1. ホーム
  2. オリックス銀行カードローン
  3. ≫オリックス銀行カードローンはゆうちょ銀行ATMで《借入・返済》可能!利用方法と手数料・営業時間も

オリックス銀行カードローンはゆうちょ銀行ATMで《借入・返済》可能!利用方法と手数料・営業時間も

カードローンを利用してみたいけど、借りたり返済する時に誰かに見られてしまうんじゃないかと不安になります。できればカードローンのことは誰にも知られたくないものです。

実はオリックス銀行のカードローンは、ゆうちょ銀行のATMを使って借入や返済ができるんです。ゆうちょ銀行のATMなら、カードローンを利用しているとはバレにくです。しかも手数料が無料です。他のカードローンでは手数料が発生する場合もあり、大変オトクですよね。

今回は、オリックス銀行のカードローンをゆうちょ銀行のATMで使いたいときの、手数料や営業時間についてまとめました。

余分に払ってしまったお金が戻ってくるかも!

過払い金返還

▼無料診断(30秒)を試してみる▼

全国27000台以上のゆうちょ銀行ATMで借入や返済が可能

ゆうちょ銀行のATMは、郵便局だけでなく、商業施設や駅でもよく見かけますよね。6割以上の人がゆうちょ銀行の口座を持っていると言われているほど、利用者も多くいます。そのゆうちょ銀行のATMで、オリックス銀行のカードローンの借入や返済が可能なんです。

ゆうちょ銀行のATMは全国で27000台以上もあるので、どこででも借入や返済もしやすいのが嬉しいですよね。借入するのに色々な場所のATMを回ったけど、提携していなかったというのは不便です。27000台以上あるので、そんなことになる心配もありません。

ATM台数はほかの金融機関より多い

オリックス銀行のカードローンは、セブン銀行のATMやファミリーマートなどに設置してあるE-netや、ローソンなどに設置してあるATM、イオン銀行のATMなど多くのATMと提携しています。大手コンビはどこででも使えるのは助かりますよね。それに加えて、ゆうちょ銀行は2013年からオリックス銀行のカードローンと提携しました。ゆうちょ銀行のATMは断トツに台数が多く、利用者にとってとても便利になりました。

オリックス銀行カードローンであれば、全国にあるゆうちょ銀行やコンビニの提携ATMなど、99,000台以上の提携ATMを手数料無料でいつでも利用できます。他社にはない大きなメリットと言えます。

ゆうちょ銀行ATMで借入する方法

ゆうちょ銀行のATMで借入をするときは、ローンカードが必要です。ATMでローンカードを使って、借入を行います。預金を下ろすのと同じような作業なので、とても簡単です。ローンカードはオリックス銀行のカードローンに申込した人は、全員発行されます。

オリックス銀行の口座を持っていたとしても、ローンカードは必要です。ローンカードには「ORIX BANK」と書かれているだけなので、見た目ではカードローンのカードだとは分かりません

ゆうちょ銀行のATMが利用できるので、預金を下ろしている感覚で誰かに見られても困ることはないのもありがたいですね。

手数料は無料

手数料は無料で利用できます。

消費者金融系のカードローン、例えばプロミスなどは専用のATMであれば借入や返済の手数料が無料になりますが、他の人から見られると恥ずかしいというデメリットがあります。多くの人は他の人から知られたくないという理由から、手数料が有料になってもコンビニのATMを利用しています。手数料は一回108円や216円かかることもあります。オリックス銀行のカードローンはゆうちょ銀行のATMやコンビ二でも手数料が無料なのです。10回利用すれば手数料は1000円〜2000円かかることになりますので、無駄にお金を払うことになってしまいます。

営業時間は?

ゆうちょ銀行のATMの利用時間は、平日・土日祝共に0:15〜3:00と、4:10〜23:40までが取り扱い時間になります。毎月第三月曜日だけ、朝7:00〜23:40が利用可能時間です。

その他、利用可能時間内でも不定期にある、提携先ATMのメンテナンスの時間帯は利用することができない場合もあります。ATMでは硬貨は利用できず、紙幣のみの取り扱いとなります。

借入できるのはいくらから?

オリックス銀行のカードローンは、全ての提携ATMで1000円単位の借入ができます。

コンビニなどのATMだと一万円以上でないと借入できないところもあるので、1000円単位から手数料無料で利用できるのはありがたいですよね。多めに持っていると使ってしまうという人は、必要な分だけその都度借入することもできます。手数料無料でATMの機械も豊富にあるので、自分の使いかたに合わせて借入できるのも嬉しいですよね。

ゆうちょ銀行ATMで返済する方法

ゆうちょ銀行で返済する方法は、借入する方法と同様に、ローンカードを使ってゆうちょ銀行のATMで返済を行います。借入の時と同じようにATMにローンカードを入れて、入金すれば良いのです。返済の場合は、借入と違っていくつか注意点があるので、そこも説明していきます。

手数料や営業時間は同じ

手数料は0円で、営業時間も借入の時と同じです。

返済は、あらかじめ決まっている返済日に沿って返済を行わなければなりません。うっかり営業時間外になって、返済するのが翌日になってしまったということにならないように注意しておきましょう。返済日を過ぎると、延滞金が発生したり延滞したという事実が記録されてしまいます。せっかく返済日に間に合うのに営業時間外だったというのはもったいないです。

返済日に注意する

あらかじめ決めて置いた約定日に返済を行わなければならないのですが、その日以外に返済ができないというわけではありません。前もって返済をすることもできますし、柔軟な対応になっています。

その日しか返済できないという規則で、どうしてもその日にATMに行けなかったら延滞になってしまうのは不便ですよね。でも、そんなことはないので安心してください。しかし、いつでも返済すれば良いというものではないので返済日には注意が必要なんです。

約定日返済にならないケース

まず、約定日返済になるのは約定返済日の14日前の午前3時以降〜約定返済日当日までです。

例えば約定返済日が31日だった場合は17日の午前3時から31日いっぱいまでとなります。約2週間あるので、給料が入ったらすぐに入金するなど計画が立てやすいです。それ以外の日に支払いを行うと、約定日返済とならず、約定返済日までにまた支払いをしなければなりません。

つまり1ヶ月に2回も支払いを行わなければならなくなります。オリックス銀行のカードローンは、完済しやすいように月々の返済額も少し多めに設定されています。ですので月に2回も支払うことになると痛手です。必ず注意しなければなりません。

返済日はいつ?

約定日は10日か月末で、契約者側で選ぶことができます

給料日に合わせて設定をしておくのが賢いですね。例えば給料日が毎月15日だった場合、約定日を10日に設定してしまうとうっかり支払いを忘れてしまう可能性があります。10日が約定日の場合、前月27日(31日の月の場合)の3時〜10日までが約定日返済となります。15日が給料日だと最低でも27日まで支払いを待たなければならないので、15日が給料日の人は月末を約定日に設定しておいた方が良いですね。

随意返済とは

随意返済とは、約定日以外の日に支払いを行うことです。

10日が約定日の場合、11日〜26日までは約定日以外の返済、つまり随意返済として取り扱われます。これは今月は余裕があるので少し多めに支払いをしようという人や、早く完済できるよう少しでも返済していこうという場合に便利です。

少しでも完済が早くなれば、トータルで支払う利息も少なくてすみます。随意返済を行っても、約定日には通常通り返済を行わなければならないので注意が必要です。随意返済をするつもりがなかったのに、返済日を間違えてしまったということにはならないようにしておきましょう。

口座開設不要だからATMだけで借入返済できる

オリックス銀行のカードローンは、オリックス銀行の口座を開設しておく必要はありません

カードローンの中には、銀行の口座を開設しなければならないケースもあるので、口座開設しなくても良いのは珍しいですよね。一般的に口座開設をした場合は、その口座で借入や返済を行うことも多いのですが、借入の操作が面倒だったり、土日祝は対応していなかったりするので、ゆうちょ銀行でサッと借入できるのは手軽で便利です。

口座で借入や返済もできる

ATMからの借入や返済以外にも、口座を登録して借入や返済をすることもできます。口座は口座登録を行わなければなりませんが、約定日(10日か月末)の前日までの返済額を口座に入れておくと引落になります。

借入するときは、登録した口座にもよりますが夜間や土日祝は借入ができない場合があります。金融機関が休みなので、口座に入金することができません。口座を利用する場合は、土日祝はあらかじめ必要なお金を借入ておく方が良いですね。

オリックス銀行カードローンは完済しやすい返済額

オリックス銀行のカードローンは、30万円以下の借入は月々7000円の支払いとなります。これは他のカードローンに比べてやや高いと感じる人が多いと思います。でも、ダラダラと返済を続けて行くよりもどんどん返済していった方が、トータルで支払う額は少なくてすみます。

できるだけ支払わなくて良いように、月々のお金は少し多くても払って行く方が賢明です。

まとめ

ゆうちょ銀行のATMが利用できるようになったことで、借入や返済がよりスムーズに便利に行えるようになりました。専用のカードローンの機械を利用する必要もありませんし、預金を下ろしたり、口座に入金するように借入や返済が行えるので、他人にバレずに利用することができます。

返済日には気をつけながら、賢くカードローンを利用していきましょう。

・ 全国27000台以上のゆうちょ銀行ATMで借入や返済が可能
・ ゆうちょ銀行のATMで借入をするときは、ローンカードが必要
・ ゆうちょ銀行のATMを利用する場合、手数料は無料
・ 1000円単位から借入できる
・ オリックス銀行のカードローンは口座を開設する必要はない
・ 30万円以下の借入は月々7000円の支払い

シェアはこちらから

お金が足りない時の解決策特集

お金が足りない時の解決策

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする