1. ホーム
  2. イオン銀行カードローン
  3. ≫イオン銀行カードローンの増額審査で《減枠》に…原因とすぐにできる対処法は?

イオン銀行カードローンの増額審査で《減枠》に…原因とすぐにできる対処法は?

カードローンを利用中に、今の限度額ではお金が足りないということありますよね。そんな時に便利なのは、限度額の増額です。イオン銀行カードローンでは契約後に利用限度額を増額することが出来るようになっています。

しかしながら、限度額の増額は申請すれば誰でも増額されるのではなく、中には増額を申請したのに逆に減額されてしまったなんて方もいらっしゃいます。増額してもらいたくて申込をしたのに減枠になるのは困りますよね。

実は減枠になるのはいくつかの原因があります。原因を知って、最適なタイミングで増額審査の申込をしてください。そして、減枠になってしまったら、今すぐできる対処法で対応してください。

余分に払ってしまったお金が戻ってくるかも!

過払い金返還

▼無料診断(30秒)を試してみる▼

増額審査について

増額の申請をする方は、すでにイオン銀行カードローンを利用している方で、利用する際にすでに審査に通った方になります。すでにカードローンの契約をしているのだから、申請すれば増額してもらえるだろう・・と思われる方が多いと思いますが、増額には再度審査があります

どうしてかというと、増額というのは再度借金を申し込むようなものだからです。しかも、増額と言うのは融資する金額を増やすことなので、融資する側としては初回契約時よりも審査が慎重になります。

増額審査は、初回契約時と同様に、勤務先への在籍確認や、信用情報機関への照会などが行われます。初回契約時と異なる点もあります。それは、これまでの利用実績も審査の対象になるんです。これまで返済期日にきちんと返済していれば問題ないのですが、滞納をしたことがある場合は、審査に落ちてしまう可能性があります。

また、利用状況があまりにも悪い場合には、増額審査に落ちてしまうだけではなく、限度額が減額されてしまったり、利用が停止されてしまう可能性もあります。

カードローンの増額審査で減枠になる原因は?

カードローンは入会する時の審査はもちろん、利用中や増額の申込を行った時も審査が行われます。審査を行った結果、限度額が減枠になるというパターンがあります。なぜ減枠になったのか、これからいくつかの原因についてお伝えしていきますので、当てはまらないか確認してください。

年収に対して多すぎる借入になっている

現在、他社借入と合計(もしくはイオン銀行カードローンのみ)で年収の3分の1程度の借入をしている場合、増額審査には通らない可能性が高いです。というのも、総量規制という法律があり、年収の3分の1以上の借入はできないことになっているからです。限度額が上がることで、年収の3分の1を超える場合も同じです。

ただ、総量規制はという法律は、銀行のカードローンは適用外なので必ずしも審査に通らないというわけではありませんが、難しいと考えておいた方が良いでしょう。

銀行のカードローンも総量規制と同じ傾向がある

銀行のカードローンは総量規制の対象外なのに、なぜ銀行のカードローンまで年収の3分の1を意識しなければならないのかと思いますよね。最近では銀行も貸しすぎが問題になっていて、だいたい年収の3分の1は超えないように意識されています。法律で明確に決まっているわけではないのですが、実は足並みを揃えています。

他社借入件数が増えた

契約当時よりも他社借入件数が増えた場合も、審査に通りにくくなります。審査の時、個人信用情報機関に問い合わせをし、支払状況や他社の借入状況などもチェックされます。その時に他社借入件数が増えていたら「増額してきちんと返済してもらえるのだろうか」と思われてしまいます。

他社借入件数が増えたということは、お金に困っていると見なされてしまうので新たな借入は行わない方が良いですね。

3社以上の借入は要注意

他社借入件数はどのくらいが要注意なのかというと、だいたい他社借入件数が3件以上だとよくないとされています。イオン銀行カードローンの他に3社以上あると、あまり良くありません。イオン銀行のカードローンの他に1件ぐらいなら気にする必要はなく、2件なら借入額に注意しておきましょう。

他社借入とは、カードローン、クレジットカードのキャッシング枠、信販会社の目的別ローンなどのことです。住宅ローンやマイカーローンは含めなくても大丈夫です。

支払状況や返済状況がよくない

イオン銀行カードローンはもちろんのこと、他のカードローンやクレジットカード、携帯電話の支払状況にも注意が必要です。審査の時に問い合わせをする個人信用情報機関は、ローン契約をしているものは全て登録される仕組みです。問い合わせをすれば、契約金額や申込日なども知ることができ、当然ローンの支払状況も確認できます。

イオン銀行のカードローンだけきちんと支払っていれば、増額審査には受かるというわけではありませんので、他の支払状況が悪いと減枠の一因となってしまいます。

携帯電話やクレジットカードの支払にも注意

携帯電話の料金がなぜ関係あるのかと思いますが、最近は携帯電話を分割で購入する人が多く、その分割がローンに当たるのです。携帯電話料金を滞納するのは、携帯が止まったり他の携帯電話会社で契約できなくなるくらいしか影響がないと思っている人が多いので、きちんと支払うようにしておきましょう。

契約した時よりも年収が下がっている

転職などで年収が下がることもありますよね。もちろん仕方のないことですが、大幅に年収が減る場合は、減枠になる可能性も高いです。年収が減ることによって総量規制の範囲を超えてしまえば、増額はもちろん難しく減枠にもなります。

属性が悪くなった

契約時は正社員で勤続年数も長かったのに、転職してパートになったとか、正社員からアルバイトになったなどという場合は、契約時よりも安定性が減ってしまうので、減枠になる可能性もあります

また、家族と同居から一人暮らしになった場合も少し注意が必要です。同居の時よりも一人暮らしはお金がかかるので、返済に回るお金が減るのではないかと見なされる可能性があります。

増額審査は新規の審査よりも厳しい?

新規で契約する時はもちろん審査がありますが、一般的に増額の審査の方が厳しいと言われています。新規の契約の時は、おそらくきちんと返済してくれると思われる人に貸します。まだお付き合いは始まっていないので、返済実績などはありません。個人信用情報機関などで照会しながら決めていきます。

しかし、増額審査では、契約時からの返済状況が把握されています。増額してもきちんと返済できるのかどうかを慎重に審査されるので、普段からきちんとしていないと審査が難しくなるのです。

増額審査で減枠になったときの対処法

増額審査で減枠になってしまったらどうすれば良いのでしょうか。一番大切なのは、すぐに増額審査を受けないことです。また増額審査を受けようと考えている場合は、最低でも半年は間をあけるようにしましょう。

減枠になったということはここまでに説明してきたような原因があるはずです。どんな対処法が有効なのか説明していきます。

年収の3分の1以上の借入はしない

まず一番は年収の3分の1以上は借入を行わないようにしましょう。再度増額の審査を受けようと考えている場合は、できるだけ返済して増額しても年収の3分の1におさまるようにしておくのが良いです。

完済して他社借入件数を少しでも減らす

他社借入が複数件ある場合は、一つでも完済することが大切です。完済するのは大変なことなので、完済した実績があれば審査の面で有利です。例えば、A社の限度額に少し余裕があれば、A社で限度額いっぱいまで借入をしてB社の完済に近づける方法も有効です。

延滞せずに支払う

現在契約しているカードローンや、クレジットカードや携帯電話料金全て延滞せずに支払いましょう。もちろんうっかり忘れもあると思うので、1回や2回数日の支払いが遅れるということもあるでしょう。数日の延滞が何度かあるくらいではほとんど審査に影響はないので、神経質になることはありませんが、なるべく期日内に支払うようにしておきましょう。

利息だけでなく元金を減らす

毎月利息だけ返済して、余裕がある時に決められた額の返済をするという返し方をしている場合は、利息だけでなく元本を減らすことを意識しましょう。利息だけ支払っていたら永遠に完済はできません

優良顧客になる

イオン銀行カードローンにとっての優良顧客になることで、増額審査にも通りやすくなります。優良顧客とは「毎月きちんと返済してくれる」「何かあれば連絡してくれる」信頼のおける人です。増額しても返済してくれる人、転職や住所変更があったらその都度連絡をくれる人は信用できますよね。増額審査の時に初めて引っ越しをしたことを知った、というのではあまり印象が良くありません。

減枠になったものを元どおりにするのは難しい

一度減枠になると、元どおりの限度額に戻るのは難しいです。減枠になるにはそれなりの理由がありますし、相当条件が良くならなければ元に戻すことは厳しいでしょう。だからこそ、減枠にならないように注意しておく必要があります。

まとめ

増額申請は手軽にできますが、申請すればだれでも増額増額されるわけではなく、再度審査があります。何度も返済を遅延したり、滞納期間が長かったりなど、利用状況が悪いと審査に落ちるだけではなく、場合によっては限度額が減額されたり、利用が停止される可能性もあるので、増額申請の前に審査に落ちてしまうポイントはないか状況を確認して増額申請をするかどうか慎重に判断しましょう。

減枠になると元に戻すのは厳しい
・増額には再度審査がある
・増額審査の際には、初回契約時と異なり、これまでの利用実績も審査対象
・返済の遅延や滞納があると増額審査に通るのは難しい
・増額審査の結果によっては、限度額の減額や利用停止になる可能性もある
・利用期間は6ヶ月以上あることが望ましい
・収入に見合う額とは年収の3分の1が目安
携帯電話やクレジットカードも延滞せず支払う
・他社借入件数は増やさない(3社以上あると厳しい)
減枠になったらすぐに再度増額の申込は行わない

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする