1. ホーム
  2. 保険
  3. ペット保険
  4. ≫補償範囲はどこまで?アクサダイレクトのペット保険の口コミを事前にチェック!

補償範囲はどこまで?アクサダイレクトのペット保険の口コミを事前にチェック!

アクサダイレクトのペット保険 口コミ

犬や猫といったペットを飼われている方にとって、ペットは家族の一員ですよ。そんな家族の一員でもあるペットですが、人間と同じように病気やケガをしてしまうこともあるかもしれません。

人間であれば健康保険に加入しているので、病気やケガをして病院にかかったとしても医療費の負担は少なくてすみます。しかしながら、ペットには人間と違って健康保険がないので、万が一病気にかかったりケガをして治療をうけた場合、治療費は全額自己負担となってしまいます。病気やケガの種類によっては、高額治療や長期治療が必要になることもあります。

そのような場合に備えて、ペット保険に加入していれば医療費をカバーしてくれるのでとっても安心です。近年ペット保険も様々な会社が取り扱うようになってきましたが、今回は、大切なペットを守ってくれる、アクサダイレクトのペット保険の人気の理由と口コミについて調べました。

アクサダイレクト「ペット保険」の口コミ

ねいむ「安心のアクサダイレクト」 星4個4

飼っているペットの種類

アクサダイレクト「ペット保険」を選んだ理由

ペット保険を調べた際に口コミがとても評価が高く、アクサダイレクト。会社の規模も大きいため選びました。。

利用しての感想

アクサダイレクトはペット保険だけでなく、自動車保険や生命保険もあり、保険会社の規模が大きく安心だったため選びましたがとても良いと思います。保険会社が潰れて保険を受けれなかったということをネットで見たことがありますが、そのような心配がないということが私にとっての良い点です。

ベン「保険金支払いについて」 星4個4

飼っているペットの種類

アクサダイレクト「ペット保険」を選んだ理由

入院日額や通院日額の設定ではなく、シンプルでわかりやすいのと、3割負担、5割負担と選択肢があったので!

利用しての感想

実際に保険金の請求を行うまでは、保険がでるのか?不安でしたが、保険金請求をすると、素早い対応に有り難く思います。 遺伝性がどういう事なのか?保険を使うと次年度以降どうなるのか? ずっと保険を使い続けないといけない病気の場合の対応はどうなのか?を詳細に明記して欲しいと思います。

ペット保険とは?

ペットには人間の健康保険のような制度がありません。そのため病気やケガなどで動物病院にかかった場合の治療費は全額自己負担となります。手術や入院、何度も通院となると医療費が高額となるケースも珍しくありません。

1日にかかる平均治療費は通院で8000円、入院だと12,000円、手術だと100,0000円。あくまでも平均なので診察や処置だけの場合は少額の場合もありますが、逆に手術の場合はもっと高額な場合もあります。

病気やケガの治療はしてあげたくても高額な治療でお金がないと、いざという時に治療を受けてさせてあげられないなんてこともあるかもしれません。

しかしながらペット保険に加入しておけば、毎月保険料を支払うことで、万が一の病気やケガの治療の際に補償を受けることができます。治療費がたとえ高額になった場合でも、金額を気にせず十分な治療を受けさせてあげることができますよ。

また、万が一の場合だけではなく、日常でも気になることがあったらすぐに動物病院へ行けるという安心感を持てるのもペット保険の魅力です。

アクサダイレクトのペット保険

アクサダイレクトは、大手損保会社。生命保険や自動車保険など手広く保険を手掛けており、2011年からペット保険にも参入しました。CMもよく流れているので一度位は耳にしたことがあるかと思います。そんなアクサダイレクトのペット保険についてご紹介します。

アクサダイレクトのペット保険は「いぬのきもち保険」「ねこのきもち保険」と言います。保険プランは下記のように2つのプランがあります。

プラン名 補償率 補償範囲 年間支払
限度額
1回の支払
限度額
年間の
限度回数
プラン50 50% 通院・入院・手術 50万円 なし なし
プラン70 70% 通院・入院・手術 70万円 なし なし

医療費の50%と補償するプラン50と、医療費の70%を補償するプラン70の2つです。

例えば1万円の治療費がかかった場合、プラン70に加入していたら保険金として7,000円が、プラン50に加入していたら保険金として5,000円がアクサダイレクトから支払われるというイメージです。

次に、アクサダイレクトのペット保険の特徴をご紹介します。

特徴1:各保険料の設定について

通常のペット保険では、犬は小型犬、大型犬と言った体躯別、猫は全種統一と言うところが多いですが、アクサダイレクトではリスク別に分けており、犬は血統種、ブリード種、ミックス(交雑種)、猫は血統種、ミックスに別れています。

種類 保険料
(プラン50)
保険料
(プラン70)
犬1 チワワ、ミニチュアダックス、トイプードル等 1830円~ 2270円~
犬2 柴犬、フレンチブルドッグ等 2020円~ 2540円~
犬3 秋田犬、ゴールデンレトリーバー等 2210円~ 2810円~
犬4 ブルドッグ、セントバーナード等 2910円~ 3780円~
犬ミックス 雑種、ハーフ犬、ハイブリッド犬等 1570円~ 1910円~
猫 血統種 純血種 1590円~ 1930円~
猫ミックス 雑種 1360円~ 1600円~

犬猫ともにミックスの方が血統種よりも保険料が安く設定されています。

特徴2:1回の支払い金額や支払回数に制限がない

アクサダイレクトのペット保険の最大の特徴は、これではないでしょうか?

多くのペット保険では、「通院の限度額は1日1万円」「手術の限度額は1回あたり10万円」などのように、1回の治療に対して支払われる保険金の上限が設定されています。
これに対し、アクサダイレクトのペット保険では、この1回あたりの治療費に対しての支払い限度額(上限)がなく、年間の合計支払金額に限度額を設けています

年間の限度額は、プラン50は50万円、プラン70は70万円となっており、年間の合計額がこの限度額を超えない限りは一度にいくらでも保険金を受け取ることができます。

1回の支払い金額に上限があると・・

仮に、手術費用として30万円かかったとします。そうすると受け取れる保険金は下記のようになります。

保険内容 受け取れる保険金
保険会社A
補償割合:50%
手術の1回あたりの限度額:10万円
10万円
アクサダイレクト プラン50
補償割合:50%
手術の1回あたりの限度額:なし
15万円

保険会社Aとアクサダイレクトのプラン50の補償割合は50%と同じではありますが、保険会社Aの場合は、手術の1回あたりの限度額が10万円までとなっているため、受け取れる保険金は30万円の手術代の50%である15万円ではなく、10万円となってしまいます。

このように、せっかく保険に入っていても、1回あたりの限度額が設定されていると高額な治療費がかかった場合、上限に引っかかってしまう可能性があります。それに比べてアクサダイレクトでは、1回あたりの限度額が設定されていないため、高額な治療費がかかった場合でも、上限に引っかかることなく最大限の補償を受けることができます

支払い回数の制限があると・・

また、多くのペット保険では「手術は年間2回まで」「通院は年間22日まで」のように、年間の回数に上限が設定されています。通院や入院、手術などを繰り返すような場合、せっかく保険に入っていても回数制限によって補償を受けられないなんて場合もあります。

それに対してアクサダイレクトのペット保険は、回数制限もないので、年間の限度額を超えない限りは何度でも保険金を受け取ることができます。補償額を重視するのであればプラン70。毎月支払う保険料を軽減しつつ治療費の負担を軽減したい場合はプラン50がオススメです。

特徴3:無料の獣医師による「ペット健康相談サービス」がある

ペットを飼っていると、病院に行くほどではないけど体調が悪そうで心配・・なんてこともありますよね。アクサダイレクトのペット保険に加入すると、そんな時に気軽に相談できるサービスがあるんです。しかも、相談にのってくれるのは現役の獣医さん。24時間365日いつでも無料で相談が可能なんです。

病気やケガについてだけではなく、しつけの仕方や食事などについても相談にのってくれる、安心で便利なサービスです。通話料はかかるのでその点は注意してくださいね。

その他の特徴

アクサダイレクトのペット保険のその他の特徴をご紹介します。

2つの割引制度がある

インターネット割引 インターネットから申込をした場合、保険料が初年度3000円お得になります。
マイクロチップ割引 マイクロチップ装着なら、毎月の保険料が安くなります。割引額はペットの年齢によって異なりますが月100円前後お得になります。

全国すべての動物病院に対応

かかりつけの病院だけではなく、それ以外の動物病院で治療を受けた場合も保険金を受け取れます。

ペット保険賠償責任危険補償特約(示談交渉付)

万が一自分のペットが、他人や他のペット、物などに危害を加えて損害賠償が生じた時に保険金が支払われるという特約で、任意で付けることができます。

1回の事故につき1000万円まで補償してくれます。単独では加入することはできません。ペット保険に追加での加入となります。

示談交渉付とは、被害者との示談交渉をアクサダイレクトが代行してくれるというものです。当事者同士の交渉はもめることもあるので嬉しいサービスです。自動車保険などではよくあるサービスですがペット保険ではあまりなく、様々な保険を取り扱っているアクサダイレクトならではのサービスと言えます。

加入時の注意点

アクサダイレクトのペット保険の特徴をご紹介しましたが、加入をお考えの場合は注意した方がいい点もあるのでご紹介します。

年齢による保険料の変化

アクサダイレクトのペット保険の保険料は、病気やケガのリスクが少ない2歳までは保険料が下がり、その後値上がりする谷型プランを採用しています。

0~3歳までは保険料は安いのですが、4歳以降は値上がりするので注意が必要です。ただし、病気やケガのリスクが高くなる高齢になると保険料が値上がりするペット保険が多い中、アクサダイレクトでは高齢になると保険料が下がります。

12歳~14歳で保険料は値下がりして、その後終身まで値上がりしない設定になっているので、高齢のペットには嬉しい保険になっています。

保険金の請求方法

アクサダイレクトのペット保険では、窓口清算の対応はしていません。

かかった治療費は一旦動物病院の窓口で全額負担をして、後日郵送にて請求するという方法になっています。窓口清算対応とうたっている保険でも、対応している病院のみという条件が付くことが多いです。

アクサダイレクトのペット保険は、治療費を負担した日から30日以内に請求する必要があるので、その点にも注意してください。継続治療の場合はまとめて請求することもできます。請求後約30日でご指定の口座へ保険金が振り込まれます。

新規加入は8歳まで

アクサダイレクトのペット保険への新規の加入年齢は、生後90日~満8歳までとなっています。新規加入には年齢の上限がありますが、更新加入には上限はないので早めの加入がオススメです。

補償開始日と待期期間

補償開始日は、毎月25日までに申込をした場合、翌々月の初日が補償開始日となります。
また待期期間が設定されています。

ケガの場合は待期期間はありませんが、病気の場合は30日間、ガンの場合は120日間となっているので注意してくださいね。

まとめ

家族の一員であるペットの万が一に備えるペット保険。病気をやケガをしてしまい、高額な治療費が必要になった場合でもペット保険に加入していれば保険金を受け取れるので安心です。

アクサダイレクトのペット保険では、通院・入院・手術に対応しており、しかも1回あたりの支払金額に制限がありません。また年間の支払い回数にも制限がないため、年間限度額を超えない限りは、何回でもいくらでも保険金を受け取ることができます。

・補償率50%のプラン50と補償率70%のプラン70
年間限度額以内であれば何度でもいくらでも保険金が受け取れる
・犬猫ともに血統種よりもミックス(交雑種)の方が保険料が安い
・請求後30日以内に指定口座へ保険金が支払われる
毎月25日までの申込で翌々月初日から補償開始
・インターネットから申込と割引がある
・獣医師による24時間365日無料の「ペット健康相談サービス」がある
・任意で加入できる、示談交渉付の損害賠償特約がある

アクサダイレクトのペット保険も一括見積もりの対象です。

ペット保険の保険料を一括で見積もりできるサイト

  • たった1分で複数社に見積もり依頼可能!
  • 保険料試算が簡単にできる!
  • ペットの種類と年齢を選ぶだけ!

1分ですぐに保険料を試算するにはこちら

保険スクエアbang!公式サイトへ

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする