1. ホーム
  2. プロミス
  3. ≫プロミスなら《来店不要》で借りられる?Web(ウェブ)で申込が完結するのか検証

プロミスなら《来店不要》で借りられる?Web(ウェブ)で申込が完結するのか検証

プロミスなら《来店不要》で借りられる

お金に困ったときに手軽で便利なサービスと言えばカードローンですよね。カードローンと言えば「コンビニのATMで借入」のイメージがある方が多いと思いますが、実はコンビニや自動契約機に行かなくても借入が出来るのをご存知ですか?

プロミスなら借入だけでなく申込も店頭や自動契約機などへ行かなくてもいいんです。来店不要で申込から借入までできるプロミスのWeb(ウェブ)完結サービスについてご紹介します。

プロミスのWeb(ウェブ)完結とは?

プロミスのWeb(ウェブ)完結は、申込・契約・借入・返済まで、すべて来店不要でWebだけで利用できるサービスです。

※補足:
Webとは、WWW(World Wide Web:ワールド ワイド ウェブ)のことで、インターネット上で、文字・画像などをレイアウトして見せ、簡単にアクセスできるようにするための仕組み。つまり、今回のケースでは、パソコンやスマホを使って、インターネット上で申込手続きが完結、という意味になります。

誰にも会わずに契約することができ、郵便物もないので家族にプロミスを利用していることを知られることもなく、人にATMでカードローンを利用している姿を目撃されることもなく、利用の手間が省けるというとても人気の高いサービスなんです。

プロミスの契約方法には、来店、郵送、Webと3つの方法があります。

来店

来店は、店舗窓口や自動契約機で契約をする方法です。

郵送

郵送は、プロミスと契約書のやりとりを郵便で行う方法です。スピードだけで言えば、郵送は日数がかかりますが、店舗窓口や自動契約機でしたらスピーディな借入は可能です。
ただ、Web契約と違う点は、店舗や自動契約機まで出向く必要があり、そこまで行く移動時間がかかります。また、その場で審査結果を待つ必要があります。

Web(ウェブ)

Web契約は、来店せずにスマホやパソコンから契約をする方法です。いつでもどこからでも申込ができるのが魅力で、とくに忙しい人にオススメです。

自分の好きな時間に好きな場所から申込ができ、審査結果がでるまでの間も好きなことをしながら待つことができるので、拘束時間が一番少ない方法です。

Web完結のメリットは?

Web完結のメリットをご紹介します。

・ATMや自動契約機に出向く必要がない
・郵便物がない
・24時間365日申し込みが可能
・スマホやパソコンで借入・返済が可能

インターネットに繋がるスマホやパソコンがあれば、誰にも会わずに、24時間365日好きな時間に申込ができるんです。

また、Web完結はカードレスで契約するので、郵便物が家に届くことはないので家族にバレる心配がありません。借入や返済もスマホやパソコンからできるので友達にばれる心配もないんです。

Web完結の利用条件とは

申込から借入・返済まですべてをインターネットでできるとても便利なWeb完結ですが、利用するには2つだけ条件があります。

・返済方法を口座振替にする
・カード発行なしを選択する

口座振替とは、返済時に利用者の口座から自動的に引落をするシステムです。返済日を忘れるリスクがなく、金融機関がどこであっても手数料が無料なので、プロミスでも人気の返済方法です。

Web完結では返済方法を選択する際に、この口座振替を選ぶ必要があります。

ちなみにですが、口座振替に登録する口座は本人確認が完了している必要があります。通常は口座開設時に本人確認は済んでいるので気にしなくても大丈夫なのですが、本人確認が完了していない場合は、契約書類が自宅に郵送さることになるので、プロミスを利用するために新規で口座を作ろうとしている方は、事前に口座を作成しておくと良いでしょう。

プロミスの口座振替は、都市銀行や地方銀行合わせて200行以上の口座が対象になっているので、主要金融機関であればほぼどの口座でも利用可能です。

ですが、もしこれから口座を作るのであれば、三井住友銀行とジャパンネット銀行がオススメです。その理由は下記です。

銀行 三井住友銀行・ジャパンネット銀行 その他の銀行
返済日 5日・15日・25日・末日から選択 毎月5日
引落開始日 次回返済日より 多少時間がかかる
引落後の借入残高の反映 当日 3営業日後
手数料 無料 無料

以上のように、三井住友銀行とジャパンネット銀行の場合は、他の銀行に比べると待遇が良いんです。

次の条件である、カード発行なしですが、カード発行なしを選択すると、利用者が決めたID・パスワードだけで取引が可能になります。カード発行ありを選択すると、プロミスから自宅にカードが郵送で届くことになりますので、家に郵便物が届くのが嫌な方は注意してくださいね。

もちろん、カードが必要になったら、カード発行なしで契約をした後もカードの発行は可能です。自動契約機やATMを利用したくなったら、後からカードを発行することができるので安心してください。

Web完結の必要書類

Web契約であっても、提出しなければならない書類はあります。それは、本人確認書類と収入証明書です。収入証明書は条件があてはまる方のみ必要なものですが、本人確認書類はどんな方でも必ず必要です。書類を提出しないと審査が進まないので、申込の前に用意しておきましょう。

本人確認書類

以下のいずれか1点が必要です。
・運転免許証
・パスポートまたは健康保険証と住民票

もし、証明書に記載された住所が現住所と異なる場合には、現住所が確認できる以下のような書類(発行日から6か月以内)も合わせて用意してください。

・住民税の領収書、納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書(水道、電気、ガスなど)
・住民票の写し

収入証明書

希望借入額が50万円以上、または、希望借入額と他社からの借入額の合算が100万円を超える場合のみ、以下のいずれかの書類1点も必要になります。

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書のみ
・税額通知書・所得(課税)証明書(最新のもの)

Web完結の申込方法

Web完結を利用するには手順をご紹介します。

① 申込

パソコンやスマートフォンから、インターネットで申込をします。申込は24時間365日いつでも可能です。プロミスは「カンタン入力」と「フル入力」がありますが、本日中に借りたい!などお急ぎの方はフル入力がお勧めです。

申込フォーム内の契約方法から「来店契約」「Web契約」を選択します。
ウェブ完結の場合は「Web契約」を選んでください

「カンタン入力」の場合は、申込をして一次審査(自動審査)後に、プロミスから申込時に記載した連絡先に連絡があり、審査に必要な残りの項目について聞かれます。

※プロミスなら50万円までなら原則収入証明書不要!書類を揃える手間がないのでおすすめです。それだけでなく、30日間無利息サービスもあります。(申込時にメールアドレスでWeb明細登録が必要です。)

プロミスカードローン公式サイトへ

▼女性の方はこちら▼

プロミスカードローン[レディース専用]公式サイトへ

② 必要書類を送信

ウェブ完結の場合は、必要書類もインターネット上で提出します。インターネットから申込が完了すると、「書類提出のお願い」という件名で手続き案内のメールがとどきます。
そのメール内に記載されているURLにアクセスして書類を提出します。スキャナやスマホのカメラなどで書類を撮影して、その画像を送信すればOKです。

画像が不鮮明だと再提出になったり等、審査に時間がかかってしまう場合もあるので、鮮明な画像を送信するように気を付けましょう。

③ 審査、在籍確認

申込フォームに入力した内容と提出書類と、信用情報を合わせて審査が始まります。
審査の後半では勤務先に在籍確認が行われます。

基本的に在籍確認が取れるまでは審査が先に進まないので、借入を急いでいる場合は、勤務先の休業日を避けて申込をするようにしましょう。在籍確認は、オペレーターの個人名で勤務先に電話がかかってきます。「プロミス」の社名を名乗ることはないので安心してください。

在籍確認は基本的には電話で行われますが、電話確認だと都合が悪い場合は、申込後にプロミスのコールセンターへ電話をして相談してみましょう。

電話以外の方法で在籍確認をしてくれる場合もありますよ。

④ 審査回答

審査結果の回答は、申込時に指定した連絡先(メール・電話)へ連絡がきます。審査の回答は最短30分。ただし審査の状況によっては時間がかかる場合もあります。おおよそ1~2時間くらいと思っておくと良いでしょう。

また審査の可能時間は9時~21時です。この時間外に申込をした場合は、翌日審査となりますのでご注意くださいね。

⑤ 契約

契約内容をインターネット上で確認します。返済方法を「ATMによる返済」「口座振替による返済」から選択します。

Web完結を希望の場合は「口座振替による返済」を選んでください。

続けて、カード郵送希望の有無を選択します。
Web完結を希望の場合は「カード郵送なし」を選んでください。

これで契約手続き完了となります。

完了すると、プロミスの会員ページにログインして取引ができるようになります。

⑥ 借入

契約が完了したらいよいよ借入です。プロミスの借入方法は、ATMから現金を引き出して借入する方法と、銀行振込で借入をする方法の2つがあります。Web完結の場合は、銀行振込での借入になります。プロミスの会員ページから振込依頼をすると、指定の銀行口座へ振込されます。

⑦ 返済

Web完結の場合は、契約時に返済方法で「口座振替による返済」を選んでいるので、毎月決まった返済日までに口座に入金しておけば、返済日に自動で引落されます。返済日をうっかり忘れていて延滞してしまったなんてこともないので安心ですね。

Web完結のデメリット

とても手軽で便利なウェブ完結ですが、デメリットもあります。それは、借入方法が銀行振込のみという点です。

Web完結はカードレスになるため、ATMなどから借入をすることができません。銀行振込で自分の口座に入金してもらい、現金が必要な場合は自分の口座のキャッシュカードを使って引き出すことになります。カードを発行すると、紛失するリスクや、プロミスを利用していることを周りの人に見られる可能性もあるので、カードレスはそれほど大きなデメリットではないとは思いますが、現金が必要な際に、振込依頼→キャッシュカードでの引き出しがひと手間だと感じる人は、カードを発行した方がいいかもしれません。

また、Web契約をして、そのまま即日借入希望の場合の方は注意が必要です。

カード郵送を希望するしないに関わらず、契約当日は手元にカードがないため、ATMの利用が出来ないので、借入は銀行振込のみとなります。

銀行振込は、金融機関の営業時間に限られてしまうので、お急ぎの方は時間に注意が必要となります。平日14時までに借入手続きをすれば、当日中の振り込みが可能です。

しかし平日14時以降だと即日借入は無理ということになります。ただし、一部例外があります。、

三井住友銀行、ジャパンネット銀行なら、土日祝日も24時間振込が可能

銀行振込依頼を受け付けてからわずか10秒で振込が実施される「瞬フリ」というサービスがあるんです。初めから即日借入を希望している人は、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を用意しておくと安心です。

もし、即日借入を希望していて、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を持っていない場合は、契約まではウェブで行い、契約後に自動契約機へ行きカードを発行するのが良いでしょう。この場合もカード郵送希望はなしを選択してください。発行されたカードはすぐに利用が可能なので、併設されているプロミスATMやコンビニATM等ですぐに借入が可能です。

このように、即日借入を希望している場合は、利用口座、時間帯に注意する必要がありますが、それ以外の場合は、Web完結が一番手軽で便利な方法と言えるでしょう。

※プロミスなら50万円までなら原則収入証明書不要!書類を揃える手間がないのでおすすめです。それだけでなく、30日間無利息サービスもあります。(申込時にメールアドレスでWeb明細登録が必要です。)

プロミスカードローン公式サイトへ

▼女性の方はこちら▼

プロミスカードローン[レディース専用]公式サイトへ

まとめ

プロミスでは、来店、郵送、Webと3つの方法で申込が可能ですが、忙しい方、お急ぎの方におすすめな方法はウェブ完結です。店舗や自動契約機まで出向く必要がなく、自分の好きな時間に申込ができる、拘束時間がないとてもスピーディな方法です。

・Web完結は、申込~借入まですべてWebで完結
申し込みは24時間365日可能
・必要書類の提出もインターネットで
スマホやパソコンからいつでも借入可能
・カードレスでカード紛失のリスクがない
郵便物がないので家族にバレない
・返済は自動引落で返済日を忘れるリスクがなし
・三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座なら引落日を選べる
・三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座なら土日祝日24時間借入可能

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする