1. ホーム
  2. 腕時計
  3. ≫GMTマスター2黒黒が廃盤で価格高騰!入荷はいつまで?今後の相場予想も

GMTマスター2黒黒が廃盤で価格高騰!入荷はいつまで?今後の相場予想も

バーゼルワールド2019の開催前から、ディスコンになるのでは?と噂されていたGMTマスター2黒黒。実際に2018年-2019年のカタログには、既に掲載されていませんので、ディスコンになる可能性が出てきています。

ディスコンとなったモデルは価格が急上昇する可能性が高いのですが、GMTマスター2黒黒の今後の相場はどのくらいになるのか、また今後入荷する可能性はあるのかについてご紹介いたします。

バーゼルワールド2019の開催前からディスコンとの噂?

GMTマスター2黒黒とは、ロレックスの人気モデルの一つで、正式にはロレックスGMTマスターⅡ116710LNといいます。


ロレックスの数あるモデルの中でもGMTマスター2は人気のモデルで、様々なシリーズが発売されています。GMTマスター2を購入しようと思う際には、文字盤の色、ブレスレットの種類、素材、宝飾の有無など、選択すべき要素がいくつかあるのですが、やはり一番の要素はベゼルの色です。ベゼルは最も目立つ部分なので、ベゼルの選択が重要になります。

ロレックスGMTマスターのベゼルの色

GMTマスター2(ステンレス素材)に採用されているベゼルの色は、組み合わせによって下記の種類があります。

■黒×黒
控え目を好む日本人に人気のカラーリング。

■青×赤(通称:ペプシ)
GMTマスターの伝統カラーで最も代表的なカラーリング。回転ベゼルは24時間表示なので、「日中=赤」「夜間=青」という色分け。

■黒×赤(通称:コーク)
ステンレスのGMTマスター2専用ベゼルとして誕生したカラーリング。2007年に廃番となっています。

■黒×青(通称:バットマン)
2013年に登場したカラーリング。赤よりインパクトを抑えつつしっかりとした存在感があり人気

以上のように、基本的にGMTマスター2のベゼルはツートンカラーが特徴となっています。とはいえワントーンである黒黒は人気がないわけではなく、GMTマスター2の中では「一番落ち着いた色」として人気があります。

ロレックスは、バーゼルワールドにて新作モデルを発表しています。そこで、新作が登場すると旧作はほとんどの場合ディスコンになります。稀にそうならないこともありますが、ロレックスの2019年のカタログよりすでに116710LN(黒黒)が姿を消しています。

GMTマスター2黒黒の今後の相場は?

それでは、ディスコンとなる噂の116710LN(黒黒)の今後の相場についてご紹介します。

価格の推移について

同時期にカタログに掲載されなくなった、色違いの116710BLNR(黒青)と比較して紹介いたします。

発売時の定価(税込)

モデル 発売時の定価
116710LN(黒黒) 799,200円
116710BLNR(黒青) 864,000円

GMTマスターⅡの代表カラーである黒青のほうが5-6万円ほど高い価格で設定されていました。

過去1年間の実売価格の推移について

次に、直近の1年間の実売価格の推移について、価格.comの数字を参考にご紹介します。

モデル 2017年12月 18年3月 18年6月 18年9月 18年12月 19年3月 19年5月
116710LN(黒黒) 95万円 95万円 104万円 106万円 115万円 170万円 177万円
116710BLNR(黒青) 120万円 120万円 130万円 140万円 150万円 180万円 197万円

実売価格は、全体的に黒青ベゼルのほうが高い価格で取引されています。

ツートンカラーということもあり人気が根強く、発売以降値段を下げることなく右肩上がりで上昇しており、2018年の新作発表でこのカラーリングが発表されなかったため、上昇率はさらに勢いが増しています。

また、黒黒ベゼルの方も、2年前の2017年には90万円台だったものが、徐々に値上がりをしており、ディスコンが噂されはじめた2019年3月にはなんと170万円と黒青ベゼルに匹敵する価格まで上昇しています。

黒青ベゼルは2019年の新モデルに引き継がれている一方で、黒黒ベゼルの新モデルが発表されていないため、黒黒ベゼル116710LNの人気は今後さらに高まっていくと思われます。

実際、116710LNは2007年に発売されて以降10年以上価格が落ちないどころか上昇の一途をたどっています。10年以上価格が落ちないということは非常に人気が高い証拠でもあります。

GMTマスター2黒黒の入荷予定は?

116710LNは、今後入荷する予定はあるのでしょうか?

店頭では入荷の予定は未定とのことですが、入荷する可能性は限りなくゼロに近いかもしれません。製造自体が昨年で止まっているという噂があります。なので、116710LNがどうしても欲しいという方は、すでに市場に出回っているものしかないと思って早めに入手することをお勧めします。

まとめ

バーゼルワールド2019では、黒黒モデルの新製品の発表はなく、116710LN(黒黒)は、最後の黒黒ベゼルとなる可能性があります。

一方、16710BLNR(黒青)は、2019年の新モデル126710BLNRに引き継がれています。これまでは16710BLNR(黒青)のほうが高値で取引されていましたが、今後は、後継モデルの発表のない116710LN(黒黒)の価格が16710BLNR(黒青)の価格を上回る可能性があります。すでに、昨年には製造が止まっているという話もあり今後入荷の予定はゼロといっても過言ではなく、今以上のプレミアム価格での取引になると思われます。

・GMTマスター2黒黒とはGMTマスターⅡ116710LNのこと
・GMTマスター2のステンレスモデルの中で唯一のワントーンモデル
・シックなカラーリングが幅広い年代のビジネスマンに人気
・バーゼルワールド2019年の前と後で50万円ほど値上がりしている
最後の黒黒ベゼルとなる可能性があるので今後もさらに価格上昇すると予想

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする