査に通りやすくするためにはどうすればよいのでしょうか。

まず、金融事故を起こした経験のある人は、5〜10年は申込しないようにしましょう。そして他社借入件数を少しでも減らし、できれば完済しましょう。完済したという事実は、プラスに働きます。そして、少しでも勤続年数を増やしたり、年収が高くなるようにすると、審査に通りやすくなります。

イオン銀行カードローン審査基準は厳しい?

イオン銀行カードローンは甘い審査ではありません。ただし、他の銀行カードローンより審査の難易度が低い可能性があります。それは次のような保証会社の関係からです。

保証会社2社のうち、1社から保証が受けられればOK

イオン銀行カードローンの申込み条件に「保証会社による保証が受けられる方」とあります。多くの銀行カードローンで保証会社は1社のみとなっています。

しかし、イオン銀行カードローンではイオンクレジットサービス、オリックス・クレジットと保証会社2社です。保証会社2社のうち、どちらか1社の保証が受けられれば良いため、保証会社1社のみの銀行カードローンより保証を受けやすくなっています。

申込みする際に必須となるもの

イオン銀行カードローンに申込みする際、必須となるのが必要書類です。イオン銀行カードローンでは次のような書類提出を求めています。

本人確認書類が必須

本人確認のために求めているのが、次のような本人確認書類です。

・運転免許証
・パスポート
・在留カード(外国籍の人)
・特別永住者証明書(外国籍の人)

車を運転する人は運転免許証、海外旅行に行った人はパスポートがありますよね。審査によっては健康保険証の提出が求められることがあります。事前に準備してから、イオン銀行カードローンへ申込みすると良いでしょう。

審査結果によっては年収確認書類が必要

その他、審査結果によっては次のような年収確認書類が必要です。イオン銀行から届くメールに必要書類についての記載がありますので、確認しておきましょう。

・前年度の源泉徴収票
・直近3か月以内に発行された給与明細書(2か月分)
・直近の住民税決定通知書

まとめ

カードローンの審査は誰もが不安です。しかし審査に落ちる人には特徴があり、ポイントを押さえておけば審査に通る可能性は十分にあります。

今回の7つの条件のうちどれにも当てはまらなければ、可能性はおおいにあります。誰でも審査に落ちるのは嫌ですよね。カードローンに申込をしたいけど審査が不安という人は、今回の内容を是非参考にして利用してください。

・ 最低でも申込み条件は満たしておく
・ 他社借入が多い人はなるべく減らしておく
・ 過去に金融事故を起こした人は個人信用情報から削除されるまで待つ
正直な情報を申告する
・他社借入件数が3件以上の場合、審査に通るのは厳しい
・入社して半年は経っていた方が審査にも通りやすくなる

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする