1. ホーム
  2. みずほ銀行カードローン
  3. ≫【解決】みずほ銀行カードローンの増額審査に落ちた時の次の1手は?

【解決】みずほ銀行カードローンの増額審査に落ちた時の次の1手は?

もっとお金を借りたいのに…

お金が必要になった時に便利に利用できるのがカードローンです。特に銀行系のカードローンは金利も安く、安心感もあります。みずほ銀行は3大メガバンクの一つなので、より安心できるカードローンです。今借りているけれどもう少しお金が必要になった時は、カードローンの増額が便利ですが、増額してもらうには審査があります。

ローンで一番気になるのは審査ですよね。今回はみずほ銀行のカードローンの増額の審査を受けたけど落ちてしまった、という時の落ちた理由と解決策についてお伝えしていきます。

みずほ銀行カードローンは金利が安い

みずほ銀行カードローンは銀行系のローンなので金利が安く、年率2.0%〜14.0%です。

金利が安いので、もし今複数のカードローンで借入を行なっている場合は、まとめて銀行系のカードローン1つにした方が良い場合もあります。限度額も10万円〜800万円です。

銀行のカードローンは総量規制(年収の3分の1以上は借入ができない法律)の対象外なので、審査に通れば大きなお金が必要になった時にも年収関係なく借りることができます。

増額審査って何をするの?

新規の申込にも審査はありますが、増額を申込む時にも審査があります。

しかも、新規の申込の時よりも増額の方が審査が慎重に行われるとも言われています。増額審査では、契約してから今までの返済状況などを見られ、限度額アップしても大丈夫か、信頼できるかに焦点が当てられます。しかし、毎月きちんと返済したり、何かあれば連絡していれば増額審査は怖いことはありません。

みずほカードローンの増額審査に落ちる原因

新規契約の審査と同じく、増額審査も審査基準は明らかにされていません。落ちた時も電話で問い合わせても否決の理由は答えてもらえません。しかし、増額審査に落ちる原因はほとんどの場合がこれから説明していくものが多いのです。当てはまるかどうか確認して見てくださいね。

・ 返済が延滞しがち
・ 新規契約から半年以内の申込
・ 他社借入が増加
・ 在籍確認が取れない
・ 年収が下がっている

返済が延滞しがち

増額審査は、契約してから今までの状況に重点を置いて審査されますので、返済が延滞しがちであるのは良くありません。数ヶ月に1度とか、これまでに数回であれば問題はありませんが、連続で数ヶ月延滞したり1回の延滞が数ヶ月に及んでいる場合は要注意です。

また、支払状況はみずほ銀行のカードローンだけでなく、クレジットカードや携帯電話料金、他のカードローンや奨学金などにも注意が必要です。これらの支払状況も個人信用情報期間に問い合わせればすぐに分かります。

新規契約から半年以内の申込

新規契約をしてから半年以内に申込をしても、審査に落ちる可能性が高いです。

契約から半年くらいでは、増額しても大丈夫かどうかの判断材料が乏しいからです。それどころか、この間契約したのにもうお金が必要なのだろうか?支払能力は大丈夫だろうか?と思われかねません。少なくとも半年〜1年くらいは増額申込をしないようにしましょう。

他社借入が増加

契約してから他社借入が増えた場合、増額審査に落ちる場合があります。

銀行系ローンは総量規制の対象外ですが、借入件数が多いのはマイナスポイントです。審査の時に重視されるのは「返済能力があるか」ということです。クレジットカードや不動産ローン、奨学金などは別ですが、カードローンで3社以上借りている場合は審査に落ちてしまう可能性があります

在籍確認が取れない

増額審査では在籍確認が行われます。

在籍確認ができない場合は審査がストップし、そのまま取れない場合は審査に通りません。契約時の勤務先と同じ場合でも在籍確認は行われます。在籍確認が確実に取れるようにしておきましょう。電話も個人名でかかってくるので、カードローンの在籍確認だと周りにバレることはありません。

年収が下がっている

契約時よりも年収が下がっている場合も否決される可能性があります。

少しくらい下がったのであれば気にする必要はありませんが、転職や降格、正社員からパートアルバイトになった等で大幅な減額の場合は難しいかもしれません。銀行のローンなので総量規制の対象外ですが、やはり年収が下がったのに限度額が上がるのは難しいのです。みずほ銀行カードローンでは、限度額が50万円以上の場合は収入証明が必要です。

個人信用情報機関ではこんなことがわかります

個人信用情報機関に登録されている情報は、氏名・住所・年齢・生年月日や連絡先や勤務先情報、そして借入状況や返済状況、申込情報などがわかります。

お金にまつわる情報がほとんどわかりますので、申込時に虚偽の内容を書いてもバレてしまいます。審査の際には、この個人信用情報を判断材料にしています。

増額審査に落ちた時の解決策

増額審査に落ちてしまったらどうすれば良いでしょうか。

将来的に増額ができるように落ちた原因を改善していくことが大事です。また、現在、何社からか借入を行なっている場合は、みずほ銀行のカードローンの限度額をあげて借入をまとめた方が良いです。限度額が上がればさらに金利も低くなるので、返済も楽になります。

再度増額申込するには半年以上あける

増額申込に落ちた場合、数ヶ月してもう一度申込したくなりますが、再度申込する場合は半年以上経ってからにしましょう。銀行によっては半年以内に複数回の申込をしないように明記しているところもあり、半年以内に申込をしても否決される可能性がかなり高いです。

限度額アップさせた方が金利がお得

限度額がアップすると、金利が安くなります。

たとえ収入がたくさんあったとしても、最初の契約時はまだ信用関係が築かれていない分、利用限度額は少し低めに設定されることがほとんどです。しかしながら、みずほ銀行カードローンの利用限度額は、一度設定された金額から変更することが可能です。

しかも、みずほ銀行カードローンでは、下記のように限度額に合わせて金利が決まっているので、限度額を増額すれば原則として金利も下がっていくんですね。

利用限度額 金利
10万円~100万円未満 14.0%
100万円~200万円未満 12.0%
200万円~300万円未満 9.0%
300万円~400万円未満 7.0%
400万円~500万円未満 6.0%
500万円~600万円未満 5.0%
600万円~800万円未満 4.5%
800万円 2.0%

金利は、100万円以下の場合は14%の固定となっていますが、そこから100万円増額されるごとに12%、9%・・・と下がっていくので、急にお金が必要といった場合でなくても、金利を下げるために限度額を増額するという考え方もあります。

みずほ銀行の優良顧客になる

増額審査に通るには、みずほ銀行にとってもっと貸しても良いと思わせる優良顧客になることが大切です。貸す側と友好関係を築くには、3つのポイントがあります。

毎月の返済は遅れずに行う

まずは返済を遅れずに行うことです。

審査ではみずほ銀行のカードローンの返済状況以外にも、クレジットカードや携帯電話料金などの返済状況も加味されます。貸してもきちんと返済してくれる人だと認識してもらえるように、支払が必要なものは期日に遅れないようにしましょう。

属性を良くする

審査はスコアリング(点数化)して判断します。

例えば、正社員はパートやアルバイト、派遣社員よりも点数が高く、年収や持ち家であるかということもスコアリングします。今契約社員やアルバイトであれば正社員を目指したり、転職を繰り返しているなら勤続年数を増やすなど、貸す側にとって安心感が増す状況にしていくことが重要です。

変更があればこまめに連絡

友好な関係を保つためにも、連絡先や勤務先が変わったら伝えるようにしましょう。

増額審査の時に初めて勤務先が変わったことがわかったら、あまり良い気持ちはしません。こまめに連絡をして、信頼できる人だと思ってもらえるようにしましょう。

増額申込の方法は?

Web、電話、みずほ銀行の店頭、で手続きをする方法があります。

審査結果はメールで届きます。カードローンの利用にはみずほ銀行の口座が必要なので、持っていない場合は審査に通れば口座を開設することになります。

通常カードローンを増額する場合、増額の申込を行うのですが、みずほ銀行カードローンでは、カードローンを再申込するという形になります。現在のプランから限度額の高いプランへプラン変更をするという考え方です。

増額申請は以下の3ステップです。

1. 申込
2. 審査
3. 在籍確認

1. 申込

以下の申込方法があります。

・みずほ銀行の公式サイトの「カードローン申込」
・カードローン専用ダイヤルに電話
・店頭

みずほ銀行公式サイト

みずほ銀行公式サイトを開いて、通常のカードローンの申込画面を開きます。

初回申込時と同様に画面の指示に従って氏名や勤務先の情報を入力していきます。初回と異なる点は、初回の時には入力しなかった「ご利用中のカードローン口座情報」を入力する点です。こちらに今利用しているカードローンの口座を入力すると再度申込手続きをしていることが分かるようになっています。

次に、希望限度額を入力する画面になるので、そこで増額を希望している額を入力します。例えば、限度額を30万円から50万円に増額したい場合は、希望限度額50万円を選択します。

カードローン専用ダイヤル

みずほ銀行カードローンの専用ダイヤルに電話をして「限度額の増額をしたい」旨を伝えましょう。

オペレーターの指示に従って、年収や勤務先の情報などをその場で申告して申込することができます。

店頭

みずほ銀行の最寄りの支店で手続きを行います。

2. 審査

みずほ銀行カードローンの増額審査は、初回契約時の審査と同じ流れで行われます。

申込をすると、保証会社による審査が開始され、仮審査に通ると必要書類を提出し、本審査となります。みずほ銀行カードローンでは、初回契約時・増額審査ともに、保証会社であるオリエントコーポレーション(オリコ)が審査を担当しています。

初回契約時の審査と同様に年収、職業、他社からの借入状況、家族構成、居住形態、信用情報などの項目がチェックされるのですが、初回契約時と異なるのは、みずほ銀行カードローンの利用実績も審査の対象になる点です。

必要書類の提出

本人確認書類は必要ありませんが、利用限度額が50万円を超える場合は、収入証明書類の提出が必要となります。限度額増額を希望される多くの方は、限度額50万円以上となる方が多いと思いますので、事前に下記の書類のうち、いずれか1つを準備しておきましょう。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・課税証明書
・納税証明書

みずほ銀行では、給与明細や確定申告書は、収入証明書類としては認められていないので書類を用意する際には注意しましょう。

3. 在籍確認

初回契約時に在籍確認をしていても、増額審査の際にも再度在籍確認があります。在籍確認ができないと審査が進まないので、この点は初回契約時同様に注意しましょう。

それでも、増額審査に落ちた場合はどうする?

増額審査に落ちてしまい、もし早めにお金が必要な場合はプロミスのカードローンがおすすめです。プロミスはノンバンクのカードローンなので、みずほ銀行のカードローンよりも金利は高くなりますが、30日無利息サービスも行っています。

また、銀行系のローンは審査結果が出るまでに数日はかかりますが、プロミスのカードローンは即日融資も可能です。(※お申込みの日時によっては翌営業日以降の扱いとなることがあります。)次の増額審査まで半年以上はあける必要があるので、それまでに借入をしたいという場合は検討してみてください。

★プロミスカードローンのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

★3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります

※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

▼女性オペレーター対応が良い場合はこちら▼

プロミスカードローン[レディース専用]公式サイトへ

まとめ

今回増額審査の落ちた原因に当てはまるものはあったでしょうか。銀行のカードローンは審査が慎重に行われますが、金利も安くお得に借入が行えます。審査は一番不安な部分で、もし落ちて銀行に問い合わせても審査の内容については教えてもらえません。

今後審査に通るには、今回落ちた原因を見つけて改善していくことが必要です。ぜひ今回の解決策も参考にしてみてくださいね。

・ 携帯料金やクレジットカードも延滞しないようにする
新規契約から半年以内は増額申込しない
限度額が上がれば金利も安くなる
・ 再度増額審査を受けるには半年以上あける
・ 増額申込はweb・電話・店頭申込の3つの方法がある
・ 審査結果はメールで届く

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする