1. ホーム
  2. ジャパンネット銀行カードローン
  3. ≫【重大】ジャパンネット銀行カードローンの延滞は将来に悪影響!今すぐに起こすべき次の一手は?

【重大】ジャパンネット銀行カードローンの延滞は将来に悪影響!今すぐに起こすべき次の一手は?

ジャパンネット銀行カードローンの延滞

ジャパンネット銀行は、ネット銀行です。パソコンやスマートフォン、タブレットなどからいつでも手軽にアクセスすることができるのが魅力です。そのジャパンネット銀行のカードローン商品は「ネットキャッシング」と言います。

ネットキャッシングは、ローンカードなしで借入できる便利なサービスです。郵送物もないので家族・周囲にバレずにお金を借りられることができるので人気のカードローンです。

そんな便利なカードローンですが、実は支払を延滞すると将来にわたり影響がでてしまいます。

「借りてみたいけど延滞するのが怖い・・」
「今利用しているけど延滞するかもしれない」

という人へ、ジャパンネット銀行のカードローンの延滞をしないための対策をまとめました。

延滞しないために誰でもできる準備とは?

延滞をしないためにできることはいくつかあります。

ジャパンネット銀行は他のカードローンに比べてサービスも多様なので、賢く利用すれば延滞を避けられます。延滞をしないために是非行って欲しいことをご紹介します。

・ 約定返済日は給料日の翌日に設定
・ 給与口座をジャパンネット銀行にする
・ 定額入金自動サービスを利用
・ 返済日事前メールが届くようにしておく

約定返済日は給料日の翌日に設定する

必ず支払える方法として、給料日の翌日を返済日に設定しておく方法があります。

ジャパンネット銀行のカードローンは、自分で返済日を決めることができるのです。銀行系のカードローンはほとんどが返済日は決まっていて、自分で返済日をきめることができません。15日が給料日なのに、1番お金がない10日が支払日になっている、ということも少なくありません。

給料日の翌日を返済日にしておくと、返済に充てる分を最初に確保できるので、延滞するリスクもずっと少なくなります。

返済日を自分で設定できる

ジャパンネット銀行のカードローンは、毎月1〜28日または月末というように返済日を自分で決めることができます。もちろん追加で返済することもできるので、余裕ができれば返済日以外にも返済ができます。

ただし追加返済をしても月々の約定返済日には返済が必要なので、注意が必要です。

返済日はwebでいつでも変更可能

返済日はwebからいつでも変更することができます。これまで15日が給料日だったけど、転職して25日に変わった、という場合もすぐに変更できるので困らなくてすみます。

実に柔軟な対応をしてくれるので、うまく返済日を設定すれば延滞せずにすみますよね。

給与口座をジャパンネット銀行にする

ジャパンネット銀行のカードローンは、ジャパンネット銀行の預金口座から引落になります。

給与口座をジャパンネット銀行にしておけば、給料日の翌日に引落がかかるので、残高が少なかったり、うっかり返済日を忘れていた、ということも防げます。ジャパンネット銀行の口座は、最短5日でできます。

定額入金自動サービスを利用

定額入金自動サービスとは、今メインで使っている口座から毎月一定の金額をジャパンネット銀行に移動させるものです。何と手数料は無料です。

あまり聞いたことのない便利なサービスで、どうしても給与口座を変更することが難しいという人にも嬉しいサービスですよね。この定額入金自動サービスの入金日付近に返済日を設定しておけば、支払漏れを防げますね。

返済日事前メールが届くようにしておく

ジャパンネットのカードローンは、返済日の前に事前のお知らせメールを届けてもらうことができます。メールが届くことでうっかり支払い忘れも防げるので、事前メールは登録しておきましょう。銀行のカードローンでこういったサービスがあるのは珍しく、利用者には心強いですね。

延滞しそうになったらすべきことは?

延滞しないための準備対策を紹介してきましたが、実際に、返済が難しくなる時もあると思います。そこで、もしそうになったらどうすれば良いのかを説明していきます。延滞してしまった時の被害を最小限に押さえましょう。

すぐに銀行へ連絡

延滞しそうだとわかった段階でジャパンネット銀行に連絡しましょう

支払う意思があることを伝えておくことが大切です。できれば具体的に支払ができる日と、今回だけなのか継続的に支払が難しくなりそうなのかも含めて、理由も伝えておいた方が良いですね。連絡を入れたからといって遅延損害金が免除になるわけではありませんが、それでも誠意を伝えることはできます。

なんとしてもお金を用意する

ジャパンネット銀行のカードローンは、負担にならないように返済できるようにと毎月の返済額が少なく設定されています。ですので、金額によってはなんとかお金を工面して支払いができるようにしてください

親から借りる

一番早いのは、親からお金を借りるという方法です。

銀行カードローンとはいえ、借金には変わりありません。「借金の返済が困難になった」と親に伝えるのでは抵抗を感じるでしょうが、強制執行される等の悪影響は避けた方が良いです。

正直に親に伝え、お金を貸してくれるように頼んでみると良いでしょう。しかし親といっても必ずお金を貸してくれる保証はありませんので、断られるケースだって十分考えられます。日頃からの付き合いにもよりますが、先ずは頼んでみることをオススメします。

バイトしてお金を稼ぐ

「バイトしてお金を稼ぐ」という方法があります。すでにブラックリストにのっている人は、バイトすることが一番手っ取り早い解決方法です。

バイトして稼いだお金をカードローンの返済に回し、完済した時点で問題は全て解決します。例えば、バイト求人サイト「バイトル」であればインターネットで24時間検索する事が可能です。在宅ワークや週1バイト、短期バイト、日払いバイト、単発バイトなど様々な種類が揃っており、都合に合わせて多くの求人情報から選択できます。

外で働けない時は在宅ワーク、長期で働けない時は短期バイトや日払いバイトを選ぶと良いでしょう。良さそうなバイトが見つかったら、WEBでそのまま応募する事が可能です。

バイトルがおすすめできる理由

  • 全国50万件を超える圧倒的求人数
  • 多種多様なバイトが揃っている
  • 短期・単発バイトも探しやすい

バイトル公式サイトへ

不用品を売って現金に換える

「会社で副業が禁止されている」
「バイトで働く時間が無い」

そんな時は不用品を売って現金に換え、返済に回すという方法があります。

特に、グッチやプラダ、ルイヴィトン、シャネルなどの人気の高いブランド品は高額査定が出やすいです。

「ブランド品を売れるお店が近くに無い」

そんな時は全国無料出張査定を行う「買取プレミアム」が便利です。査定員が自宅まで出張してくれるため、わざわざ遠方の店舗まで売りたいブランド品を持参するといった手間はかかりません。

買取成立後、その場で現金払いされるため、すぐカードローンの返済に回せるようになります。査定に納得できない場合はキャンセルできますが、キャンセル料は発生しませんので安心です。

宅配買取という方法も

自宅に査定員が来るのが困る場合は宅配買取に申込みすると良いでしょう。買取成立後は口座に現金が振込まれます。カードローンの再引き落としまでに間に合うよう、早めに申込みして下さい。

ブランド品だけでなく、その他の商品も取り扱いしていますので、一度、ホームページをチェックしてみましょう。

親にお願いしたり、日雇いバイトをすること、不用品を売ることで返済に間に合わせることができます。一か月の返済分なら、何日かバイトすれば支払えることが大半です。延滞はできる限りしない方が良いので、何とかお金を工面して支払いができるように努力しましょう。

お持ちの愛用品をすぐに売るなら買取プレミアム

  • オークション等と比較してラクラク
  • 箱がないブランド品も査定対象
  • 査定額に不満があってキャンセルしてもキャンセル料無料
  • 結果に満足した場合のみ売ればOK!
  • 出張買取・持ち込み買取・宅配買取すべてに対応
  • 24時間365日対応しているので今すぐでもできる
  • 査定料はもちろん無料

買取プレミアム公式サイトへ

延滞後にくる連絡にはすぐに対応

もしも延滞してしまったら、ジャパンネット銀行から連絡が来ます。

「お支払いをお忘れではないでしょうか」と言った内容です。もし連絡が来たらすぐに対応するようにしてください。ベストは延滞する前に連絡することです。もし電話に出られなくても、折をみて折り返しの連絡をするようにしましょう。滞納していて連絡がつかないと、払う意志がないのでは?と思われたり、自宅に連絡や督促状が届けられることもあります。

延滞すると将来に悪影響がある

支払を延滞すると様々な影響が及びます。

ちょっとだけならいいかと何度も延滞を繰り返したり、長期間延滞をしていると数年間にわたり影響がでてしまいます。長い場合では10年のこともあります。どういった影響があるのかまとめました。

個人信用情報に傷がつく

1番困るのは個人信用情報に傷がついてしまうことです。

個人信用情報とは、名前や住所や勤務先の情報に加えて、いつローンの契約をしたのか、月々の返済状況はどうなのか、ということまで情報が記録されます。これはジャパンネット銀行だけが保有する情報ではなく、他の銀行やローン会社が情報を見ることもできます。

将来クレジットカードやローンの審査に通らなくなる

審査の際に判断材料として使われるのが個人信用情報です。

延滞を繰り返していたりブラックリストに載るような人にお金を貸したり、クレジットの契約をさせたいとは誰も思いません。クレジットカードが作れないとネット社会では困りますし、海外に行く時もないと不便です。このように延滞のせいで「問題のある人」と見なされるのはもったいないですし、防がなければなりません。

遅延損害金を支払わなければならない

遅延損害金の年率は20.0%です。1日すぎると遅延損害金は発生するので、金利の他にもったいないお金を支払わなければならないです。

一括返済を求められる場合もある

延滞を繰り返すと「期限の利益」を失う、つまり一括返済を求められる場合があります

期限の利益とは、例えば50万円借りている時に、1万円ずつなど少しずつの返済で良いですよ、というものです。しかし延滞を繰り返したり、長期延滞をしていると期限の利益を失うので一気に全額返済を求められる可能性があります。

新たな借入や自動融資ができなくなる

延滞すると返済するまで新たな借入や自動融資サービスが利用できなくなります。

自動融資(オートチャージ)は、口座に残高がない時に公共料金などの引き落としがあった場合、自動で融資してくれるものです。これが利用できないので、日々の支払いも延滞してしまう可能性があります。この自動融資は残高があってもカードローンの返済には利用できません。

最終的に強制解約されることもある

長期延滞をしていたり、ジャパンネット銀行からの督促も対応しなかったら、最悪の場合、強制解約されてしまうこともあります。強制解約になると一括返済を求められたり、個人信用情報もいわゆるブラックリスト状態になってしまいます

個人信用情報機関の記録は完済してから5年ほどで消滅しますが、ジャパンネット銀行内の情報には残り続けますから、完済したからといってジャパンネット銀行でまた契約するのは難しいでしょう。

まとめ

ジャパンネット銀行は、金利も安く、魅力的なサービスがたくさんあります。カードローンは手軽に利用できて便利ですが、延滞など将来に影響を及ぼす可能性もあります。ジャパンネット銀行は様々な工夫で延滞を未然に防ぐことができます。利用できるサービスはうまく活用して、賢くカードローンを利用したいですね。

延滞を防ぐには、約定返済日を給料日の翌日に設定
・ 返済日はwebでいつでも変更可能
・ ジャパンネット銀行の口座を給与口座にしておくと延滞しにくい
・ 返済日事前メールでうっかり忘れを防ぐ
延滞しそうになったら事前に銀行へ連絡
・ 延滞は個人信用情報に傷をつける
・ 延滞は期限の利益を失うので一括返済を求められるケースもある
・ 延滞しないためにも、何としてもお金を用意するのが重要

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

長年頼りになったカードローン

プロミスカードローン

《50万までなら収入証明書原則不要で手間なく借りれる》

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
収入証明書 50万までなら原則不要

プロミスのおすすめポイント

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要なので手間なく借りれる
  • 3項目入力で3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス(※1)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 夜間に申し込めば翌朝早くから借入も可能
  • web契約なら最短即日も可能(※2)

3秒のお借入診断を試してみる⇒プロミス公式へ

※1 30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります
※2 お申込みの時間帯により翌日以降のご融資になる場合があります。

プロミス

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする